玉たまファミリークラブ&びーにゃんくらぶ

我が子玉太郎とたまこの成長記録だったけど、すっかり子猫の里親募集ブログ化してしまいました。今年も子猫がやってきたよ☆石川県・富山県・福井県で里親募集中!当ブログ掲載の写真や記事は著作権がございます。無断転載はおやめください。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 野良猫・庭猫・実家猫・とにかく猫
CATEGORY ≫ 野良猫・庭猫・実家猫・とにかく猫
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

■我が実家の玄関マットは黒くてねっちょりしている。




実家の玄関マットを公開します!

かなり肉厚です!

なんとなく、ねっちょりしています!

踏むと変な音がします!
スポンサーサイト

■環境省の動物愛護法に関する意見募集(パブコメ)本日締切!

なぜだか、おとといの夜に昨日が締切だと思って泡喰って深夜2:30まで起きてパブコメ送ってたフサBです。
ほんとは今日が締切でした。


これ

動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針及び動物の飼養及び保管に関する基準等の改正案に対する 意見の募集(パブリックコメント)について (お知らせ)
⇒ http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16763

タイトル長げ~よ・・・
んでもって、ここ見ても、最も大切な「提出方法」が書いてないという不親切ぶりでございます。
しかも、締切日は7/12今日ですが、日付が変わるまでではなく18:30までらしいですよ!


告示内容も、なんのこっちゃか読んでるとしんどくなってくるのですが、何がしか意見を送らないとまた、お金儲け大好きな方々の都合のいいようにされてしまいそうなので、みなさまもちらっとでも意見を送って頂けるといいかな~と思います。



まじめな愛護団体さんとか個人の方が、すっごく考え抜いた意見を公開してくれているので、参考になりますよ。
ツイッター検索で見つけたリンク貼っときますね~


【おすすめ】地球生物会議ALIVE
…告示の項目ごとに記事が分かれてます。ところどころに「当会の~」のような表現があるので、コピペ時には注意です。しかし、大変良く考え抜かれ吟味された内容なので、しっかり目を通して賛同する内容はコピペさせてもらいたいです。

JAVA(NPO法人動物実験の廃止を求める会)

空のブログ(動物愛護・アニマルライツとは)
…上とほぼ内容同じようですが、コピペしやすく編集されているようです。



他にもあると思いますが、私が見つけたのは以上です。
上記内容を読み、賛同できる内容をコピペさせてもらうのが良さそうです。
ただ、みなさんとても参考になりましたが、読むだけで2時間以上かかりました。


んで、送付先と書き方ですが、

宛先 aigo-kokuji@env.go.jp
締切 2013年7月12日(本日)18時30分
件名 動物愛護管理法に係る告示の改正案に関する意見

以下本文

環境省自然環境局総務課動物愛護管理室 御中

住所:〒
氏名:
電話番号:

意見:

「〇〇〇〇〇〇〇改正案」に関する意見 ←どの改正案に関する意見かの小見出し

(ここから下は上記URLの意見からコピペしますた・・・)





とても目を通す時間がないという方は、告示項目内の普段から気になる項目に絞って意見を送られるのが良いかと。

何も送らないよりずっといいよね!



私が強調して意見したいのは、飼い猫の不妊手術の義務化とか、不妊手術の助成を手厚くするとか、TNRの現場改善とか支援充実とか、そういう関係かなあ~
そういう項目を吟味中。⇒吟味してみた。まあ満足はいかないけど。


まず、子猫が産まれるところから断たないと、人間に捨てられる猫や殺処分される猫の数は減らないから。

人間が手を下さなくても、カラスにつつかれたり食い殺されたりなどむごい死に方する子猫たちや、喰うに事欠いて栄養失調でガリガリよれよれの猫たちも見えない所でたくさんいるわけです。

そういう辛い思いをしてむごい死に方をしていく猫がいない世の中になって欲しい。

もっと言えば、住む家があり、毎日のごはんがあり、寝るおふとんがある、猫たちみんな、そんな普通の幸せな暮らしをしてほしいと思ったりします。



私が送ったパブコメ(ほぼコピペ)も一応載せときます。ホントにほぼコピペです。コピペしないと送れてませんでした。参考URLの皆様ありがとう、ごめんなさい。

↓↓↓

締切過ぎたので削除しました~

■久々の捕り物・・・

こんにちは、フサBです。
夫からの苦情により、しばらくお休みしてた捕獲器設置ですが・・・

昨日仕掛けたところ、あっさりと・・・

IMG_9593_R.jpg

またしても知らん奴が入っていました・・・
イケメンの若そうなサバ白さんです。

このところ、ターゲットとは違うノラさんが入るパターンですな。



無事玉取完了して帰ってきました。

この辺のボスを気取ってる放し飼い猫とボスの座でも争ってるのか、細かい傷がいっぱいだったそうな。

私はウチの敷地内でのみTNRと決めているのですが、自分が思う以上に私のテリトリーに入り込んでる猫さんが多いようです。




それにしても、5月に取り逃がしたパステル調のサバトラさんは、どこに行ったのかな・・・・

■保護猫写真展覧会してます(Google+で)

※想定していたことではありますが、残念ながら「意図しない使い方」をされる方がいらっしゃったので、猫写真の公開は終了しました。
閲覧のみをお約束頂ける方には公開します。個別対応しますのでご連絡くださいませ。




コタツのど真ん中に猫が3頭。足を延ばせないのでエコノミークラス症候群になりそうだと思っているフサBです。


・・・なんて書いてたら、元小便番長の銀朗が出てきた。暑くなったようだ。よっしゃ電源オフ!!



さて、今回は「保護猫写真展覧会」のお知らせです。

以前からまとめたかった、過去の保護猫さんを撮影した写真。
自分が保護した子も、預かった子も、撮影だけ頼まれた子も。たくさんの子猫たちの写真が整理もされずにこのPCに残っています。
撮影したほとんどの子が幸せになりましたが、一部の子は今回は幸せを掴むことなく猫神のもとへと戻っていきました。
どんな子もカメラを向けたその瞬間、一生懸命生きていた、その姿を残したいと、もし私がこの世から消えても残したいというささやかな我儘でございます。今のところまだまだ消えそうにもないのですけど。


というわけで

なかなか良い展示方法が見つからなかったのですが、このたび「Google+」にアップいたしました。

↓こちら

https://plus.google.com/photos/115381464905111569141/albums

下に行くほど過去にさかのぼり、なんと2007年の元祖美猫リオルから展示しております。


これでも全部の子を網羅してないので、引き続き写真発掘していきます。

非公開で「猫と子どもたち」のアルバムもあるのですが、さすがに「全裸に近い半裸の幼女と戯れる犬」とかの画像は公開できませんね~・・・。とってもとっても微笑ましいのですが!!

非公開写真も見たい見たい!!という方(全裸に近い半裸の幼女目的の方はお断り)いますかね?
身内・友人・里親さん・お知り合いの方でしたら見せてあげなくもないけど~・・・ふふふ
ご連絡お待ちしております。


また、この保護猫写真展覧会をご覧になった感想(好意的感想のみ)も頂けたらと思います。
例「いや~ん、●●ちゃんかわいい~ん」など。

ご指導ご鞭撻・誹謗中傷の部類は、全力でご遠慮いたします・・・特段カメラが上手になりたいわけでもなく、批評して頂きたいわけでもなく、ただ個人的趣味でダラダラ撮ってる現状で満足しておりますので、ハイ。


良い反応があるといいな~

★迷子猫『小ちび』くん保護しています。富山市上冨居

☆小ちびくんのご家族が見つかりました!
良かったよかった!!



猫仲間で、心の手作り師匠のとらねこさんのブログから、そのまんま転載します。
 保護された迷子猫さんの家族を探しています。

PA250048.JPG PA250046.JPG PA250049.JPG

小ちびくん

オス

去勢手術済み

薄いクリーム色系の茶トラ

体重4~5キロほど

人懐こい

富山市上冨居で保護

ブルーのチェックの首輪に「小ちび」とだけ書いてあります。



お心当たりの方は

catnip@road.ocn.ne.jp


または

電話 0120-36-2850 fu-ga nature`s

にご連絡下さいませ。



毛並みが良く、可愛がられていた様子・・・

子供さんらしい字で『小ちび』と書いてあります。

どんなに心配されていることでしょう・・・



保健所、警察にはまだ届けが無いようですが、

早くご家族の元へ返してあげたいです。





迷子札にはまず、

電話番号を書き込むのが良いですね。

余裕があれば苗字住所、それから猫さんの名前です。

野良猫・庭猫・実家猫・とにかく猫 | Comments(-) | Trackbacks(-)

■猫を愛する方へ!【緊急のお願い】2分で送れるパブコメ(転載)

将来のかなわない夢は「猫カフェで猫を保護しつつまったり里親探し」のフサBです。
同じ建物内には、息子玉太郎が医師を務める動物のお医者さんが併設されている予定。
まあ、夢はかなわないくらいデカい方が、見応えあるじゃないか。

本日は、猫仲間の「こまとら姉さん」のブログまんま転載します。
お恥ずかしいことに、昨夜こまとら姉さんからメールが来るまで、こんなんちっとも知りませんでした・・・。

しつこく動物愛護のパブコメ募集されております。
なんと締め切りは本日です。

以下天才。まちがえた。転載。



 
ねりまねこさん
のブログからの転載です。



ここには、5/4の記事を転載させて頂きますが、5/5の記事もどうぞご覧下さい。


猫カフェ連盟の陳情書(後半弁護士の文書)、腹立つー!!!

結局、世の為人の為なんて言って、自分たちの利益しか考えてないだろ!

『営業時間後はケージに入れる為、20時で営業が終われば、

猫がケージに入る時間が長くなり、猫のストレスが増える』・・・って、

営業時間後もケージに入れなければ良いだけのこと!

猫の体調管理の為にケージに入れるって書いてあるけど、

掃除する場所が増えて大変になるからって正直に書けよ!



わたしは猫カフェなら20時以降営業しても良いんじゃないかなぁと思っていたのですが、

色々な記事を拝見して、考えが変わりました。

猫に癒しを求める人が、猫を労われないはずはありません。(と思う・・・)



皆さんはどう思われますか?


ねりまねこさんがおっしゃる様に、健全な議論がなされるべきだと思いますので、

賛否どちらの意見でも、参加して頂きたいと思います。


とにかく、時間がありませんので、お早めに!!!


締切 5/7 24時まで!

郵送は17時必着!



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ここから転載↓↓↓


最後のパブリックコメントのお願いです!!

前回のパブコメでの意見を受けて、夜8時以降の展示販売が禁止されることになりますが、

猫カフェ業者が反発し、夜10時まで展示営業させるよう要望しています。
猫カフェだけに特例を設けることは、法の抜け道となる危険があります。

杉本彩さんが、猫カフェ業者へ反対する意見をわかりやすく書いています。
緊急 パブコメ募集 猫カフェについて



2分で送れるパブコメ

下記の送付文書例をコピーして、赤字部分を入れて、メール、FAX、郵送でお送りください。
意見は、ご自分の意見でも、そのままコピーでもOKです。
例とは逆に、「猫カフェの規制緩和に賛成」でも構いません。

※意見の見本は、ゆきももこさんからお借りしました。

◆送付文書例

「動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令の一部を

改正する省令案等(概要)」に関する意見←※ここまでを件名とする


環境省自然環境局総務課動物愛護管理室 御中

〇意見提出者 氏名(企業・団体の場合は、会社名/部署名/担当者名):
住所:〒
連絡先電話番号、FAX番号、電子メールアドレス:
意見:猫カフェの営業時間は他の動物取扱業と同様に、午前8時から午後8時までとすべきです。

理由1:猫カフェの夜間営業を許可することが、法の抜け道となり、非公式な生体販売の営業が可能となる。
理由2:猫は夜行性だが、1日の約3分の2を寝て過ごす。不特定多数の人間に常に晒される状態は大きなストレスである。
理由3:猫カフェは営利目的の商売であり、生命を慈しむ動物愛護精神にそぐわないばかりか、動物への責任を負わずにただ可愛がるだけという、無責任な考え方を助長する。
理由4:正規のパブリックコメントで圧倒的多数意見を受け公布されたものに対し、

営利目的の業者からの反対意見を受け入れ、経過措置を検討することは国民への裏切りである。


◆送付先
「環境省自然環境局総務課動物愛護管理室宛て」
・電子メールアドレスaigo-seirei04@env.go.jp
・FAX :03-3581-3576 
・郵送:〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5 号館

◆締切 5月7日(月)
 メール、FAXは24時まで、
 郵送は17時まで、必着です!

締切間近のため、どうぞ宜しくお願い致します。


転載終わり。

■高飛び失敗。そして黒猫。

昨日から静岡に高飛びしているはずだったのに、まだ金沢にいるフサBです。
おはようございます。

長期滞在を目指して、荷物いっぱい車に積んで運転して帰るつもりでいましたが、両親の猛反対にあい、萎えました・・・

大分信用されてないな・・・まあ、そりゃそうなんだけどさ・・・


うううう荷造りめんどくさい・・・

金沢駅に行って切符買って超混みの電車に乗っていくのも気が進まない・・・

車で休み休み行きたかったんだが・・・荷造り&発送しなくてもいいし・・・


で、すっかりぽかーんとなっているわけです。

まあ、明日には両親の指示通り電車で帰ろうとは思いますけど。

気が進まない。荷造りめんどくさい。(何回目だ)




さて。

先日ひろさんと一緒にうっかり保護してしまった黒猫氏ですが。

黒猫クロム

☆黒猫スペック☆

・仮名:クロム
・体重:4.6kg
・推定年齢:5歳以上
・エイズキャリア
・マンソン持ち
・体臭激クサッ
・洗ってもクサッ
・特にケツクサッ
・毛づや悪ッ
・めちゃくちゃ甘えん坊
・めちゃくちゃさみしがり屋
・寂しんぼ鳴きがひどい。
・しかも鳴き声がダミ声で耳障りでかわいくない。



・・・みたいな感じで、まあ、里親さんは未来永劫現れそうにない感じです。

お医者さんは、「5歳はいってるかな」と言いましたけど、私の見た感じでは、もっと歳食ってんじゃないか・・・??って感じがします。

まあ、家でぬくぬく育った猫の5歳と、外で人にこびながら残飯とかもらって生きてきたっぽい猫の5歳じゃ、老け方が違うんでしょうけど・・・

黒猫クロム

茶々朗も5歳。



そんな黒猫さんですので、悩んで悩んで、悩みぬいた末、玉抜き後リリースやむなしとの結論に至りました。

だって、我が家には里親さんの見つかる可能性が極端に低い成猫を居候させておく余裕はないのです。

じゃあなんで拾ったんだ、って話になるかと思いますが、暗闇の黒猫は、中猫に見えたのです。

どんな猫でも保護してたらあっという間にパンクですから、私の引いたラインは「2ヶ月までの子猫」か「人なれしていてある程度健康そうな1歳程度までの猫」です。

これ、「ふ~さん案外冷たい」って思う人もいるかもしれないですが、ホントに限界見えたんで。すんません。



で、リリースしようとしてたんですが・・・・

実家の両親が繰り返し「静岡に持ってこい」と言うのよ。

こんな猫だって知らないから言うんだと思うんだけど。

おかんには「こーであーで、こんなんで、手がかかる面倒な猫だよ!」って言ったら少し引いたけど、おとんが引かない・・・


実は、1月に実家で保護した交通事故猫「えめちゃん」ですが、3度の手術で元気になって、先住猫にゃーにゃの愛に包まれ、実家両親に愛され、これからずっとずっと幸せに生きていくはずだったんですが・・・

4/1に急死してしまいました。

朝は元気にいつも通り「ご飯ちょうだい」と甘えて来たのに、10時前にはお気に入りの猫ベッドで、眠るように亡くなっていたそうです・・・

IMG_8006_R.jpg

3本足でおトイレも上手にできる賢い子でした。

神経質なにゃーにゃが受け入れた、奇跡の猫でした。

えめちゃんを失ったにゃーにゃは、しばらくの間、えめちゃんを探し続けていたそうです。


そんなえめちゃんを、にゃーにゃを、ふたりの様子を見守ってきた父には思うところがあるんでしょうね。

折角助けたんだったら連れて来いと、言うのです。

上記スペックを伝えて、病気持ちはともかく、にゃーにゃには合いそうにもない性格の猫だと言いましたが、連れてきていいからと言うんですよね・・・・・・



すっごく悩ましいのですが、そこまで言ってくれるんなら連れて行ってみます。

にゃーにゃにも両親にも負担はかけたくないのが本心なので、クロムをリリースしても心が痛み、静岡に連れて行っても心が痛み、でしんどいところです。


黒猫クロム

へへへ・・・・

■甘えん坊のほっしゃん。を去勢してきた。(猫の話。念のため。)

おばんどす。

最近何にもやってないようでいてやっているようないないような、でもやってるフサBです。


正月明けからウチのあたりに出没した巨虎猫。

1カ月ほど様子を見ていたが、どうも帰る家がないようす・・・

しばしば我が家の庭に侵入してきては、ひかりやまさこさんにうなられつつもご飯をあさっている姿が目撃されておりました。

ひかりもまさこさんも、強い者には弱く、弱い者には強く、という、正義の味方としてあるまじき「たけちゃんまん」のような性格。

いやまあ、野良の世界では当たり前か。

でも、毎日ごはんあたってんだから、困っている猫さんがいたら少しくらい大目に見てやればいいのにと思う今日この頃。



で、お困りのようすの巨虎猫さんですが、首輪もしておらず、公式には「野良猫」ってことになるんですねえ~。

でっぷり太ってて、どっかでごはんがもらえてたのは明らかなんですけどねえ~

正月明けに突然現れるってのも怪しいですねえ~


ウチは海っぺりの地区なので、漁港も複数あり、猫を捨てるには格好の場所なんですよねえ~

かつて、ひかりたち兄弟も、まとめて捨てられたっぽいですしねえ~


乳飲み子を捨てるという行為は言語道断であることは間違いないですが、ある程度でかくなってから捨てるっていうのも・・・かわいい時期だけ楽しんで、後はバイバイですか?

かなり人間腐ってますね。(真顔)




まあとにかく、うちの庭に来る以上は、TNR(キャッチアンド去勢リリースの略)せねばなるまい。


というわけで、やってきました。

名前も付けました。

Photobucket

「ほっしゃん。」です。



病院では「え~~~??」と言われてしまった・・・

「もっとかわいいですよ~~~」

って、どういう意味だ。


どこからどう見ても、鼻からうどん食べそうな顔してるでしょう。



「ものすごく懐っこかったですよお~

「かわいい~~

と、看護婦さんたち大絶賛。


そんなに褒められても、こんな巨猫の里親探しは私には荷が重いです・・・

なので、2泊させた後、普通にリリースしました。庭に。

めっちゃ、ひかりにうなられてました・・・


そんな、地底の魔王のような声でうならなくてもいいじゃん・・・


とにかく、頑張れほっしゃん。

■「何やねんも~!!」と叫びたい、そして動物の法律パブコメ締切は本日だ。

全然日記が書けてないフサBです。

先に、とにかく急いで伝えたいことを書いておこう。

今日は動物の法律のパブコメ送信締切日です。
前回夏ので終わりじゃなかったんだな。
何回にも分けんといてほしい・・・と思いつつ、とにかく今日が締め切りです。

前回の時は、猫友はもちろんのこと、里親様、親類縁者、友人知人、仕事関係に至るまで、片っ端から(理解してもらえそうな人選んで)お願いしまくったオイラですが・・・

今回は全然です。
ほんとごめんなさい。
すごい敗北感です。

万が一、今日このブログを目にした方は、オイラからお願いされたと思って、以下のサイトを参考に、どうかパブコメを送って頂けませんでしょうか。
どうかどうか、お願いします。



★動物の扱いをまともにするよう、法改正のためのパブコメ送信してくださ~い!!

以下参考URLです。

公益財団法人どうぶつ基金
2分でOK!動物の法律改正パブコメ1携帯メールも可

アライブ(ALIVE)
動物愛護法改正について意見を出しましょう!

ジュルのしっぽ
動物愛護法パブリックコメント募集中

ちばわん
犬や猫たちのかわりに国へ声を!パブリックコメントに参加をお願いします!!
↑ちばわんさんはパブリックコメント用意見提出用紙。FAX送付の場合にめちゃくちゃ便利!




そして、今、ワタクシ体調最悪な感じです・・・

一昨日の夕方から頭痛がひどくなって、掟破りの「玉太郎にたまこを迎えに行かせる」技を使用、一作晩の夜中から寝てる間も気持ち悪くて寝られない・・・昨日朝やっとのことで起きたものの頭痛と気持ち悪さで何もできず、たまこを保育所に送る事さえできず、こたつで寝るばかり・・・ホントは布団で寝たかったが動けない・・・飲まねばならぬ薬さえ気持ち悪くて飲めず・・・たまこは適当に自分で飯食うとった・・・夜、気合いでおかゆを少々すすり、ちょっと持ち直して早く寝て・・・本日は少し良くなったかな?と思いきや、またしても気持ち悪さが襲ってきてしかも腹下り・・・


ああああも~~~なんやねんこれ~~~~~~!!!!!

熱は無いんだ。

風邪じゃなさそうなんだが、風邪なのか?

それとも、1年以上患ってる「あらゆるストレスが体調にモロに悪く出る病」なのか?

たしかにここしばらく、ちょいと無理したから、それかもなあ~





そんなわけで、パブコメお願いします。

オイラはたまこを迎えに行って来ます。
野良猫・庭猫・実家猫・とにかく猫 | Comments(-) | Trackbacks(-)

■庭野良猫さんの越冬ハウス設置完了(・。・) &動物の法律パブコメの件ちょっと。

どうもです。フサBです。
気づけば一か月近くもブログ放置してたんですね・・・

何ゆえブログを書きたくなかったのかは自分でもよくわからないのですが。
とりあえず、最近は体調も精神的にも結構調子いいです。時々めまいがするくらい。

そして気づけばもうじき師走です。
さみーです。

大分前から準備を進めていた庭野良猫さんの越冬ハウス、本日ようやく準備完了しました。

古着のセーターを寄せ集めて大きな座布団をふたつ作り、ドーム型猫トイレにぎゅぎゅ~っと敷いて、さらに上から段ボール箱をかぶせてできあがり。

作業を遠巻きに眺めていた庭野良猫さんたちも、設置したら早速入ってくれましたわ。

これで少しは寒さをしのげるでしょう。

この冬は、雪が積もらないといいなあ~

仮にも北陸なんだから無理だろなあ~


家猫たちは平和にこたつん中で丸くなってます。

預かり猫がいなくなり、リーダー茶々朗は甘えん坊になりました・・・

自分の役割を自覚してるみたいでいじらしいですわ。



ほな、皆様、動物愛護法パブコメふたつの送付、よろしくです。
まとめを書いてたら楽天ブログの罠にはまり全部消えてしまって、もう一度頑張れる気力がなかなかチャージできまへん・・・

とりあえず、参考URL載せときますわ。

公益財団法人どうぶつ基金
2分でOK!動物の法律改正パブコメ1携帯メールも可

アライブ(ALIVE)
動物愛護法改正について意見を出しましょう!

ジュルのしっぽ
動物愛護法パブリックコメント募集中

ちばわん
犬や猫たちのかわりに国へ声を!パブリックコメントに参加をお願いします!!

↑パブリックコメント用意見提出用紙
野良猫・庭猫・実家猫・とにかく猫 | Comments(-) | Trackbacks(-)

環境省が動物愛護管理のあり方について私達の意見(パブリックコメント)を2件求めています。

自分の言葉で書こうと思っていたんですけど、なかなかブログを書くことができないので、公益財団法人どうぶつ基金からのメールをそのまま転載します。

今回のパブコメも重要です。
締め切りは12月7日です


こんにちは、公益財団法人どうぶつ基金(内閣府承認)理事長の佐上邦久です。
本日は、中川 勝幸さまに緊急のお願いがあります。
今、環境省が動物愛護管理のあり方について私達の意見(パブリックコメント)を2件求めています。

私たち国民が法案改正について直接意見を届ける事が出来る、5年に1度しかないチャンスなのです。
そこで是非環境省あて意見を送付していただきたいのです。
やり方はカンタンで、下記の空白を埋めて自分が同意できる意見にチェックを入れて送信ボタンを押すだけです。どうか声なきどうぶつ達のために、貴重なお時間を少しだけください。

※このフォームによる意見提出が正式にパブリックコメントとして受け付けられることは環境省の承諾済です。
※下記のフォームでチェックを入れた意見があなたの意見(パブリックコメント)として環境省に送られます。(メールの差出人はこのフォームに中川 勝幸さまが記入したアドレスになります。)異なる意見の場合は上記環境省HPを参照して直接お送りください。

https://business.form-mailer.jp/fms/8c161fcd9934
https://business.form-mailer.jp/fms/ca38d39c10097
https://business.form-mailer.jp/fms/a06dd78710112

どちらも同じフォームです。混み合っている場合は別のフォームからお試しください。
(注意:携帯からは
contact@doubutukikin.or.jp
 からのメールを受信許可してから入力してください。入力内容が自動返信メールで届きます。まれに対応していない機種があります。その場合はパソコンから入力ください。)


締め切りは12月7日です。
どうかよろしくお願いいたします。
情報拡散をしていただければ幸いです。

公益財団法人どうぶつ基金 理事長 佐上邦久





私は少し意見が違うっていうかもっと突っ込んで書きたいとこがあるのですが、時間のない方は、何もしないよりも意見表明だけでもするため、上記フォームを利用されるのが良いかと思います。
野良猫・庭猫・実家猫・とにかく猫 | Comments(-) | Trackbacks(-)

■モンプチからの贈り物。(副題「バーコードって大事だね!」)

毎年恒例、モンプチの必ずもらえるアレが来ました!

Photobucket

1年分ためたモンプチ製品のバーコードを送ると、製品詰め合わせなどの商品が必ずもらえるのです!


Photobucket


(・・・1年分ためたっつっても、実際にためてくれたのはJくんviviちゃんの里親S様なんですけどね・・・ありがとうございます・・・今年は、ふくちゃんにもらった分とあわせて3セットGETできたぜ!!)


Photobucket


毎年集めなくてはならない枚数が増え続け、ハードルはどんどん上がっているものの、バーコードを集めておくだけで必ずごはんがもらえるというのはかなり魅力的!!

みなさんも、モンプチのバーコードは捨てずに取っておいてくださいね~

「いや、わしゃいらん。ちまちまバーコードためたり貼ったりしておれん」という方は、ぜひともワタシに下さいね~

野良猫・庭猫・実家猫・とにかく猫 | Comments(-) | Trackbacks(-)

■動物の法律改正パブリックコメント、今日締切!!急いで送付をお願いします!!!

おはようございます。フサBです。

動物取扱業の適正化について(案)に対する意見(パブリックコメント)の募集
今日、8/27締切!!



締切日に最後の悪あがきで(って、お願いし始めたのも遅かったけど・・・)お願い申し上げます。

2009年以降の、我が家卒業猫の里親さま達には直接メールでお願いしまして(全員はできませんでしたが)7ファミリーより「送ったよ~」のご連絡をいただきました。
大当たりのオマケのごとく、里子猫ちゃんたちの近況もGETして、大喜びのオイラです。
ステキな写真付きの幸せ報告、近日中に紹介しますね

(昼間にがんばって子供ら友人のママたちにもお願いして、夜までに里親様・親類・友人合わせて23ファミリー分賛成意見GET!!)

以下、ふくちゃんの日記に出張で書いてきた内容を転載します。
前回お願い記事とかぶってますけど、まだパブコメ送っていない方は、読んでくださいね。




皆様、「パブリックコメント」ってご存知ですか?

ウィキペディアによれば、

「パブリックコメントとは、公的な機関が規則あるいは命令などの類のものを制定しようとするときに、広く公に(=パブリック)に、意見・情報・改善案など(=コメント)を求める手続をいう。公的な機関が規則などを定める前に、その影響が及ぶ対象者などの意見を事前に聴取し、その結果を反映させることによって、よりよい行政を目指すものである。

とのこと。


現在、環境省では動物取扱業の適正化について(案)に対する意見(パブリックコメント)の募集を行っています。
ぜひ、法改正案に対し「賛成の意見」を送ってください!

5年前の法改正では、反対意見を多数投じた業者の利益が優先されました。

動物たちの命の尊厳よりも、動物で儲ける業者の利益を、法に反映させたということになります。


今回こそは、動物たちにとって「よりよい法」へと改正されるよう、皆様の「賛成意見」がたくさん必要です。

今回、環境省が「動物愛護管理法の改正」について、国民に意見を求めているパブリックコメントについて、もっとしっかり知りたい方はこちら⇒One Action for Animals


パブコメ送付は、同じメールアドレスで家族全員分、親類知人も、ちびっこまでOK!!(パブコメに年齢制限なしとのこと)



簡単に送ることができるツールもいくつか公開されている中から、フォーム形式で1分もあれば送付完了できるサイトをご紹介いたします。以下、私の8/23付の日記から転載です。

「動物の法律改正パブリックコメント専用フォームのススメ。」

本気でパブコメを書こうと思うとどうにも時間がかかるのですが、こちらはフォーム式で超簡単でした。ありがたい。

★公益財団法人どうぶつ基金  動物の法律改正パブリックコメント専用フォーム

☆8/27 21:30現在、めっちゃ混雑しているようでちっともつながりません。
簡単意見出力システムを使って、環境省に直接メールする方法がおススメです!!


8/27(土)が締め切りです。

同じフォームが3つ、ABCに分かれて設置されていますが、かなり混み合っているようで、時間帯によってはアクセスできません。それだけ需要が大きいってことだよね~パブコメ出したいけど、自分で考えて書くのはかなり大変だもんね~

同じメアドで家族全員分・親類・友人もOK!ちびっこの意見もOK!だそうですよ!

(ウチは、それぞれ違うメアドで出したけど・・・)

(上記フォームが混雑でアクセスできない場合には、意見文の自動生成サイトで文章GETして、直接環境省にメールをお願いします。)




・・・さてさて、今回の法改正も悪徳業者の反対票に負けるのか?はたまた5年前よりもSNSの発達した現代、良識ある一般人の賛成票が勝るのか?


っていうか、なんでこんなパブコメ取るの?

環境省も本気で法改正する気持ちなら、悪徳業者の意見も含めてお伺い立てずとも、ちゃっちゃと成立させて欲しいもんですけど。

なんでこんなとこでは、労を惜しまずに「国民の意見」取るのかな~

(全然嫌味なんかじゃないよ)




★リンク先ページより転載(URLは編集)

環境省では動物取扱業の適正化について私達の意見を求めています。

私たち国民が法案改正について直接意見を届ける事が出来る、5年に1度しかないチャンスなのです。
そこで是非、みな様から環境省あて意見を送付していただきたいのです。

やり方はカンタンで、下記フォームの空白を埋めて送信ボタンを押すだけです。

記入に必要な時間は約1分 です。


動物の法律改正パブリックコメント専用フォーム


どうか声なきどうぶつ達のために、あなたの時間を今から1分間だけください。


※このフォームによる意見提出が正式にパブリックコメントとして受け付けられることは環境省の承諾済です。

■元保護猫ちゃんの幸せ報告(*^_^*)

こんばんはー
フサBです。

里子に出た元保護猫ちゃんの幸せ報告、ちょぴっと披露いたしました。


★うららとほうかのセクシーな幸せ報告

★ミイちゃんの小悪魔な幸せ報告




里子に出た子が幸せそうに暮らしている姿は、何にも代えがたい喜びがございますなあ・・・


どうしても毎年同じような時期に子猫ラッシュが来るため、「祝☆家族に迎えて1周年」とか、「祝☆家族に迎えて2周年」とか、メールしよう電話しようと思っていても、なかなかできません・・・

そうこうしている内にタイミングを逃しちゃうんだよなあ・・・


もし万が一、このブログを見ていらっしゃる里親様がいらっしゃいましたらですが、長らくご連絡差し上げておりませんで申し訳ございません

忘れてるわけじゃないんですよ、ずうっと気になっているんです

もしよろしければ、ウチから旅立ち家族になった猫ちゃんの近況をお知らせ下さいね。

■動物の法律改正パブリックコメント専用フォームのススメ。

本気でパブコメを書こうと思うとどうにも時間がかかるのですが、こちらはフォーム式で超簡単でした。ありがたい。

★公益財団法人どうぶつ基金  動物の法律改正パブリックコメント専用フォーム

8/27が締め切りです。

同じフォームが3つ、ABCに分かれて設置されていますが、かなり混み合っているようで、時間帯によってはアクセスできません。それだけ需要が大きいってことだよね~パブコメ出したいけど、自分で考えて書くのはかなり大変だもんね~

同じメアドで家族全員分OK!ちびっこの意見もOK!だそうですよ!

(ウチは、それぞれ違うメアドで出したけど・・・)


・・・さてさて、今回の法改正も悪徳業者の反対票に負けるのか?はたまた5年前よりもSNSの発達した現代、良識ある一般人の賛成票が勝るのか?


っていうか、なんでこんなパブコメ取るの?

環境省も本気で法改正する気持ちなら、悪徳業者の意見も含めてお伺い立てずとも、ちゃっちゃと成立させて欲しいもんですけど。

なんでこんなとこでは、労を惜しまずに「国民の意見」取るのかな~

(全然嫌味なんかじゃないよ)




★リンク先ページより転載(URLは編集)

環境省では動物取扱業の適正化について私達の意見を求めています。

私たち国民が法案改正について直接意見を届ける事が出来る、5年に1度しかないチャンスなのです。
そこで是非、みな様から環境省あて意見を送付していただきたいのです。

やり方はカンタンで、下記フォームの空白を埋めて送信ボタンを押すだけです。

記入に必要な時間は約1分 です。


動物の法律改正パブリックコメント専用フォーム


どうか声なきどうぶつ達のために、あなたの時間を今から1分間だけください。


※このフォームによる意見提出が正式にパブリックコメントとして受け付けられることは環境省の承諾済です。

【転載】福島第一原発20~30キロ圏内犬猫レスキューの今

またまた転載です。

福井県で猫のレスキュー活動を行っている「ねこさま王国」さんが、福島20~30キロ圏内犬猫レスキューをがんばって下さっています!

被災地の動物達が、彼らを愛する人間が、震災から2ヶ月以上たった今もまだ、現在進行形で苦しみ続けているという現実があります。

この転載記事を読んで頂き、現地の今も続く悲惨な現実をどうか知ってください。
そして、被災ペット救済の為、必死の努力を続けている方々へのご支援をお願い致します。

ねこさま王国さんより、転載大歓迎とお伺いしました。
より多くの方に、原発20~30キロ圏内での犬猫レスキューの現状を知って欲しいと願っております。

以下、ねこさま王国さんブログより転載です。
ちょっと長いですが、そのまま掲載させてもらいます。



【転載】私が泣いてばかりいた訳。そして奇跡の出来事。(被災犬猫救助・ねこさま王国)

私は当初、この震災で場所が東北・・と言う、あまりにも遠い場所なので、レスキューなんて考えてもいませんでした。

 福井県からは700キロ以上、当初は高速も、ガソリン事情も悪く女の私が行けるはずもない・・と思っていました。
 毎日、TVのニュースをみては涙が出、何か・・何か出来る事はないかと考えてばかりいたんです。

 何の資格もなく、民間人は邪魔になるだけだと思っていたのですが、人間の役に立てないのなら、せめて、自分がしている猫の救済を考え、原発事故で、取り残された猫達を何とかしようって思ったんです。

 犬のレスキューは散々出ていたのですが、猫の団体が見当たらなかったので・・・。

 結局、初めて行ったのは道路が落ち着いてきた1カ月後でした。そして、あまりの悲惨さに、次回を考え、GWに5日間、準備を整え行った時の事でした。

 このころ、立入制限区域に住んでいた方々もGWと言うことも有り、南相馬市に沢山いたようです。

 車に「犬猫預かります」と言うポスターを貼っていたので、いろんな方に声をかけられました。

 その時のいろんなお話が頭に残って、今も離れません。

 頭がおかしくなったんじゃないのかって思うぐらい、涙しか出てこないんです。

 コンビニであったその方は、今はビーグルちゃんと一緒に避難所にいる方でした。

 以下、私が聞いたお話です。

 3月12日、急に原発が爆発するかもしれないから一応緊急で避難になり、バスに乗せられ、皆着の身着のまま・・それでも、沢山の犬猫を連れた方が避難所にいました。

 忘れもしない、3月16日。吹雪の日です。

 次の避難所に行くと言うことで、迎えのバスが来たのですが、

 「ペットは連れて行けません。ペットはバスに乗せられません。」と言われました。

 その時、吹雪の中、

 犬を連れて、降りる方。

 嗚咽しながら犬や、猫を下し放す方。

 子供だって一緒なんです。体の悪いおじいちゃん、おばあちゃんと一緒なんです。一緒に降りるなんて出来ない人も大勢いたんです。ましてや、家の近くでもない遠い知らない食料も来ない避難所で。

 そして、吹雪の中、犬と一緒に立っている方が見え、自分らが放した犬猫が見え、皆むせび泣く中次の2回目の避難所に行かれたそうです。

 その方は親戚の車に乗って避難所に向かったそうなんですが、親戚の方は他の身内がいるかもしれない避難所に向かい、女性とその家族、ビーグルちゃんが一緒でした。

 ですが、今回の避難所では犬猫は建物の中に入れず、

 今まで、外で飼ってた訳でもないビーグルちゃんを「外に繋いでくれ」と言われたそうです。

 吹雪の中、愛犬を守るべく、ろくなコートも来ていなかったですが、外で愛犬と過ごしました。

 あの子だけ辛い思いをさせたくなかったし、凍え死んでしまうかもと思ったので。

 と、話して下さいました。

 聞いていて涙が出るだけでした。

 でも、

 今の避難所は・・とパンフレットを見せてくれ、ログハウスのようなところでした。

 一緒に入れるんです。・・と嬉しそうに話してくれました。

 それだけがこの話の救いでした。

 そして、その方のお兄さんの飼っていた犬の話で・・

 あの時、2~3日で帰れるからとガレージに閉じ込めてきたワンちゃんがいたそうです。

 お兄さんは車が無かったので、ちょっと落ち着いてからも戻れなかったそうです。

 その女性が助けに行ったそうなんですが、犬の声はするものの、ガレージの扉は固く、開かず、窓もなく、ご飯さえあげれなかったと。

 次に道具をそろえて行った時にはガレージからは物音ひとつせず・・・

 ・・・あきらめて帰りました。と。

 可哀相な事をしてしまったんです。。と。

 その時、私は、自分がなぜ、震災直後、その時でさえ沢山の犬猫のレスキューが福島やいろんな被災地に向かって行ったのに、私は行かなかったんだろうって。

 犬や猫のボランティアをしてますって常日頃言ってたのに、こんな時に、一番必要だった時期に、何故いかなかったんだろうって自分自身を責めてしまいました。

 今頃行って、そんな話を聞いてめそめそ泣くぐらいなら、もっと早くいけば良かった。

 今度、何か災害があったら、真っ先に駆けつけよう。

 今、毎日思っています。

※ お願いですが、この件について行政に苦情や機関に抗議などされないで下さい。
もう、済んだことですし、あの時は取り残された病人や、人間も多くいたのです。犬猫ばかりではなく、避難した人も1枚の毛布で3人が寝ていた状態の時の事です。

 行政も役人も自分の家族がいたのに被災地に残し、仕事を今もし続けている人たちなのですから。
 

そんな中、今週火曜日朝携帯が鳴りました。

 「南相馬の・・にいるんですが、犬を保護してくれませんか?」との事でした。

 私は今、福井だし、でも、今南相馬に行ってる、一番初め福島入りした時いっしょだったガルドンさんが行ってると思いだし、連絡しました。

 ワンちゃん2匹でした。
BlogPaint

この2匹のワンちゃんは浪江から来ました。

 浪江は原発から10キロぐらいのところ・・その6号線辺りにいたそうです。

 ある、20キロ圏内で働く方が、この2匹の犬を先導してくれました。

 弱っていて、そして人に助けてもらいたいかのように寄って来て、その方は、何とかここから連れだそうと思ったそうです。

 もちろん、仕事で来ている以上、車に乗せて保護することは出来ず。。

 少しずつ、ご飯をあげながら、

 車を

 ゆっくり。

 ゆっくり進ませて。

 犬達を少しずつ、ついて来させ、

 そして、弱った犬達も、

 昔あった幸せな生活を取り戻したいかのように。

 少しずつ。

 少しずつ進み、

 ワンコ2匹は。

 20キロ圏外から

 脱出出来たんです!!

 奇跡のようでした。

 22日から完全に閉鎖された地域から、犬が2匹、助けてもらえる人間の手によって出て来れたんです。

 弱った体で10キロ近く、車についてきた犬は最後の力を失い、そのまま福島の動物病院に。。

 それでも、スクリーニング検査は受けなければなりません。

 線量は0.6。

2011_0516_160803-P5160137

 たった0.6でした。
2011_0516_160730-P5160136

体中ダニに刺された跡で酷く、貧血気味で、栄養失調で。

 でも、生きていてくれたんです。
2011_0516_165610-P5160138

 点滴も受け、一晩入院し、そして、神奈川の動物病院にもかかり、今は神奈川のガルドン玉川学園(ペットショップ)にて保護してもらっています。

 今、あまりにもダニが酷く、毛刈りをされて別犬になっていますが、背中に茶色いぶちのある、イングリッシュセッターちゃんと、柴のMIXちゃんです。

 今まで、飼主さんの為に愛犬、愛猫を捜してあげたいと思っていました。

 でも、今は、

 頑張ったあの子達の為に飼主さんに合わせてあげたい・・・!

 そう思っています。

 福島で沢山犬猫を保護してきましたが、去勢済のワンちゃんは初めてです。
大事に飼われていたんだろう・・。、とてもしつけの入ったおりこうなワンちゃん達です。

 頑張って生きていてくれた彼らに「パパママ」に合わせてあげたい。。。

 イングリッシュセッターを飼われている方は浪江でも、そう多くはないと思います。

 20キロ圏内で放浪していた沢山の犬達。

 もう、命の灯は消えかかっていると。

 そして、保健所での処分を恐れた人たちが愛犬を離し、20キロ~30キロ圏内をさまよっています。

 これ以上。

 辛く、餓えた、悲しい思いを、口のきけない動物達にさせたくない。

 そんな気持ちで、皆、福島に通っています。

 気持ちはあります。

 でも、

 命が持ってくれるのか?

 私たちの活動が続けられるのか?

 自問自答しながら毎日を過ごしています。

 そして、私が出会った、犬班、猫班と呼んでいる人たち。。皆個人の方です。
まがりにもボランティアでHPを持っていて、寄付を募れるのは私とCat Pauさんぐらいです。

 協力して下さる団体さんは丸投げで受けて下さる所もありますが、どこも今他の団体も沢山の犬猫を抱え、苦労してらっしゃいます。

 個人の皆さんが保護した犬猫の保護費も含め、私が代理で寄付を募り、少しずつ必要なところへ送金・物資配送をしています。

 ぜひ、ご協力頂けたらと思います。

 今回から、かんたママさんの「石川ドックレスキュー」様も預かり等協力して頂ける事になりました。
石川や近隣の県の皆様が協力して頂けtら、福島の子達をもっと救えると思います。

 私はもともと猫ボラで・・犬の団体さんとはほとんど面識がありません。
日記を見て下さっている皆様のお知り合いで、地域で犬のボランティアをされている団体様がいらっしゃいましたら是非、ご紹介して頂ければと思います。

 一つの団体が5匹ずつでも、、10個の団体が協力して下されば、50匹保護ができます。

 大きな団体さんは数百抱え、もう、限界です。。

 小さな団体同士。

 協力し合えたらと思います。

ーーー追記ーーーー
P5200196

 ちなみに毛刈りをされたセッターちゃんです。♂

白地に赤、青の模様入りの布製首輪
       去勢済み
       腹部に手術の跡があります
放浪場所 浪江 6号付近

P5200184

柴ミックス?ちゃんです。♀

           黒の革の太い首輪
           おそらく避妊済み





転載終わり。

この日記を読んで、何か感じていただけたらと思います。
⇒ねこさま王国ブログはこちら

【転載】ペットの連れ出し出来ます!!

元祖美猫リオル妹アイドルりま(現メイ)の里親さんのまゆさんのブログの転載記事をさらに転載します。
まったくもってそのとおり!な内容です。

このブログを被災地の飼い主さんが見ることがあるか~?という疑問もありますが、どなたか伝えて欲しいです。お願いします。

飼い主さんは堂々と日本の法律のもと自分の物であるペットを連れ出しできます。

普段「物」扱いしているペットを、なぜ今、他の家財と同様に「持ち出し」するのを阻止しようとするのか?勝手すぎるでしょ。

死にかけてるペットを家の玄関先に置いてけ、というのは「動物愛護法」とやらに反するのでは?

ほんとに、身勝手なのは一部の(多くの)責任感のない飼い主もそうだけど、お国も相当身勝手です。個人的には「身勝手ラスボス」じゃないかっていう勢いです。


以下、転載。



『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリーブログよりの転載です。

--------------------------------------------------------------------------------

「警戒区域のペットは一時帰宅時に連れ出し出来ます。」
転載お願いします。2011年05月11日15:46
前回のGWの保護のように国に情報操作されるといけませんので、これまで水面下で伝達していましたが、
一時帰宅が始まり、緊急を要しますので、本日関係者了承のもと、以下の情報を 全面公開いたします。日本は私たちの国です。
一部の人間のものではありません。

命は見捨てるのではなく、救う為にあります。
救う為に現地で頑張っている多くの方々、何十もの被害で苦しんでいる飼い主さんと瀕死のペットたちのために以下の情報を至急転載、拡散お願い いたします。

【警戒区域の被災者の一時帰宅時のペット連れ出しについて】5月10日
元熊本県総務部広報課県政記者室主事(自治体職員)の伊集院と申します。
一時帰宅の際の飼い主自身によ瀕死のペット連れ出しについての「札幌弁護士会」の「東日本大震災災害緊急対策本部」の弁護士の回答です。

一時帰宅時に衰弱したペットの連れ出しを行政に拒まれた時は下記の内容を飼い主は主張できます。
飼い主には法律上、犬や猫等のペットを連れ出す権利があります。
警戒区域のペットは衰弱していますので、命の危険があり緊急を要します。

ゲージやキャリーに入れてバスの中で飼い主さんの膝や足下などに置いて連れ出すしか瀕死の命を救う緊急の方法はありません。
JRも公共バスもキャリー入りなら乗せる事が可能だからです。
県の回収車が来るまで、庭に雨の中1日以上ゲージに入れて置いておく事は弱った動物には命の危険がある場合があります。
夜はまだかなり東北は冷え込み温度が下がります。
脱水であればすぐに点滴が必要です。

『札幌弁護士会 5月4日と7日の東日本大震災災害緊急対策本部担当弁護士の指導内容』「「罪刑法廷主義」(ざいけいほうていしゅぎ)というものがあり、刑罰の細かい 規定がないと人を罰してはいけないことになっています。
飼い主のペット持ち出しについては行政側は「混乱を回避したいために 認めたくない。」だけです。
飼い主は、単に大切な自分の物=ペットを持ちだすだけです。
それで飼い主が罪に問われる事は無いと考える。
よって飼い主のペットの連れ出しについては、現在ま で行政からお墨付きをもらう筋合もありません。
行政がペットを連れ出し禁止とい う事に関する納得できる『根拠』を記載した正式な文書を出していないので、一時 帰宅の際の飼い主の物であるペットの持ち出しをペットが死ぬかもしれないのに止める権利は行政や国には無い。」
保護団体は飼い主から全権委任を受けていれば飼い主と同権である。

以下は、一時帰宅の際に飼い主がペットを連れ出す時の「札幌弁護士会」指導のもとで作成した問答例です。
飼い主さんは参考にして下さい。

行政側「一時帰宅でペットを連れ出してはだめだ。」

飼い主(飼い主が委託した人)「なんでだめなんですか」

行政側「国が禁止と言っている。放射能汚染とか、人命の安全優先のためだ。」

飼い主「いかなる法令に基づくのですか?
一時帰宅の飼い主のペットの連れ出し禁止について「根拠」の書かれた決定事項の記載された正式文書はありますか?
福島県にも確認してしっかり調べてもらいましたが本日まで「根拠」の記載された国の文書はありません。
ですので、正当な根拠無くおっしゃってる事ですよね。
5月2日に日弁連に、5月4日と、5月7日に札幌弁護士会の担当弁護士に飼い主の一時帰宅時のペット連れ出しについて、元自治体職員の飼い主代理が、詳しく法律について確認し、指導を受けた。
ペット連れ出し禁止が国からか伝えられたとしてもその根拠の示された各市町村長宛の国からの正式な納得がいく「根拠」を示した文書がなければ、飼い主に対してペットを持ち出すなと他人や行政がその飼い主の権利を侵害する法的効力はない。

ペット連れ出しがダメだと言うのは、それは何の法令ですか。
示してください。
こちらでは既にペット連れ出しに関する文書履歴や法令を弁護士と確認済みです。
正式な文書が無いのなら、法令も根拠も無い事を言われているのですね。
それでは法律上、飼い主は貴方や行政には、したがわなくなくて良い事になります。
私は自分の物(ペット)に所有権があり、持ちだすだけです。
法的には何の問題も無い。
弁護士会の弁護士が直接電話をしてもらえば説明してくれます。

平成23年4月23日付け文書の原子力災害現地対策本部長が発行した「警戒区域への一時立入許可基準」の8の(5)には「ペットについては、別途検討し、原子力災害現地対策本部長が実施のための計画を別 に定めるものとする。 」と記載があるがその計画は現在迄何も正式に出されていない。
同じく5月7日の「住民の一時立入りの実施について」の 「5.一時立入りに関する注意事項 」の 「ペット、家畜、食品等を持ち出すことはできません。」とあるがその「根拠」や「理由」が全く記載されていないのはおかしい。
札幌弁護士会と日弁連に警戒区域の飼い主のペット連れ出しについて次のとおり確認している。
『国や行政が、飼い主のペット持ち出しを止める権利は現在の法律では認められない。』との事。

飼い主が一時帰宅で連れ出したペットはきちんと放射能の測定もしますし、除染もします。
必要ならば今測って下さい。
飼い主の物として、必要ならば後の報告もします。
動物は弱っていて「既に一刻を争う命」です。
あと1日も持ちません。
保護団体さんにたのんで緊急に獣医さんに診てもらいたい。
預け先も確保します。
衰弱している動物を飼い主が放置し適切なケアをしないことは、動物愛護法違反となり、それを法令の根拠無く無理強いする人は動物愛護法に抵触する可能性があります。行政にもだれにも飼い主の物であるペットの持ち出しを禁止する正当性は現在無いはず。
「これに異論があるなら、直接弁護士と話して下さい。」

とペット連れ出しを止める行政や自衛官、警察に伝えて、連れ出しや救助を認めない場合は現地から電話がつながる弁護士会に直接電話して下さい。

【ペットの預かり相談や保護を受け付けている団体の一例】
※当方と直接関係はない団体さんですが住民の傾けに掲載の許可をいただきました。
 一般社団法人UKCジャパン  TEL:0467-84-7456
 一般社団法人アニマルエイド TEL080-4422-2090
 犬猫救済の輪 

【日弁連、弁護士会連絡先一覧】
一時帰宅の際にペットの連れ出しは日本の法律の元では、飼い主の権利として可能である。
自治体担当者や警察に一時帰宅の際にペット連れ出しを止められたら、下記に電話すると、弁護士がペット連れ出しを止めた担当者と直接話をして 下さるそうです。

◆札幌弁護士会 土日祝日平日相談可能 平日13時~15時まで 0120-325-101

日弁連と北海道弁護士会は飼い主さんがペット連れ出しても違法ではない見解です
国はそれを禁止する根拠は、一時帰宅の際のペット連れ出しについては正式文書も4月23日以降の「別途計画する」と5月7日以降は見あたらず飼い主のペット持ち出し禁止を行使する権利は国には無いとの見解。

◆仙台弁護士会 平日のみ 平日10時~午後7時まで  0120-216-151

◆山形県弁護士会 平日13時から16時まで 0120-250-372

以上はどの地域からかけても通話料無料 。飼い主さんはつながる電話にかけて下さい。
上記がつながらない時は以下は通話料有料ですがかけてみて下さい。

◆秋田弁護士会 平日13時から16時まで018-862-3775

◆青森県弁護士会 平日 13時から16時まで 017-763-4671

◆岩手弁護士会 平日 13時から16時まで 019-651-0351と019-604-7333

◆福島県弁護士会 平日のみ 14時から16時まで024-925-6511と0242-27-2522

◆茨城県弁護士会 平日13時から029-222-7072

飼い主さんは堂々と日本の法律のもと自分の物であるペットを連れ出しできます。
小型犬、猫はキャリーに入れて膝におけば、公共交通機関といっしょで他人に迷惑をかける事も少ないはずです。
それを止める根拠はありませんので罪刑法定主義のもと国もこの件で罰する事は難しいとの札幌弁護士会の3人の弁護士共通の判断です。
命は救う為にあります。

連れ出しを止められたときは上記弁護士会に現地から電話で行政の方へ説明を求めて下さい。
札幌弁護士会さんは特に力になって下さっています。

現場の心ある行政マンの方々は、どうか、苦しんでおられる被災者の方の味方になっていただけましたら幸いです。
日本は私たち一人一人の国です。
法律に基づいて行動する事は違法ではないです。

飼い主さん自身の救出に備えて、避難所のほうに今走っている保護団体さんもいます。
飼い主さんはぜひ連絡を取ってみられて下さい。


--------------------------------------------------------------------------------

飼い主さんの心痛はどれほどの深さか・・・。
思いやる心も余裕もない人がトップにいて、何を見、何をしているんでしょう。



転載ここまで。


この内容の転載をぜひぜひお願いしますm(__)m

【転載】被災地の動物救援、アメリカから日本政府への署名に協力を!

本日はまたまた転載です。

元祖美猫「リオル」と「りま(現メイちゃん)」の里親さんのまゆさんのブログより。

原発周辺の動物たちの扱いについて、日本国内での国民からの訴えをなめきってるのか、なかなか動かない(っていうか事態を悪化させてる…)日本政府に対し、海外からも署名を集めて訴えを起こしてくださっている方々がいます。

英検4級の私にゃ全然わからない内容を、まゆさんが訳して下さっていましたので転載させていただきます。

まゆさんの日記を頼りに私もトライしてみました。
署名はものごっつ簡単です。英検4級でもなんとかなりました。

「ミスター」とか「ミス」とか「ミセス」など、自分に当てはまるものをチェックして(オイラ既婚なので「ミセス」にしといた)自分の名前をローマ字で入力して、メアドと住所(めっちゃローマ字で入力)、郵便番号を入力するだけ。

全部記入したうえで「匿名」も選べます。(まゆさんの文章内に案内有)

最後に「さいんなう」と英語で書いてあるバナーをポチっとして完了。

自動的に他の署名が表示されるので、そのまま署名を続けるかどうかは各人のご判断で。

ほんとに簡単なので、メールは気負うと言う人でもぜひご参加くださいませ。



以下、転載です。




外国の方も動いてくださっています

アメリカの団体が、日本の核避難区域に残された動物たちに心を痛め、署名を集めてくださっています。

猫福さんで海外サイトで署名集めをしていることを知りました。
Please Allow Animal Rescue in Japan's Nuclear Evacuation Zone
(日本の核避難区域からの動物レスキューを許可してください)

請願先は、管直人総理大臣です。
請願内容は以下の通りです。



We the undersigned humbly beg of you to allow Japan Earthquake Animal Rescue and Support (JEARS) and other animal rescue organizations access to the nuclear evacuation zone to rescue the animals of Japan.
It is an important duty to take care of all of the animals in the evacuation zone and make sure that they are all removed to safety.
We do understand that the area is dangerous, but please do not leave these animals to suffer and die.
Please allow the rescue organizations an opportunity to rescue pets and farm animals and bring a little bit of hope to their families that have been displaced.

Please also make provisions for families to rescue their animals and bring them out from the evacuation zone.

We beg of you, please help.

Thank you very much for your attention to this.


一応、全文翻訳しました。(まるで学校の日本語訳のよう...。不甲斐ないです...)


私達署名人は、日本地震動物救援会(JEARS)、その他の動物レスキュー団体が日本の核避難区域から動物たちを救出することを許して下さるように、謹んでお願い申し上げます。
避難区域の動物たちの世話をし、安全区域に確実に移動させることは重大義務です。
避難区域が危険なことは重々承知しておりますが、動物たちを死と苦しみの中に放置するのは止めてください。
レスキュー団体に、ペットと家畜を救出する機会を与え、強制退去させられた動物たちの家族に、一筋の光明をお見せください。

家族が動物たちを救出し、避難区域から連れ出すための条項も合わせてお作り下さい。

重ねてお願いします。どうか助けて下さい。



上記の趣旨に賛同いただける方は、署名をお願いします。
リンクから care2 petitionsite に飛び、名前とアドレス、居住地を入力してサインしてください。
名前を公開したくない方は、do not open my name(とかなんとか...何て書いてあったか忘れちゃいました...)にチェックを入れてください。
アドレスと居住地は非公開です。(名前(チェックを入れなかった人のみ)と、国名と、署名の時間(アメリカ時間)が公開されます)

どうぞよろしくお願いします!

【転載】原発20キロ圏内の動物たち(杉本彩さんブログより)

本日2回目の更新も、人様の日記の転載です。

私が二十数年前から大好きな杉本彩さんのブログより。

文章内のリンク先をぜひご覧ください。




すでにご存知かと思いますが、


福島第一原発
20キロ圏内が
警戒区域に設定され


立入り禁止となり、


多くの動物が残されています。




この立入り禁止については、
ずいぶん前から、
政府がそのような

動きをしているという

情報が、


各方面から
入ってきていました。







しかし、
何の前触れもなく、
突然の立入り禁止の通達。



このやり方に、
疑問を感じる方も
多かったことでしょう。








私もその一人です。


原発の問題さえなければ、

このような惨いかたちで、
非力な動物の
多くの命が奪われ、





未だに苦しめられることも
なかったはず。




テレビでは
伝えないその現実を、
やはり私たちは
見るべきだと思います!







警戒区域の
立ち入り禁止後の
映像とレポートが、




映画『犬と猫と人間と』の
飯田基晴監督のところに寄せられ、




映像をyoutubeにアップし、
レポートは写真とともに
ブログに掲載されています。


飯田監督は、
映像の編集を通じ、





「そこに今なら
まだ助けられる命が
映っている様を見るうちに、
じっとしていらなくなった」




と言われていました。


ですから、
そのようなかたちで、
協力されているということです。


以下で

見ることができますので、
ご覧ください。






http://lowposi.jugem.jp/






そしてようやく、
行政が警戒区域の
動物たちの調査と

保護に動きはじめましたが、




そこに獣医師や
ボランティアを
同行させるよう、





ペット法塾の弁護士、
細川敦史さんが

中心となって


署名集めを
行なっておられます。


提出先は、
原子力安全・保安院、
農林水産省、
環境省、
福島県の各部署です。


署名は以下の
細川さんのブログに
掲載されています。



http://blogs.yahoo.co.jp/qdkbd678


短期間で
多くの動物愛護団体の

署名を集められたようですが、




さらに多くの方々に
ご賛同頂ければと思います。




http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2011042701076





行政だけでは
どうにもならないでしょう。


民間だけでも
限界があります。



行政と民間が連携をとり、
協力しながら、
少しでも多くの
命を救って頂きたいと
切に願います。


転載ここまで。













【転載】20キロ圏内、家畜の殺処分開始される(ふくちゃんブログより)

以下ふくちゃんの日記のまるまんま転載です。
私も同じ気持ちです。




このまま時間を引き延ばして、餓死するのを、心待ちに待ってるとしか思えない政府の対応。
やっぱり日本って、戦後のままのレベル…
おかしい!

生かすも殺すも、自分達の思うがままなのでしょうか?

「見直した!」って言えるような行動を、とってほしいものです。

byふくちゃん


以下、きのぴた2号さんの『猫だまり2』より転載です。



22日に(福島・原発地域)20キロ圏内が警戒危険区域に指定され、
ボラさんたちが給餌や保護に入れなくなったのに…。

25日より、弱った家畜の殺処分が始まってしまいました!

●「TBS News」(動画)より:「福島“警戒区域” 家畜殺処分の作業開始」
●↓「北海道新聞」の「警戒区域内で殺処分開始へ 福島県、衛生上の理由」 より抜粋↓

25日は南相馬市小高地区に県家畜保健衛生所の職員6人が入り、
瀕死状態の家畜は持ち主同意の上で、獣医師が逆性せっけんを注射して殺処分にする。
死亡している家畜にはうじなどの虫の発生を抑える消石灰を散布、ブルーシートで覆う。
解き放たれている家畜は捕獲し、元の畜舎に戻すという。


逆性石鹸は普通の石鹸と逆に弱酸性で、消毒剤として使われるものだそうです!
つまり、死にそうな子達は、消毒剤を注射され、
最後まで苦しんで亡くなる事になります!!


弱ってしまったのは、行政がいつまでも判断延ばしてグズグズしてるせいで、
畜主さんたちが世話を出来なかった所為なのに!

飢え死にしそうなくらい苦しんだ子達を、
どうして最後くらい安らかに送ってやれないのか…。
他のまだ体力のある子達に、どうしてご飯やお水をあげてくれないのか!

現地で頑張ってくれてる各ボラさんたちは、
国がダメでも市や町の許可が下りれば中に入れるのに、
出してくれるところは今だ無いようで…。

海外の方の方が、よっぽど残された命に対して親身になってくれてます!

↓↓☆pinkey☆さんの「☆海外からも署名を集めてます☆」より↓↓

被災地の動物達の為に・・・
私も署名させていただきました
ご協力をお願いしますm(__)m
詳細は緋佳さんがブログに訳してくださってるので
ぜひご訪問してみてくださいませ

Please Allow Animal Rescue in Japan's Nuclear Evacuation Zone

緋佳さんのブログ・訳ページ


日本だけではなかなか動いてくれないなら、
海外からの呼びかけになら、少しは注意を向けてくれるかも知れません!
難しい英単語は要らないそうなので(笑)、ぜひ署名をお願い致しますm(_ _)m


そして、ある意味唯一の希望の、一時帰宅の件でも動き始めてるようです!
『猫と財布に優しい生活』の、「動きはじめた その4」より
●緊急災害時動物救援本部 活動経過
http://www.jpc.or.jp/saigai/pc_honbu_keika_keika.html

警戒区域発動のその日、
警戒区域での動物救援および一時帰宅時の飼い主支援についての打ち合わせをしたとあります。

「検討」ではなく「打ち合わせ」なのが、嬉しい。
(具体的な計画がなければ、「打ち合わせ」という言葉は使わないですよね)


一秒でも早く、尻尾のある家族に会いたいであろう被災者の方のためにも、
一時帰宅の順番が来る前に、命が消えてしまうことのないよう、
引き続きメールでの催促をお願い致します!

まだの方も、すでに出されている方も、ボラさんの立ち入り許可願いと共に、
連れ出し許可の実現嘆願・原子力安全・保安院へのメールをお願い致しますm(_ _)m

※原子力安全・保安院へのメール送り先と例文は、こちらの転載記事をご参照下さい。
(携帯からはコチラ


◎その他の嘆願先◎

首相官邸
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

ここから各省庁へメールが送れます。
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

環境省
https://www.env.go.jp/moemail/

農林水産省
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html

防衛省・自衛隊
https://sec.mod.go.jp/mod/goikenshinsei/goikenbako/index.html

福島県
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/





――携帯サイト等、ネット系のお手伝いをさせて頂いております、のあのあと申します。
ふくちゃんから許可を頂いたので…思う事を…(_ _*)))

ペットも家畜も、命の重さは人と同じ…。
私達人間は、確かに動物や植物の命を食して生きています。
でも、だからといって、不必要に命を奪ったり、いらぬ苦しみや痛みを与えてはいけない筈です。

どうか、わが身に置き換えて、今一度お考え下さい。
あの場にいる命は、今、こんな風に殺されるべきですか?
あなたがあの場にいる動物だったら、国の所業を、どんな風に感じますか…?

凶悪事件が後を絶たない昨今。
それは漫画やゲーム等のせいばかりでなく、ひとえに、
他の命の存在を、自身に置き換えて考える事ができない人間が増えているせいではないでしょうか。

国が、それを増長させるような決定を下し、国民が許容してしまったら…
子供がそれを見、知らずと思いやりの心を失ってしまったら…
それはひいて、社会の崩壊に繋がるのではないかと思うのです。
大袈裟でしょうか…?

動物は、人の社会に訴える事はできません。
だからどうか、動物の身になって、行動を起こして下さいますよう…
何卒お願い申し上げます。
ネット系お手伝い・のあのあ拝


チャリティーショップ「にゃんぷくりん」
売上は猫の保護活動・不妊手術に使われます。
☆猫たちのエサ(パウチが特に不足)やトイレ砂などの物資支援
不妊手術や病気の猫の医療費カンパにご協力お願い致します。




転載ここまで。

■たくさん、たくさん、雪が降ってます

雪の降らない静岡出身のフサBです。

今、金沢はめちゃんこ雪が降っています。
いやまあ、ほかにももっとすっごい降ってるところはわんさとあるんでしょうけど、私にとっては十分めちゃんこです。

犬のクロは喜び雪を蹴散らして散歩し、子どもたちも喜んで雪透かししたり雪合戦して楽しんでおります。


我が家の庭もこんもりと雪が積もっております。

夫が言うには、

「犬は雪大好きでわざわざ雪を蹴散らしながら歩くけど、猫は雪が嫌いみたいだね。まず、まさこが歩いて、その足跡を黒猫たちがたどって歩いてたよ。」

どうやら、我が家の庭では、まさこが年長者として若者たちのために道を作っているようです・・・


しかし、流石にこんだけ積もると、庭のまさことくびわちゃんとひかりが心配です。

夫も「庭の猫達生きてるかな~」と心配しております。

いつもなら、夕飯時にはいつもの餌スポットに来て

「メシ~メシ~」

と言っているのに、今日は誰もいません。

見張り役を担っているまさこすらいません。


成猫の体が埋もれる程度には積もってるので、やっぱり出てこれないのかな・・・

と思っていたら、こちらの物音を聞きつけたようで、まさこが雪の中泳ぐようにやって来ました。

やっぱりまさこか・・・

まさこが作った道を、黒猫たちがやって来ました。


お前ら、大変だな・・・

3匹いて、よかったな・・・飯いっぱい食べて、お互いにあっためあってなんとか生き延びてくれ・・・

と言いつつ、餌をあげました。


3頭とも、厳冬をものともせず、風邪も完治し元気そうです。
コロッコロに太って、毛並みもツヤッツヤですわ。

我が家の猫エンゲル、半分は庭猫だな・・・

(庭猫3:家猫5なのに)



それに引き替え、家の中の猫たちときたら、ご飯はあんまり食べないし、エアコンの真下の一番いいところでゴロゴロしてるか、コタツの中でゴロゴロしてるか、まったくやる気ね~感じです。

まあ、それぞれ元気に暮らして欲しいものです。




■映画「犬と猫と人間と」の自主上映会 2月20日(日)石川県野々市町

ふくちゃんのブログからの転載です。


映画
「犬と猫と人間と」
自主上映会のお知らせ


映画「犬と猫と人間と」


映画「犬と猫と人間と」の自主上映会が、2月20日(日)石川県野々市町にて開催されます。

主催者様より、より多くの方に上映会が開催されることを知って欲しいとご連絡を頂きました。

たくさんの方、特にお子さんたちに観ていただきたい映画です。(中学生以下のお子様の入場は無料です!)

映画「犬と猫と人間と」オフィシャルサイトはこちら。
各地の自主上映会の情報はこちら。(石川県以外の方も是非!)
杉本彩さんのブログでも映画について紹介されています。

以下、主催者様からお知らせいただきました、野々市での上映会の内容です。



映画『犬と猫と人間と』自主上映会
■日時: 23年2月20日(日) 入退場自由です
■時間:13:00  開場 パネル展
14:00~ ドングリマンショー 他にも様々な企画あり!
15:00~ 上映開始
17:00~ お話し会 紙芝居
■会場: 常讃寺 石川県石川郡野々市町三納159ー4(野々市役場向い)
■駐車場: 有(50台)
■料金: 大人700円  学生 500円  中学生以下無料 
■『犬と猫と人間と』自主上映実行委員会
お問い合わせ先: 080-5544-7444(相川)

この映画は109にあるシネモンドや全国の単館などで上映され続けています。
動物に関わるなかで、さまざまな現状を目にします。でも、最後にたどり着くのは人間の姿です。
伝えたいことがたくさんあるけど、言葉にするとたくさんは伝えられない。百聞は一見に如かずです!どうかこの映画をみて一緒にお話が出来たらと思います。
子どもたちに胸をはって、私たちはこんな環境を残したと言えますように。

当日お手伝いをしてくださる方も募集中です
また、当日は来れないけどという方も、友人・知人にドンドンお伝えしていただけるとありがたいです。


ご近所お誘いあわせの上、ご来場くださいね!

あしあと

お庭猫たちは雪でも元気です。

■たまには、支援のご報告

こんばんはー。体調不良で早退してきたフサBです~
決してなまけているわけではありませんが、体の方が言うこときいてくれません~
(淡々と)

そんでもって、せっかく時間ができたので、たまには支援のご報告をします。

たぶん、私のブログのアフィリエイトから買い物してくださってる方もいると思うので、「アフィリありがと~」の集計まではできないけど、楽天のショップからふくちゃんに支援を送りました。

今回送ったのは、これ↓


ダイアモンド 猫メンテナンス(18kg)成猫用【送料無料】【smtb-S】【あす楽対応】


気づかなかったけど、ぴんきーさんの支援とめっちゃかぶってた

ま、いっか・・・

評判良いようでしたら、また買いたいと思います。


アフィリ協力してくださっている方、ありがとうございます。

時々こんな感じで物資支援していますので、ご安心くださいね~

■まんまる癒し系セピアちゃん里親様募集~

とらねこさんの記事丸パクで、里親様募集の猫「セピアちゃん」のご紹介です。


グー!セピアちゃん.jpg

セピアちゃん。3歳。里親様募集です!

まん丸ふっくらずんぐりふわふわ・・・という

癒し系キーワードが全てと言って良いくらい当てはまるセピアちゃん。

猫嫌いなので、

『1匹飼いでお姫様のように育てたい!!』という

石川・富山の方。

癒されるチャンス!!

手のかからない子ですので

猫経験が無いご家庭でも大丈夫です。

詳しくはふくちゃんの日記『猫福』で~。こちら

お庭のヌシたち

お庭の黒猫たちは元気です。たまには生存報告をば。

19歳と2歳の秋

ミュウ、推定9月末生まれ、2歳になりました。

チャッピー、夏生まれ、19歳になりました。

乳飲み子で保護され、a/d缶をチュウチュウ吸って、一度は死にかけながらも生き延びたミュウは、立派な筋肉ムキムキの暴れん坊に育ちました。

17歳にして初めての子育て、小さなミュウを暖めて育ててくれたチャッピーは、ミュウの力強さに反比例するように弱っていき、この夏はほとんど寝たきりに…

目もほとん見えていないようだし、耳も聞こえないようで、あんなに怖がって怯えていた雷にも花火にも無反応。
私たちが遊びに行くと、車のエンジン音でわかるのか、飛び出して来て大歓迎してくれたチャッピー…
それも昔話になりました。
鼻は利くようで、ご飯だけは一生懸命食べています。
家の中で粗相を繰り返すようになってしまったチャッピーを、夫の両親、特にチャッピーを溺愛していた母は、甲斐甲斐しく介護しています。

その様子を見ていると、果たして私にも、命尽きるその瞬間最期まで、老いた犬猫にこのような愛を持ってお世話ができるのだろうかと考えてしまいます。

大した病気もせず、寿命を全うできることは幸せなことですが、老いたペットが元気なままある日ポックリ逝くということはないでしょう…
少なくとも犬猫は、老いたら介護が待っていると考えなければなりません。

そのことを、若く力に溢れたミュウと、残りわずかな命を生きるチャッピーの姿との対比に、改めてリアルな現実の姿として考えさせられます。

老いたからと、保健所に連れて行かれ家族の愛とはかけ離れた場所で命を絶たれる犬猫も多い中、チャッピーは間違いなく幸せな子です。

■子猫里親募集チラシのご案内。

ふくちゃんのブログ「猫福」に投稿した最新チラシの案内の転載です。

臨時里親募集チラシ

こんばんは、ふ~さんです。
里親募集中の子猫がた~~くさんになっておりますので、私の手元にある画像で、臨時の子猫里親募集チラシを作りました。

ポスター制作を担当してくださっているみほるさんが、近々、もっとステキで見やすいポスターを完成させてくださる予定ですので、それまでのつなぎです。

きちんとしたポスターができましたら貼り変える予定ではありますが、今回わたしが作ったポスターを掲示していただける方は、こちらからダウンロード&印刷をお願い致します

印刷用データ

みんなに、良いご縁がつながりますように!!

■緊急募集の猫達の命の行方は・・・?

おはようございます、フサBです。
SOHOをするため5時に無事起きれまして、安堵したのもつかの間、一階に降りたら大変な惨状・・・片づけで結局この時間です(6時だよ!もういつも起きる時間だよ!)

それはさておき、金沢市の多頭飼いの家(不妊せずに増やした馬鹿ちん)から一気にセンターに持ち込みになった猫達のこと。

毎日気になって金沢市の小動物管理センターのページを見ているのですが、なか なかオトナ猫は譲渡される気配がない・・・

今見たら、一頭おもろい髪型の雌猫が削除されていたので、もらわれていったのかなあ・・・

まだまだ大人猫がいっぱいいます。

明後日金曜日までの命です。
一頭でも助かって欲しいと願っています。


ふくちゃんのブログでも紹介されています。


ご覧になった方、一人でも多くの方がブログへの記事転載や、金沢市内の方なら、興味のありそうな友人知人に声掛けしていただけたら・・・

どうぞ、この子達の命を助けるため、ご協力よろしくおねがいいたします。



※以下、9/10のふくちゃんの日記より転載。




緊急里親様募集の最新情報です。

募集期限が9月17日まで延長されました!!半数ほどの子は譲渡先も決まりました!!

引き続き、子猫1匹、成猫7匹の譲渡先を緊急募集しています。成猫といってもまだ2歳の若い元気な猫達です!子猫も半年もすれば同じ大きさになりますし、人慣れもしているようなので、ぜひ成猫達にも生きるチャンスを与えてあげてください。

 

以下、yahooブログ「猫ぽっかぽっか!プラスわん」さん9/10記事より転載します。

------------------------------------------------------------------

転載 コメント トラバ 本当にありがとうございます。

 皆様の願いが 延長と言う形になりました。
 まだ 安堵は出来ませんが 1匹でも救いたいという願いが  あと 子猫1匹成猫7匹になりました
 
 金沢市センター=http://www4.city.kanazawa.lg.jp/23036/pet/pet_satooya/pet_satooya_cat/pet_satooya_cat.html
 
100909-6.jpg  
奥の子が 残っています。男の子です
 
手前2匹は譲渡済みです
 
 
 img_1741577_61585584_1.jpg
 女の子 2歳
 
img_1741577_61585584_2.jpg
  女の子 2歳
 
img_1741577_61585584_3.jpg
女の子 2歳
 
img_1741577_61585584_4.jpg
男の子 2歳
 
img_1741577_61585584_5.jpg
男の子 2歳
 
img_1741577_61585584_6.jpg
男の子 2歳
 
img_1741577_61585584_7.jpg
男の子 2歳
 
 
 
 昨日の時点で HPの子と 飼い主の家の子の写真の数が合わないので おかしいなぁと思っていました
 今朝 チャコママがセンターへ直接行き確認をしてきました
 
 金沢市のセンターの方は 一生懸命対応してくださっていて
 当初 子猫が数匹助けるのも出来るか出来ないかの状態でしたから 成猫の方は性格等の確認などで
 後になってしまい それが 皆様の応援のおかげで 大きな声になり 子猫もあと1匹
 センターの方も 驚いていると思います。後になっていた成猫の方も 夕方掲載されました
 
 センターの方は 1匹1匹の性格を把握し 説明してくれるそうです
 直接センターへ行き 写真の中から指定した子と対面するという形になっています
 猫は すぐに処分 または処分を前提に いっこまっこ狭いところにほおり込むセンターもある中
 きちんと対応してくれているそうです
 
 成猫の中には 不妊の済んでいる子もいます。
 
 今回 この子達を助けたいと 必死に相談してきた方の声が 
 いろんな方々のHP ブログ ツイッターと 大きな大きな声になり ここまで救えた事に 
 心から感謝申し上げます
 
 ただ、同じ家の子なのに 明暗を分ける成猫達も せっかく皆様が伸ばしてくれた延長と言う
奇跡の幸運を 逃すことなく 救えることを願い最後まで 声をかけ続けていきたいと思います
 
 今日の新聞募集掲載も 東京の方が出してくださいました。
 すでに譲渡された数匹の子達の 検査結果はすべて陰性ということです

 

お問い合わせは↓まで直接お願いします
引き取ってもいいという方のみ 問い合わせをお願いいたします
金沢市のセンターは 譲渡のための部屋も用意され辛い部屋を見ない工夫もしてあります
どうか 1匹でもと思われる方に この記事と願いが届きますように

  小動物管理センター(平日8時30分から17時まで。電話258−9070)に電話での申込みか、
  動物の番号、お名前、日中繋がる電話番号を記入して電子メールで申込みを行ってください。

【緊急】石川県 処分場に持ち込まれた多頭飼育の猫たち

緊急里親様募集の情報です!以下、yahooブログ「猫ぽっかぽっか!プラスわん」さんより転載。

ふくちゃんの日記よりさらに転載させていただいております。)

処分期限は来週9月17日(金)まで延期されました。
仔猫たちは後2頭、オトナ猫が多数残っており、その命は風前の灯です。

仔猫も半年もたてば同じサイズになります。
大人猫にも生きるチャンスをお願いします!!!

最新情報は、石川県金沢市の小動物管理センターURLをご覧ください。




石川県 金沢市の市のセンターです ↓
http://www4.city.kanazawa.lg.jp/23036/pet/pet_satooya/pet_satooya_cat/pet_satooya_cat.html

 金沢市の 個人の家の人が持ち込んだそうです。すべて同じ家の子です

100909-1.jpg100909-2.jpg100909-3.jpg


全部で 17匹います。子猫達は 5ヶ月 母猫もいるそうです。もっと小さな子もいます

 

 


100909-4.jpg100909-5.jpg


私は 今まで保健所に持ち込まれた子を記事に書いたことがありませんでした。 現状の活動でも 救えない子がいます。救いたくても救えない苦しさがあります  今回緊急連絡があり 石川県出身で東京に住む方から 他の方のHPで掲載されていた子が 保健所に持ち込まれ いろんなところに電話されたようです 何か自分にできることがないか このままあきらめたくないと相談が来たそうです


100909-6.jpg100909-7.jpg

100909-9.jpg100909-10.jpg100909-11.jpg100909-12.jpg
私達が知った時には あまりに時間がない でも相談者さんの熱意に 今回記事にすることにしました
明日 地元の新聞に募集掲載手配をします。この記事を見ている皆さんの辛い気持ちもよくわかります
ですが時間がありません。転載協力できる方がいらっしゃいましたら お願いいたします

現在メンバーのところも皆限界数を超しています。私の今回できることは 掲載することと願うことだけです。

お問い合わせは↓まで直接お願いします
引き取ってもいいという方のみ 問い合わせをお願いいたします
金沢市のセンターは 譲渡のための部屋も用意され辛い部屋を見ない工夫もしてあります
どうか 1匹でもと思われる方に この記事と願いが届きますように

  小動物管理センター(平日8時30分から17時まで。電話258-9070)に電話での申込みか、
  動物の番号、お名前、日中繋がる電話番号を記入して電子メールで申込みを行ってください。
 
 
不妊さえしてくれていれば 近所から苦情がくるような飼い方をしないでいてくれれば 家にいる間に
 里親募集してくれていればと 今更のことですが怒りでいっぱいです

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。