玉たまファミリークラブ&びーにゃんくらぶ

我が子玉太郎とたまこの成長記録だったけど、すっかり子猫の里親募集ブログ化してしまいました。今年も子猫がやってきたよ☆石川県・富山県・福井県で里親募集中!当ブログ掲載の写真や記事は著作権がございます。無断転載はおやめください。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ クロと茶々朗と瑠璃と銀朗とシェイミとシェイミとぴーちゃん
CATEGORY ≫ クロと茶々朗と瑠璃と銀朗とシェイミとシェイミとぴーちゃん
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

獣医さんに聞いたペット保険のおすすめの話をメモしておく。

ペット保険の話なんですけどね。

うちの茶々朗と銀朗のオッサン猫ふたりは、5歳の冬にペット保険に入りました。
きっかけは、その年のお盆に、急性腎不全で瑠璃が死んだこと。

瑠璃
在りし日の瑠璃姉さん。


お盆と言うことでいつもの病院がお休みで、知ってる中で開いていた病院に緊急入院したものの、3日目に亡くなりました。
何もしてやれなかったという思いが強すぎて、その思いを、今生きている義兄弟2頭のペット保険加入という形でぶつけたわけです。

その時入ったペット保険には、今実際にお世話になっていて、助かっているんです。
ええ、助かってます。

けどね、

加入前の検討の時にわからなかった免責事項がいじくらしい。
(エイズ白血病、猫風邪などの感染症系はワクチン打ってても補償外、口腔処置は問答無用で補償外)

カスタマーセンターが雑。
電話で「原因不明の体調不良は、どう申請すればいいのか」と問い合わせたら、「診断名がついたら保険申請できる」「最終診断名以外の処置は補償対象外」と言われて、最初の方は保険申請できなかった。請求してれば通った可能性が高いんだよな。

入院したのに、通院扱いで支払してくれたり。
(一日の限度額があるタイプなので、一日扱いでまとめて出されると補償が薄くなる。)

いかんせん手続きがめんどくさい。
(請求書の用紙を取り寄せて、自分で記入して、領収証も添付して、送らねばならぬ。)


とまあ、正直、お勧めはできない保険でした・・・いまさら他の保険に乗り換えもできないので、そのまま継続するしかないのですが。


で、そのめんどくさい保険を目の当たりにして驚きあきれている獣医さんに、あえておすすめ保険があるなら教えてくれとお願いしたところ、

アニコム
アイペット


の名が上がりました。

うん、有名なペット保険だね。


そのおすすめ理由は、

・両社とも窓口で、獣医さんが手続きできる。
患畜側が手続きに煩わされることがなく、獣医が保険手続きのためにあれこれとお世話する必要ない。

・妙な免責がない。
(調べたところ、猫風邪は予防措置を講じていたにもかかわらず発症した場合なんかはOKらしい。口腔措置がNGとかもない。)

だそうです。

anicom.gif
↑これこれ。アニコムの場合こんな感じで窓口で完結する。アイペットも同様。
余談だが、金沢市の「子育て支援医療費助成制度」もこのシステムを見習ってほしい。


ペット保険をご検討の方は、どうぞ参考になさってくださいませ。見ての通りアフィリエイトリンクも貼ってません~
(てゆーか、そういうリンクが見つからなかった。)



↓で、これは、ペット保険の一括見積ができるサイト。資料請求してもらえると、掲載者に200円掲載料が贈呈されます。つまりアフィリエイトリンクになってますので、フサBなどにビタ一文でも収入があることなど許せぬ、と言う方は自力でググっていただけたらよいかと。





例えば、うちのシェイミ嬢(雑種猫、3歳)で調べてみると・・・

pet1.jpg

●「猫」⇒「ミックス(交雑種)」⇒「3歳」の順に選択


pet2.jpg

pet3.jpg

●各社の代表的なコースの月額掛け金と補償内容が出てくる。


これを、みると、アニコムとアイペットで比較すると、アイペットの方が良さそう・・保険料的に。
アイペットは後発で、保険内容はアニコムの真似っ子で掛け金はやや安いと思うって、その獣医さんは言ってたぞ。その通りのようですね。


うちのオッサン猫たちは5歳の冬に保険契約してしばらくしてガタガタっと相次いで体調を崩していったので、めっちゃ丈夫な子でもなければ4~5歳になったら保険に入った方がいいような気がします。
ごはんにも気を付けてたし、ワクチンも欠かさなかったんだけどね・・・保護猫出身だから潜在的に弱いってのもあるのかもなあ・・・
ってとぼけてるけど、やっぱり猫保護活動でのストレスもあったと思う。ぶっちゃけ。うちの猫たちは、本当に良く私を助けて、子猫の世話してくれてたもんな~

シェイミ嬢とぴーちゃんは、4歳になったら保険に入ろうかと思ってます。
今んとこ、アイペットの「うちの子70%プラン」(ライトじゃない方)だな・・・


というペット保険のお話でした。
スポンサーサイト

■リーダー退院しました。

・・・リーダー退院しました。

6/27(金)に入院して、6/29(日)に恐る恐る「どんな感じですか~」って確認の電話を入れたら、「もうご飯も自分で食べられるし、退院できますよ~」って・・・あっさり。

病院では甘えん坊でかわいこちゃんにしてたらしい。あらま。

うん、良かった。良かったよ。

これで、しばらく元気で過ごせるといいね!


■リーダー入院

リーダー入院しました。

麻酔かけて検査したところ、口角内部に裂傷があり、それでもだえ苦しんでいたようです。

腫瘍でもあるのじゃないかと心配してたので、とりあえずはホッ・・・

血液検査の結果も異状なし。

とにかくここ数日、痛みで飲まず食わずなので、しばらく入院して点滴で体力回復&傷の癒しを図って、自力でご飯を食べられるようになったら退院することに。

早く帰ってきておくれ・・・

■銀朗さんのこと。(インスタより)

かれこれ1年ほど激ヤセしたままの銀朗さん。

あちこちのお医者を訪ねては、様々な検査をしたけれど、甲状腺でもない、白血病でもない、エイズでもない、どのお医者さんも首をひねる「原因不明」。「これだ!」という病名はつかず、とにかくいろんな数値が悪い、特に血液関係がひどい、と言うことしかわかりません。

かかりつけのお医者さんでは「リンパ腫疑い」と言われています。

確定するためには癌の精密検査がいるのですが、それなりに体に負担のある検査。

癌だと確定したところで完治の為の治療はできないこと、むしろ検査の段階で体に負担がかかって命を縮める可能性があること・・・

我が家のスタンスは

「無理な延命治療はしない」「痛みや不快だけはできるだけコントロールする」「好きなように暮らして、最期は家で」

と決めているので、かかりつけ医とも相談して精密検査はしていません。


とまあ・・・悲嘆にくれそうな体調の彼ですが、本猫はいたってマイペース。

あくなき食欲でもりもりご飯を食べ、他猫のご飯まで次々と手を出して嫌がられ、ぶっといウンコをもりもりひり出し、時にはシェイミ嬢に乗っかるほどのバイタリティを見せつけてくれています。

なんつーかもう、かわいそうじゃない(苦笑)

ただの顔だけイケメンの食い意地の張った息の臭い下品なエロおやぢ。

うん、全然悲壮感ない(苦笑)



そんな彼ですが。1ヵ月ほど前に突然よだれがダラダラ出るようになり、



とんでもない腐敗臭をまき散らすようになり、



体中の毛を自らむしりまくるようになり・・・

彼の体の中で何かただ事ではない変化が起きたのか!?命の期限がいよいよ近いのか!?

と、ヒヤヒヤしたものの・・・



それでもやっぱり、食い意地は止まらない。

その意地汚さが、彼の生きる力・・・


かかりつけ医に相談したところ、やはりなにがしかのストレス反応だろうとのこと。

おなかの中で病気が進んでいるのかもしれない。

ご飯は食べているので今すぐどうこうということはなさそうなので、また様子を見ていきましょう・・・

ということで、少量のステロイドと抗生剤で体調管理。少しでも毛をむしるのを減らそうと、昔、亡き瑠璃が着ていた服を着ています。嫌がることもなく、良く似合ってイケメン度アップです(汗)昔はこれ、入らなかったのになあ・・・


よだれを飛ばし、毛を飛ばし、私を家政婦のごとく掃除にこき使いながら、今日も元気に(?)ひょうひょうと生きている銀朗さんです。

お庭で日向ぼっこもできるようになり、なんだか幸せそうにすら見えます・・・

よだれは仕方ないけど、毛をむしるのはやめようね・・・唯一の取り柄である「見た目イケメン」が台無しだよ・・・・・・数カ月でミュータントになっちゃうよ・・・・・・

■茶々朗とクロ

131002072545_R

オッサンツーショット。

猫語と犬語でお話しできているんでしょうか。

不思議。


■カオスの中で瞑想するタヌキを発見。

娘部屋のカオスの中で、全ての業を洗い流し、瞑想にふけるタヌキがいた・・・。


ミム 子ねこ里親募集


※茶色いアートバルーンは、「ねこばっか」で触発された娘が100均で買ってきて自分で作ったもの。決して「ねこばっか」で200円で作って頂いた作品のなれの果てなどではない。

■ポケモン!背中にゲットだぜ!!

「ポケモン、ゲットだぜ!」

頼れるポケモンリーダー

「てゆーか、ゲットさせられたぜ!!」


うちのリーダーは、いろんなものを乗っけられますな・・・。

抜群の安定感♪

ケロッグ・・じゃなくてグレッグルも、ヒコザルも安心して乗ってるぜ!

■銀じい、名誉の負傷(とほんにんは思っている。)のその後。

7月頭に脱走し・・・

近所の半野良猫に怪我させられて帰ってきた「負け猫」銀じい。


あれから、

抗生物質&ステロイド投与⇒治まる⇒突然破裂⇒抗生物質&ステロイド投与⇒治まる⇒突然破裂⇒抗生物質&ステロイド投与⇒治まる⇒突然破裂

という経過を経て。

銀じい

結局手術になりました・・・


お外に出ると、こういう危険もありますからね、猫は完全室内飼いでね!

あと、今放し飼いしてる方ね、こうやってよその猫を怪我させてウン万円の出費させてる可能性もあることを考えて、放し飼いはぜひともやめて下さい・・・

ほんとにほんとにほんとに!迷惑なんです・・・
しょっちゅうヒトんちに不法侵入しては、あちこちにスプレーかましてくだけでも十分苦痛なのに、何してくれんだよ・・・



・・・てな人間のモヤモヤなどお構いなしで、うちのおやじ猫どもは、今日も脱走のチャンスを虎視眈々と狙っております・・・。

頼むから、おまえら学習しろよな・・・
なんで懲りないんだ・・・・・
脳みそないのか・・・??

猫、脳みそない説、確信に近いものがあるわ。

■最近の銀朗さんと、ミムさんの進捗状況。



この頃、マイルームのドアの上が定位置の銀朗さんです。
 
 
黒虎子猫ミムさんは、相変わらず里親さま募集中です。
すっかりかわいくなったのですが、カメラが嫌なようすで、なかなかいい絵が撮れませぬ…
 
ブログやツイッターやFacebookでアピールしても、さっぱりお問い合わせもないので、ネット方面での更新はしばらくお休みし、リアルの方でのアピールをがんばってみます~
 
チラシ作らなきゃ~
 

■みんなで仲良くすやすや、かわいいね!子猫里親募集中★石川富山福井

平和です・・・


リーダーとたまこ

リーダーとたまこが仲よく寝ています・・・平和です・・・


リーダーの寝顔

リーダーの安らかな寝顔・・・御年7歳でございます・・・かわいいね・・・平和です・・・


ミムさん 子ねこ里親募集

ミムさんの寝顔・・・かわ・・い・い・・・ね・・・平和・・・かな・・・・・・

左下に拳銃らしきものが写っているので、もしかして・・もしかしたら・・・・・・

ミムッ・・ミムゥウウウウウ!!!!!


(生きてます。)




「死んだふり」がとっても上手なミムさん、里親様大募集中です☆テヘッ

ミムさんの死んだふりに胸を打ち抜かれちゃったアナタ!

「譲渡条件」
をご確認の上、ご連絡くださいね。

(連絡先もそちらにあります。)

⇒ 猫の譲渡条件のページ

目を開けて寝ながら待ってマース。

■銀朗さん。

以前、こぶとり銀さんになっちゃってた銀朗さん。

帰省前に傷がぶり返してまた破裂してスプラッタになり、2度目の病院送りに。

お盆の間に、夫が3度目の念には念をの病院に連れて行ってくれました。


座る銀朗


お盆前4.1キロ、お盆中4.3キロ。

着実に体重を増やして行ってる銀朗さん。


原因不明の病気で明日をも知れぬようなことを言われてましたけど、ほんにん全く死ぬ気なんかないみたいです・・・。


誰よりも飯をがっつき、ハイエナの異名を持つ男。

誰よりもテリトリーを意識し、よその猫と戦う男。


こりゃ、一番長生きしそうだわ。

■素敵なリアル猫柄バッグのご紹介です!

体調がよろしくなくて寝てたんですけどね、

ふと目を覚まして横を見ると、こんな光景が・・・


猫バッグ


マイ猫柄バッグ。
帰省に使って、まだ片づけてなかった、マイ猫柄バッグ。

リアルタッチの猫柄ではありますが、一部リアルすぎる気が・・・。


リーダー茶々朗


起きて、改めて上から見てみると、こんな感じになってました。


リーダー・・・

静岡に運んで欲しかったんか・・・

■続報!こぶとり銀さん

昨日、りっぱなこぶをこさえてた銀朗じいさん(推定もうすぐ7歳)。

今朝、そのこぶがパンクして血だらけ体液まみれのスプラッタ状態で「おはよ~」と・・・ぞわあああああ・・・・写真は撮ってません・・・

なにこの展開、進行早すぎでしょ!!!



お口イタイイタイ病の茶々朗じいさん(推定7歳)も一緒に、ふたつのキャリーをえんやこらと動物病院へ運びましたよ!

「銀朗じいさん(推定そろそろ7歳)にこぶが!」

と伝えると、先生も悲痛な面持ちで

「これが根本原因だったのね・・・」

とか言いながらこぶを見るなり!

「ああっ!」

と声をあげなさる。

こりゃ一大事か、これまで原因不明のウイルス感染とかガン予備軍とか言われてた銀朗さん、ついに命のカウントダウンが始まったか、と思いきや


「なーんだ、これは大丈夫!治るから!この子たち仲悪いの?喧嘩した?」

と先生、愉快そうに言いなさる。

「いえいえ、この方たちはとても仲良しです。いやしかし、そういえば一昨昨日、銀朗じいさんは脱走して、近所の放し飼いのボス気取りの猫といがみ合っていました・・・」

と伝えると、

「その猫とやりあったんだね、ちゃんと戦ったんだ~」

と、なぜか銀朗じいさんを若干褒めておる。


ようするに、銀朗じいさんは近所のボス気取りの猫とうなりあっただけじゃなく、愛する家族を、仲間を、縄張りを守るべく、へたれた体に鞭打って向こうに突進して行って、返り打ちにあったという事らしい。

こぶ表面のポッチンは、爪がぷっすり刺さった痕だと。

それも、筋肉まで刺さったので、1日かけてしっかり炎症して膿がたまったと。


ぶしゅうぶちゅちゅ~と膿をたんまり絞られて、抗生剤を突っ込まれて、無罪放免となりました。

喧嘩傷なら、保険が使える・・・今まで役立たずだったペット保険がやっと出番を迎えたわ・・・



そして、お口イタイイタイの茶々朗さん、新たな病名がつけられました。

好酸球・・潰瘍なんとか。

口や皮膚に炎症のおきる病気だそうです。

なんか、うちのダンナと似てるなあ。

■こぶとり銀さん






銀さん、今日になって急に、このようにぽっこりとこぶが…
 
直径2センチはあろうかと言う、まあるい団子状の塊が左ホホ下に…
 
さすがにびっくらこいてよく見てみたら、皮膚になにやらプツッとした痕が…
 
 
実はですね、一昨日昼間に銀さんが脱走してですね。
 
その時、たちの悪い虫に刺されたのかな…。
 
 
我が家のオヤジ猫、ふたり揃って明日は病院だな…
 

■事件現場。

娘の部屋にて事件発生!!


130627134953_R


シェイミ嬢が・・・


130627135029_R


ちゃらら~ちゃちゃらら~ちゃらら~ちゃちゃらら~ら~(西部警察のテーマ、悲しげに。)


130627135106_R


む、無念・・・・・・

■シェイミねーさん、みっちりぎゅうぎゅう・・・。

130625100447のコピー_R

あのう・・・ねーさん、そこはですね・・・

いろはちゃんのベッドなんですけど・・・・・・



130625100501のコピー_R

しあわせかい・・・???

リーダーの寝顔

おはようございます。窓辺から光あふれる爽やかな土曜日の朝でございます。
 
私の傍らには、猫リーダーの茶々老が…間違えた、茶々朗が…日頃の責務をしばし忘れ、無防備な寝顔をさらしております。
 
安らかにドーーーン!
 
 
 
さらにアップでドーーーン!!
 
 
 
 
 
 
 
半目開けて寝てます…
 
死んでるみたいだから、目を閉じて寝ようよ…

■銀ちゃん、病院に行ってくるの巻。

おひさしぶりでやんす。フサBです。


家庭の事情によりなかなか時間が取れず、いっぺん病院で見てもらおうと思うものの後回しになっていた元小便番長銀朗。

先月も病院に行ったのに先生がいなくてアカンかったり。


本日、ようやく家庭の事情も落ち着いて、時間ができたのでやっとこ病院に行ってきました!


銀ちゃん@病院


まず、大雑把に結果。

なんかいろいろ検査にひっかかってるんだけど、原因がわからない。

ということで・・・。


いろいろ炎症反応があるので、抗生物質を投与して、また検査するってことに。




病院ではとってもいい子だった、リーダー茶々朗に爪の垢煎じて飲ましてやりたいくらいのいい子だった銀朗。

あたしゃちょっとオマエを見直したよ!


先生に口をこじ開けられても、大暴れしたり大騒ぎもせず、「うああ~~・・・」とうめくだけで見せてくれたし。

2歳ころからずっと悪かった歯をひっぱられても「うああ~・・・」、そのままペンチで引っこ抜かれても「ふんがあ~・・・」

・・・ペンチで歯を引っこ抜かれました・・・・。びっくりした・・・。先生ワイルドすぎる・・・。そして銀ちゃんもその後ヘーキな顔してる・・・。口の中血だらけなのに・・・。

リーダーと足して3で割ってもいい位です。


先生曰く、体質的に歯が弱いと。グラグラの歯が取れたから、本人的には楽になったと思うよ~だそうで。


体重計測。3.85kg・・・軽!!家で計っても4㎏切ってるかも・・って思ってたが、やっぱり!!
この子は体重は5㎏ちょいが適正だと思うので、これは軽いね~と言われる。

触診。確かめやすい右?の腎臓はしっかり機能してる。左は触診ではわからないので、はっきり見るためにはレントゲンを撮ることになる。だそうです。


次、血液検査ですが。

「何か大きな問題が隠れてそうですね」と前置きしてから説明をいただく。


白血球の値が167で高め。(理想は120)
血液濃度が23.6%で貧血気味。(理想は30%以上)
ヘモグロビン濃度が7.7でやっぱり貧血気味。(理想は8%以上)
血小板も18.1ulで貧血気味だけどまあ自分としては問題なしと思うよ。

CRE 腎臓の腎濾過量2.2mg/dl(理想は1.5)これはイカン数値で腎不全の前兆。
TBIL 黄疸1.1mg/dl(理想は0.5まで)おもいきり黄疸出てる状況です。やはり血液の状態が悪いのであろう。
ALB アルブミン(肝臓)2.2g/dl(理想は2.5以上)やっぱこれも血があやしい。
GLB グロブリン(免疫関係)7.6g/dl(理想は4.5以下)炎症か免疫系があやしい。
GLU 血糖値 139mg/dl(理想は120まで)ちょっとストレスがあるのかも。


悪いと指摘されたのは以上。


上記数値の原因として考えられるのは、

・歯の炎症?まあ、あり得なくはない。けど、先生的にはあまりこれとは思ってなさそうな口ぶり。
・何かウイルス感染?白血病とか伝染性腹膜炎もあり得なくはない。

2つの説が出てきたけど、両方とも「あり得なくはない」という言い方で、どうにも決め手に欠けるらしい。
どちらかと言えばウイルスかなあ~う~ん。みたいな言い方。


でもね~、ウイルスって言われても・・・
お盆にエイズ白血病(-)だったのに今(+)になったりするか~??
伝染性腹膜炎も、もし銀ちゃんがそうだったら、うちの猫みんなアウトだろ??こんなんなってるの銀ちゃんだけだし、ないやろ・・・。

「え~?ウイルス~???」って言ってたら、

先生としては「あくまでもあり得なくはないということで」だって。
つまりどっちもイマイチ「これだー!」って感じがしないんだね、先生も。


結局何が原因なのかわからない、ということで、炎症を抑えるために抗生物質を一週間飲ませて、また検査してどうなるか見るということに。



今回、検査だけで8000円かかったよ~・・・・・・・
その他初診料とお薬代で、合計11000円ちょい。

気になるペット保険ですが、電話して聞いてみたところ「原因不明」ということであれば請求できるようです。



考察。

腎臓の数値が「ダメ」ではないが「イマイチ」だったのが気になります。
炎症反応は抗生物質に任せるとして、ごはんを腎臓サポートに切り替えようかな・・・








おまけ。

瑠璃が死んでから、銀朗が小便番長を卒業した件。
先生の見解は「一頭亡くなったことで、ストレスがなくなったと考えられる。」だそうで。
・・・なんてこったい・・・・・・・。本当のきょうだいのように仲良しだったのに・・・・・・・・・・・・。
瑠璃の何がストレスだったんだ・・・コタツの下でひっくり返って、天板裏をガシガシ研ぐのが気に障ったのかい・・・(チガウな)

■新生☆超ロングキャットポール

はい、部屋が汚すぎて、ワールドワイドウェブに室内写真を載せるのはどうなんだろうとためらうフサBです。


我が家自慢の、天井までのがっしりしっかりキャットポール。

なんのこたない、リフォームの際に壁取った後に、やむにやまれず残した柱にカーペットを巻きつけただけのものですが。

猫に人気過ぎて、すっかりボロボロ・・・

特に根元部分の「よく爪とぎするゾーン」なんて、カーペットがボロボロどころか、柱そのものまで傷行ってる始末。



そこで・・・

お得意の100均登場!!

100均でも高価な「200円商品」のそこそこ丈夫そうな玄関マットを購入。

ボロボロ部分を隠せ隠せ~~~!!!

ついでに、上部も延長しちゃえしちゃえ~~~~!!!



130125094502_R.jpg



はい、このようになりました。

あっという間に天井すれすれまで制覇したのは、シェイミ嬢でございます。


シェイミ嬢に続けとばかりに、ぴーちゃんもがんばりますが、今一歩届かず!!残念。

しかし、シェイミ嬢を追い越す日もそう遠くないかも・・・がんばれぴーちゃん!!!




ちなみに・・・

茶々朗と銀朗のオッサンコンビは、「よく爪とぎするゾーン」止まりです・・・・・・・・・

■リーダー茶々朗、入院ふたたび。

寒いです・・・とても寒いです・・・フサBです・・・


えー


リーダー茶々朗なんですが、ジャスト1週間遅れで入院手術敢行となりました。

昨日夕刻に入院し、本日手術、明日お迎えでございます。

本日、病院から何の連絡もなかったところを見ると、どうやら手術は無事成功、本猫も大きなトラブルなく回復中・・・であると信じています。


明日お迎えに行ったら「実は・・・」とかナシですよ、センセイ!!


明日無事の顔を見るまではドッキドキでございます・・・。

はよ元気になって、もりもり飯が食えるようになって、立派なリーダーに戻ってくれよ~

そして、ぴーちゃんのしつけ頼む!マジで!!






リーダーが落ち着いたら、次は元小便番長銀朗でございます・・・

ヤツも「たくさん食べてたくさん寝てるのに、どうも激ヤセ」と怪しげなんですよね・・・。駆虫薬はしてるので、お腹の虫ではないはず・・・。

どうしてこうも、うちの野郎どもは弱弱しいのだ

何かに呪われているのでしょうか・・・ううっ


シェイミとぴーちゃんが元気いっぱいなのが救いです。

っていうか、おっさんふたり組と、若い子組の温度差が激しすぎです!!!

若者たちは朝晩大運動会でとってもとっても楽しそうだよ・・・。あんなにルンルンなシェイミの姿を見れて、ほんとにうれしいよ・・・。

おっさん銀朗は、その渦中で丸まって渋い顔して耐えてるよ・・・。なんだか不憫だよ・・・。

■ぴーちゃんは元気にやんちゃに育ってます

なかなか日記がリアルタイムに追いつけない、そのくせ心配事はちゃんと記事にしているフサBです。
すんません、チキンで・・・。

きっと読者の方が期待しているであろう、黒玉子猫のぴーちゃんその後は・・・

とりあえず、元気にやんちゃ坊主に育ってるって一言で!
(女子だけど坊主)


掲載予定の写真は、フォト蔵にアップしております。
よろしければ先に写真をご覧いただき、多分こんな状況かなっと想像してアテレコプリーズであります。
そして、気に入ったいい写真があったら、なにがしかの「いいね」ボタン的なものを押してっていただけるとうれしいかなっと・・・。

http://photozou.jp/photo/list/2945602/7532553


フォト蔵便利なんだけど、操作性がちょっとイマイチ・・・ぼそぼそ


それでは、皆様また明日!

■リーダー茶々朗のご帰還。

いつも1拍手ありがとうございます。フサBです。


さて、今朝のことですが・・・リーダーが入院している動物病院から電話が!!


ま、まさか、手術もせずにリーダーの身に重大な危機が・・・!!!!


と、心臓バクバクで電話を取ると、

「急なことで申し訳ないのですが、先生の身内で不幸がありまして、今日明日の手術ができなくなりました。つきましてはリーダーのお迎えをお願いします。」

という内容でございました・・・


な、なんというタイミング・・・

お悔やみ申し上げますとともに、リーダーをお迎えに参ります・・・・・・


というわけで、リーダーはただ病院にお泊りしただけで、何もせずに帰ってきました。

部屋に着くなり、水を飲むリーダー茶々朗。

おおお!飲んでる飲んでる!!

さすがのリーダーも、絶食明けは喉が渇いていたようです。(水くらいあげてくれなかったのかな~)


「いつでも飲める」「いつでも食べれる」

その状況が、彼を

「だから今は痛いし、飲まないし食べないでもいいや」

という心理に持って行ってしまっているのでしょうか?


病院お泊りで神経すり減らしてきたのか、その後はこたつでぐうぐう・・・ご飯は食べません。

夜になり、リーダーの好きだった、暖かい「銀のスプーンパウチのビオフェルミン添え」を差し出すものの、臭いだけ嗅いで「ふん」とそっぽ向いてコタツの中に行っちゃいました。

ではこれならどうだと、暖かい「黒缶のビオフェルミン添え」を差し出したところ、「お?これはさっきとは違うにおいがするぞ?うまそうな匂いだな、クンクン」そして、ぺろぺろ・・・パク・・パク・・・。
コタツの中で優雅に食事を始めました。とりあえず良かった良かった。


さて、手術ができるのがいつになるのかわからなくなってしまいましたが、早めに痛みから解放してあげたいものです。

先生の復活を心より願っております。

■リーダー茶々朗、入院したんだぜい。

ワイルドなんだぜい~

みたいなタイトルですけど、心配でたまらないフサBです。


うちのリーダーと小便番長(元)、夏に瑠璃ねえさんが亡くなった辺りから元気ないんですけど、リーダーの方が年末にいよいよおかしくなってねえ・・・

突然「シャー!!!」と怒り狂って走り出したり。

「水道開けろ」って言わなくなって、水も飲んでない。

ごはんもつまむ程度。

あきらかに体重も軽くなってる。


時々、強制給水や強制給餌をするけど、アプアプしてとっても嫌がるし、憐れでねえ・・・


年末帰省の電車の2時間前に、「やっぱり心配だー!!」と近所の動物病院に午前の診療受付ぎりぎりで駆け込むチキンな私。

だって、明らかに様子のおかしいリーダーを夫に託して帰省して、また帰省中になにかあったら・・・ぞわ~・・・


リーダーと来たら、病院でもお口を見せるの断固拒否!!

寄るな触るなはじけて飛ぶさ!とばかりに抵抗して、先生の腕にひっかき傷を作り・・・

「ちらっと見えただけなんだけど・・・歯はなんともなさそうなんだけど、口の奥の方で炎症を起こしてる。歯が当たって傷つけているようだ。」

との見解。

「根治するにはその歯を抜くしかないけれど、抜くには全身麻酔しての大掛かりな手術になるからどうかなあ~」

みたいなことを言われました。

つまり、そこまでしなくても・・・ってことか・・・



とりあえず、この年末年始期間だけでもなんとか炎症を抑えてもらえませんか、と懇願し、プレドロゾニン注射ぶすり、抗生剤10日分処方、となりました。

これも、あくまでも応急処置で、薬が切れれば元通り・・・

はい、先生、わかってます!でもとにかく当面なんとかお願いしますうう~~~


てなやり取りをし、リーダーは夫と部下たちと一緒におうちでお留守番、私と子どもたちは静岡へ・・・



ところがこれがなかなか良く効いて、私の留守の間、リーダー茶々朗は飯をガツガツ食い、水道水を要求し、ここ長らくチャレンジしていなかった冷蔵庫へのジャンプも敢行したそうな。

良かった良かった・・・喜ぶ我々夫婦。

このまま治まってくれれば、と一抹の期待を抱いたものです。



だがしかし。

私が金沢に戻った1/6あたりから、リーダーの雲行きが怪しくなり・・・

すっかり元通り。

元通り?いや、もっと悪くなってる感じ・・・

一時とっても元気になった反動か・・・



元気なく、まるでふて寝してるようなリーダーの姿に、これはもう、小手先の応急処置でごまかしていくよりも、たとえ何万かかろうとも諸悪の根源の歯を引っこ抜いて、痛みから解放、快適な猫ライフを取り戻してもらおう!!とあっさり決意。

瑠璃亡き後、オッサンふたりはペット保険に入ったが、上手くできているもので、歯と歯茎に起因する症状は保険対象外。無駄な買い物だったぜえ。1年契約したけど、たぶん更新はしないだろう。



まあそんなペット保険の哀愁はさておき、水曜日、いつもの病院でぴーちゃんのワクチン接種のついでに、「実はカクカク云々で・・・」とお話しし、診察しないことにゃなんとも言えないけど、エイズ起因の口内炎か、歯が原因の歯肉炎・・・エイズじゃなければ抜歯で9割がた良くなるよ~ってことで、木曜日、リーダー診察。

年末の近所のお医者さんの時以上の暴れっぷりで、先生も若干引き気味・・・やっぱりちらっとしか口の中は見れなくて、

「ちゃんと見るためには、鎮静させてからじゃないとな~」

とうことで、

「はいっ、かる~く麻酔入れてじっくり見てやってください!」

とお願いし、たかだか口の中を診察するためだけに麻酔かけて6000円かかる。が、覚悟の上だ。



診察の結果、エイズ白血病は(-)で一安心。

お口の中は・・・もらった画像添付しようと思ったが、とりあえずやめとこう。結構あれだ。

少し口角をめくった辺りまではきれいなリーダーのお口だけど、全開にすると奥の方がえらい惨事に・・・

ただれまくってる~・・・こりゃ痛いわ・・・


診断名は「難治性歯周口内炎」


当初の予想通り、奥歯3本セット×2(上の両側)引っこ抜く大手術です・・・

引っこ抜くと言っても、小さく分割して抜いて、抜いた痕をなだらかに削って、抗生物質のカプセル(だったかな)を埋め込んで、健康な歯肉を縫い合わせて閉じる、という手間のかかる手術です。


昨日帰宅してからも、おいしいあったかご飯をおすすめしても、臭いをかいで「や~めた」・・・おいしいお水を用意しても見向きもせず・・・ほとんど飲まず食わずで過ごしたリーダー。

夜は私の布団にもぐりこみ、たまこと私の真ん中で川の字の一番短い線担当。

今日も飲まず食わずでこたつでひたすら寝てたリーダー。

夕方、入院しました。

130110164825
130110164825 posted by (C)Sou Kobayashi

玉太郎の腕に抱かれ、しばしの別れをせつなく惜しむ・・・。



明日、手術して、明後日お迎えに行きます。

手術後の回復にどれだけの時間がかかるのかが気がかりだけど、元気で気さくで面倒見の良いリーダーに戻ってくれることを願ってます!!

ぴーちゃんの教育係は、君しかいないんだ!!!



※具体的な写真による病状説明は以下↓『続きを読む』にて・・・

■ふたりは仲良し★シェイミ&ぴーちゃん

こんばんは、アタシ、シェイミ。

一昨日は、黒い子ちゃんが・・・

二回りおっきくなってたからつい、シャー言ってしまったけど・・・


130110221708
130110221708 posted by (C)Sou Kobayashi

アタシ、すぐ思い出したわ。

この子はあのちいちゃかった黒玉子ちゃんだって・・・。

いなくなってとっても寂しかったことも思い出したわ。


アタシたち、なぜかとっても気が合うの。

離れていた時間を埋めるようにお互いを求め、部屋中を走り回っているわ。


ごはんも一緒。寝るのも一緒よ。


130111062859
130111062859 posted by (C)Sou Kobayashi


今日のメニューは「ロイヤルカナンベビーキャット」と「ロイヤルカナン高栄養パウチ」。黒玉子ちゃんが持ってきたお土産よ。

そして、新鮮なキャットグラス(つまり猫草)・・・。

美肌のためには野菜も必要よね。うふふ。


はいどうも、高級セレブ食ですよ・・・成長期のちび猫は、良質な栄養源で育てましょうね。



若くて元気いっぱいのぴーちゃんが帰って来て、すっかりお姉さん気分で元気ハツラツのシェイミさんなのでした。

■黒玉子猫ぴーちゃんの生活。

130109195312
130109195312 posted by (C)Sou Kobayashi

こんばんはー!帰ってきたぴーちゃんですよー!!

とうっ!!


130109202918
130109202918 posted by (C)Sou Kobayashi

おっさんたちにはスルーされてー

シェイミおねーちゃんにはいっしゅんシャーいわれてー

でもきにしなーい。

ごはーんもりもりーん。

(メニューは「ロイヤルカナンベビーキャット」と「ロイヤルカナン高栄養パウチ」ホストファミリーからのお土産。)
高級セレブ食よ・・・

130109203859
130109203859 posted by (C)Sou Kobayashi

それより、ニンゲンのたまこおねーちゃん、あちたのじゅんびはちゃんとできてるのかにゃー?

ぴーちゃんがちぇっくしてあげるでちゅねー。


130109204134
130109204134 posted by (C)Sou Kobayashi

・・・あの子、いったい何やってんのかしらね・・・。

ああ、あああああ


130109204401
130109204401 posted by (C)Sou Kobayashi

ちぇっくでちゅ!ちぇっくしてるだけでちゅ!!!

だんじて、かくれんぼきぶんなんかじゃないでちゅ!!!!!


130109204140
130109204140 posted by (C)Sou Kobayashi

あーあ・・・

見つかっちゃってるわあ~・・・


130109204403
130109204403 posted by (C)Sou Kobayashi


いや、あの、その!これはちがうでちゅ!!あたちはただ、たまこおねーちゃんのあちたのじゅんびがちゃんとできてるかなあっておもって、ちぇっくしてあげようっておもっただけでちゅっ!!!!!!

ちゃんとじゅんびできてたでちゅ!だいぼうじゅだったでちゅ!!



ランドセルに入ってはしゃいでしまったところをたまこに見つかり、激しく動揺するぴーちゃんなのでありました・・・。


■ただいまー!!

静岡から金沢に帰ってきた玉太郎です。

130106210410
130106210410 posted by (C)Sou Kobayashi

シェイミ「あたしも一緒よ!」


130106210358
130106210358 posted by (C)Sou Kobayashi

ふたり「さあ、次の旅はどこにでかけようか・・・!!」






ひとりと一頭の旅は続く・・・!???

■ぴーちゃん、年末年始ホームステイの記録。

年末年始、少し長めに帰省する間、黒玉子猫のぴーちゃんは、松任の里親様宅にホームステイすることになりました。


121225152422
121225152422 posted by (C)Sou Kobayashi

お世話係担当のお兄ちゃん猫。丁度1歳くらい。子猫大好き!という貴重な人材・・いや、猫材。


121225153447
121225153447 posted by (C)Sou Kobayashi

早速、ぴーちゃんにご挨拶。

「ぼくが今日から君のお兄ちゃんだよ、よろしくね」

優しいお兄ちゃん、ぴーちゃんをどうぞよろしくお願いします・・・。



12/26~1/7まで、ぴーちゃんは松任の子になります。

猫人間ともに、うんと甘やかしてくださるおうちなので、返ってきたときにどんなにでかくなっているか(←心身ともに)楽しみにしているぜ・・・と心でつぶやきつつ、後ろ髪ひかれながら去って行ったワタクシでありました。

■見よ!この絶妙なバランス感覚を!!

121225100819
121225100819 posted by (C)Sou Kobayashi

この写真の注目すべきは、ぢべたがめっちゃ汚いってとこじゃなくて・・・
(ルンバはどうした、ルンバは。)


121225100856
121225100856 posted by (C)Sou Kobayashi

この、緑と黄色の100満ボルトでもらった(知らんがな)折り畳み踏み台(たたんであるバージョン)の角、たった一か所米びつに寄りかかってるだけの、不安定な斜めってる状態!
画像に書き込みすればすぐわかるのに、画像加工をめんどくさがる終末期なワタクシ!


なぜ、倒れない!?

なぜ、そのバランスを保てる!?

そもそも、どうやってそこに乗ったんだ!?


黒玉子猫ぴーちゃんの奇跡は続く・・・・・・・。




ぴーちゃんすげえ!って思った方は、励ましボタン押し下しをお願いします。励まされると私がんばれます。

■黒玉子猫との生活3日目。

来るべき良きご縁のため、必死で日記を続けようと努力する、師走のフサBです。
まだ、夏からの日記がたまっているのに・・・黒玉子に必死。(笑)


さて、黒玉子との生活も3日目となりました。
相変わらずシェイミ嬢が・・・

シェイミ嬢と黒玉子猫

黒玉のケージ前で見張り番です。
そんなに気になるか!?


シェイミ嬢と黒玉子猫

じっと~・・・
早く出てこないかな~・・・・


シェイミ嬢と黒玉子猫

では、たまこも登校したことだし、ゲートオープン!!
よっ!待ってました!!!(シェイミ嬢の声、たぶん)


シェイミ嬢と黒玉子猫

黒玉「おねえたん・・・」
シェイミ「ギクッ!!!」

なぜか若干ビビるシェイミ嬢。
君は一体どうしたいんだ・・・


シェイミ嬢と黒玉子猫

真正面から対峙する度胸がなく、ケージ横に回るシェイミ嬢。
はんぱにあげてる左手は、かまいたい心の表れさ。

黒玉子ちゃんも意識しまくり・・・「おねえたん・・・遊んでくれないの・・・???」
じっと見つめる。


シェイミ嬢と黒玉子猫

「出て遊んでもいい?」
じっと見つめる。(私を。)

ああ、いいとも・・・!!!(萌)


シェイミ嬢と黒玉子猫

「でも、ちょっと怖いから、こっから遊ぶね。」
「おねえたん、あーそぼー」


シェイミ嬢と黒玉子猫

「・・・。」
何やら思案中のシェイミ嬢。なぜ?何を思案しておるのだ・・・??


シェイミ嬢と黒玉子猫

通りすがりの元小便番長。
ちら見して去ってゆく。

それでいい・・・。
見なかったことにして心の平穏を保つのだ。

「帰ってきた小便番長」とかいう特番いらないから・・・!!!


シェイミ嬢と黒玉子猫

そしてようやくケージから出てきて探検を始めた黒玉子ちゃん。

それをちょっと遠巻きに見つめるシェイミ嬢。

その距離は、まだ今一歩近づけない心の距離・・・。



果たしてふたりの仲の進展やいかに!待て次号!!

■黒玉子猫ちゃん、たまこ(の毛)と遊ぶ。の巻。

前回までのあらすじ。

年内最後の納品にと出かけた「reto」さんの駐車場のある駐車場で、ひとりニーニー泣いていた黒玉子ちゃんをGETしてしまった私。
2か月前に「私たち・・もう別れましょう」と交際終了したはずの猫神(ストーカー男)からの誕生日プレゼントらしい・・・。
さあ、どうする!?


あらすじ終了。



保護した夜、左目がちょっと怪しげな感じになった以外は、すこぶる元気、すこぶる健康な黒玉子猫。

名前を考えあぐね「クロ」だの「ちびクロ」だの「それアカン」という呼び名で呼ぶ我々家族。

だって、「クロ」は犬で既出だし、「ちび」なんて今はちびかもしれんが大きくなったら当然ちびではなくなるわけで・・・うんうん、誠にそうだよね。
(という話をしている我々おかしくないか?この子が大きくなるころにはきっと良き里親様が良き名前で呼んでくれているに違いないのだから)

まあ、とりあえず良い仮名が思いつくまでは、各自好き勝手に呼ぶ感じでございます。

久しぶりの子猫に静かにウキウキしている息子は、一生懸命ポケモンの名前を脳内照合しているようです。
幸せそうでございます。



で、黒玉子猫ちゃん、レボリューションつけて24時間経過したので、早速少しずつフリーダム開始です。
もちろん、我が家の猫&犬たちはフロントラインで準備万端・・・この子を拾う3日前に投与済みさ!

・・・どういうタイミングよ、コレ?ストーカー猫神はそんな我が家の日常まで盗み見してたとしか思えません・・・。




フリーダムにしてしばらくたって・・・

こんなんなってました。


ぴーちゃんとたまこ
(さあおいで、くろちゃん・・・)子猫を見つめるたまこ心の声。

ぴーちゃんとたまこ
パシッ。くろちゃんパンチ。ヒットポイント-100だが、萌えヒットポイントは1億。

ぴーちゃんとたまこ
ちーちゃい手って。うはあ、かわゆいじゃないかこのこの~!!

ぴーちゃんとたまこ
どやっ!かわゆいやろ!!と、どや顔くろちゃん。



たまこに、

「なにしてるの?」

と訊ねましたら、

「くろちゃんと、たまこの髪の毛で遊んでるの☆」

だそうで・・・。


その後も

「クロちゃん、たまこの指なめなめしてくれた~☆」

「クロちゃん、たまこの指カミカミしてくれた~☆」


と、ウキウキのたまこ。


なめなめしてくれて良かったね~カミカミしてくれてよかったね~、たまこのことスキスキって言っとるんやね~


と持ち上げさせていただきました。たまこ大ご満悦。



ぴーちゃんとたまこ
すでにメインパーツが失われているねこじゃらしで遊ぶたまこ。

ぴーちゃんとたまこ
メインパーツがなかろうとも、ちょこちょこ動く棒に興味津々の、期待を裏切らない黒たまご。

ぴーちゃんとたまこ
(・・・こやつ、さては世渡り上手か・・・)萌えピストルで撃ち抜かれたことは内緒にしてほしい私の心の声。



性別ですが・・・

私「女の子かな~」(オマタをガン見しながら)
玉「女の子じゃない」(オマタをさらっと見ながら)
私「ほんとに女の子かな~、去年間違えたしな~自信ないな~」(オマタをぐりぐりしながら)
玉「ちんこないし女の子じゃない?」(オマタをさらっと見ながらきっぱり)


総合診断。現状女の子。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。