Category赤ちゃん猫★ラッキーとピクシィ 1/1

■1週間

仔猫たちが亡くなって1週間が経ちました。先週の水曜日、ラッキーとピクシィは虹の橋へ向かって旅立ちました。虹の橋って何なんでしょうね・・・三途の川の、もっと綺麗な安らかな感じのところ?三途の川ってなんか、モヤがかかって薄暗くて悲しげなイメージなんだけど、虹の橋っていうと、なんだか希望に満ちた雰囲気だよねえ。あの子達が亡くなって1週間。一緒に過ごした時間よりも長い時間が流れました。だけど、やっぱり、写真...

  •  -
  •  -

■追記

今日、犬のクロちゃんの散歩をしている時、仔猫たちを拾った少年達と、道で再会しました。私は彼らの顔を覚えていなかったのですが、向こうは覚えていて、リーダー格らしき少年が、「仔猫どうなったん!」と声を掛けてきました。「仔猫は、病院にいったり、入院したりして、おばちゃんもミルクをあげて、一生懸命がんばったけど、昨日死んでしまったんだよ」と伝えると「えー!!!」と、ショックな様子です。「生きていた仔猫ふた...

  •  -
  •  -

■おやすみ、ピクシィ

ピクシィも、今しがた息を引き取りました。土曜日に保護してから5日間、ふたりともよくがんばりました。ピクシィの口呼吸が止まったのを感じ、おなかから出してブドウ糖を舌下投与、一瞬反応がありましたが、どんなに体をマッサージしたり刺激したりしても、もう呼吸は戻りませんでした。息を引き取る間際、ピクシィの左目が開きました。お母さんの顔、見てくれたかなあ・・・ふたりとも、ゆっくりおやすみ・・・今度お母さんのと...

  •  -
  •  -

■ラッキーの帰宅

ラッキーが我が家に帰ってきました。でも、ラッキーの魂は、ここにありません。虹の橋のたもと辺りにいるんだそうです。一生懸命がんばって、一生懸命生きたラッキー。病院の酸素室から出したところ、見る見るうちに顔色が悪くなって、急変。酸素室に戻し、退院を伸ばそうと先生は思っていたそうです。私が迎えに行くと、ほんの少し前に、息を引き取ったところでした。「会ってあげて」と言われて奥に通されました。入院時よりも一...

  •  -
  •  -

■ピクシィ、治療しました

体重が危険ゾーンで、なおかつ増えないピクシィ。脚の怪我も、見た感じ膿んでしまって、脚が腫れています。風邪の症状も出てきて、鼻水を飛ばしながらの連続くしゃみ・・・保護当初はピーピー元気に鳴いていたのに、鳴き声もあまり聞かれなくなってしまいました。どうも、よろしくありません。経済的な問題は切実で、かなり迷ったのですが、思い切ってピクシィも病院に連れて行きました。そこで、脚のかさぶたを取り、膿を除去し、...

  •  -
  •  -

■今日のラッキー

酸素室でがんばっています。明日、我が家に戻ります。酸素室を出ても元気でいてくれるか・・・・...

  •  -
  •  -

■生まれたて仔猫の体重問題

こんばんは、フサBです。今日はおおむね、腹で仔猫を暖めていました。授乳の時には、「おいしいね~」「たくさん飲んで大きくなろうね~」「上手に飲んだね~」「いっぱい飲めたね~」「ぴぃちゃんえらいぞ~」と、人間の赤子のように声を掛けて励ましました。その甲斐あってか、今日は何とか乗り切れたようです。だがしかし、問題が・・・いくつかの仔猫の育て方のサイトを見ていて、ピクシィの方も相当な危険ゾーンだと言うこと...

  •  -
  •  -

■生きてくれた!!!

昨日は急転直下の展開に心がついていけず、すっかりボロボロになってしまいました、生けるボロ雑巾ことフサBです。こんにちは。「フサB」のBは、「ボロ雑巾」のBだったんだ・・・遠い目。まあ、そんなことを書ける様になったのは、ちょっと心が復活したからですので、お気遣いなきように。仔猫たちの名前は、息子玉太郎が考えて、大きい方のキジ(多め)白ちゃんは「ラッキー」、小さい方のキジ(少なめ)白ちゃんは「ピクシィ」に...

  •  -
  •  -

■育児2日目にして…

1頭、危篤状態です。入院しましたが、かなり難しい状態です。...

  •  -
  •  -

■「ちっちぇえの保護」の経緯詳細

後出し日記ですが、記録としてアップします。5/23(土)、先日亡くなった☆空☆さんの愛猫「優くん」が使っていた遺品を譲ってもらうため、娘・たまことともに10時に自宅を出発の予定でした。前々から☆空☆さんちの娘ちゃんと遊ぶのを楽しみにしていたたまこ、ウキウキでテンションめっちゃ高かったですよ。しかし、ちょっと洗濯に手間取ったり、誰かさんが粗相してたのを見つけてしまい方付けしてたりするうちに、予定を遅れ、10:15...

  •  -
  •  -

■ちっちぇえの保護したですょ…

かいつまんであらすじ。朝出掛けようと車を動かした時のこと。段ボール箱を抱えた小学生3人が通りすがって行く。ミューミューと鳴き声も…うっ…絵に描いたような光景…呼び止めると案の定の展開。拾った仔猫、親に戻してこいと言われたと言う。段ボールには4頭の新生児猫。うち2頭はすでに冷たく動かない… 急いで病院に連れていくも、1頭はすでに息はなく、1頭は処置により動き出したが、ほどなく死亡。残る2頭はなんとか元気...

  •  -
  •  -
About this site
我が子玉太郎とたまこの成長記録だったけど、すっかり子猫の里親募集ブログ化してしまいました。今年も子猫がやってきたよ☆石川県・富山県・福井県で里親募集中!当ブログ掲載の写真や記事は著作権がございます。無断転載はおやめください。
About me
★登場人物紹介★

私:フサB。自宅敷地内TNR活動中。ちょいちょい子猫を保護して里親探しをしている。猫をテーマにした趣味の手仕事で癒されたりしている。

夫:普通の夫。
息子「玉太郎」:2000年ベビーも既に高校生。
娘「たまこ」:2006年生まれ・将来の夢はいろいろ。
犬:クロ、年齢不詳、猫の運子が好物。
猫:リーダー茶々朗、オバハン瑠璃(2012年お盆に死去)、不死身の銀朗(2017年1月25日死去)、ともに2007年生まれ。元祖たぬき猫シェイミ:2008年9月生まれ(2011年4月に死去)、2代目シェイミ2011年9月生まれ、ぴーちゃん2012年11月生まれ。
人間4名、犬1名、猫3名の8名家族です。

タヌキネコアイコンは、愛してやまない元祖シェイミがモデル。