玉たまファミリークラブ&びーにゃんくらぶ

我が子玉太郎とたまこの成長記録だったけど、すっかり子猫の里親募集ブログ化してしまいました。今年も子猫がやってきたよ☆石川県・富山県・福井県で里親募集中!当ブログ掲載の写真や記事は著作権がございます。無断転載はおやめください。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 子育てお役立ち情報&お勧め絵本
CATEGORY ≫ 子育てお役立ち情報&お勧め絵本
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

■そろそろ年賀状準備。

もう師走もそこまで来ていますので、そろそろ来年の年賀状の構想でも練ろうかなと思います。

とりあえず、年賀状の無料素材がダウンロードできるサイトをリストアップ。
そんなん見ながら、インスパイアされて年賀状を作ろうという魂胆ですね。

そう。ワタクシことフサB、毎年毎年PC&画像テクを駆使して、凝り凝りの年賀状を作るのが楽しみなのであります。


(言葉遣いが悪いのもそろそろ卒業したいので、一人称を「オレさま」から「ワタクシ」に改めたいと思います。)



今年は息子・玉太郎のリクエストで「仮面ラ●ダーヒビキ」をあしらってかっこよくデザインしてみました。

息子はもちろん、息子の友人たちにも大好評。

大事に机の引き出しにしまいこんでくれるほどに!



今年はどんなにしようかな・・・。


■年賀状用フリー素材ダウンロードサイトのメモ。

キヤノン クリエイティブーパーク - 年賀状作成おたすけサイト

【おめでた満タン2007 亥年】年賀状素材ポータルサイト

白舟書体 伝統的書体から遊び心溢れるデザイン筆文字のフォントまで


無料年賀状素材

年賀状Web - 年賀状ダウンロード素材集


今回はこの辺で。
スポンサーサイト
子育てお役立ち情報&お勧め絵本 | Comments(-) | Trackbacks(-)

■鼻水大魔王との戦い。武器は「ママ鼻水トッテ」

たまこ、風邪すっきりしないなあと思っていたら、木曜から熱出してしまいました。
金曜は保育所お休みしました。
明日、土曜は日をずらせないお仕事で、ゼッタイに保育所に行ってもわらねばなりません。
がんばれ、たまこ。

というわけで、こんばんは、フサBです。



思い返せば5年前、とってもか弱くて保育園に行っては風邪を引き、毎月毎月2回以上は医者に行き、休んでばかりで


何のために保育園に預けてるのかわからねえ・・・


っていうか、


病気もらいに保育園に行ってるんだ、金払って・・・


みたいな気持ちを漠然と抱いていた、玉太郎赤ちゃん時代。



それに対し、結構元気で休んだのもまだ片手で収まるかな?てな感じの、2人目は強いぞ&女の子は強いぞ伝説を体現するたまこ。



そんなたまこでしたが、10月末くらいから突然、ハナタレ小僧に。

かわいいかわいいたまこが、ハナタレ小僧に!!


いやー!!!




まあ、ハナタレがいやなのは置いといて。

鼻水がいっぱい出て、なんだか苦しそうなたまこ。

大好きなおっぱいに喰らいついていても、息が苦しいのか、時々

「んぱっ!」

って、息継ぎするんだよね・・・。


これは、あまりにも不憫・・・!!

そんな時に登場するのが、コレ。



商品名は、「ママ鼻水トッテ

「自分で鼻をかめない赤ちゃんが、誰か!鼻水取ってくれ!!と懇願する」

というシチュエーションのタイトルとなっております。

まあ、実際は、例外なくめちゃくちゃ嫌がって抵抗しますけどね。

しかし、赤子には不評でも、これはかなりイカしたグッズです。


太古の昔には、赤子が鼻をつまらせている時には、ハハオヤが自らの口で直接鼻水を吸い取ったという美談がそこかしこで聞かれますが、これ、よく考えれば大変デンジャラスな行為じゃないでしょうか。


■予想されるデンジャラス【その壱】


風邪ウイルスに汚染された赤子の鼻水を口腔内に摂取することにより、風邪に感染。
病原体そのものを体内に入れるのだから、それはもうかなりの高確率で感染すると思われる。

■予想されるデンジャラス【その弐】

誤ってマウストウマウス。
赤子に風邪をうつされるばかりか、親のミュータント菌(虫歯菌)が赤子に感染する危険が。

■予想されるデンジャラス【その参】

勢いあまって、赤子の中身まで吸い出してしまう。


以上のような危険性を考慮した場合、口で直接鼻を吸うのは、危険極まりない行為と言えます。

そこで、そのような危険回避に役立つのが、ママ鼻水トッテ」。


ゼッタイゼッタイ、お勧めです。

赤子嫌がるから、なかなか吸えないけどね。(ダメじゃん。)




でも、うまく鼻の穴にヒットして、鼻水吸引に成功すると、めっちゃ「やったぜ!!」って気分になれるよ・・・。赤子泣いてるけどね・・・。
子育てお役立ち情報&お勧め絵本 | Comments(-) | Trackbacks(-)

■布オムツたまこのお股荒れ対策本部

こんばんは、フサBです。

目ざせ、1週間に1回以上更新!を心の中で目標として2週間。
生まれ変わったようにがんばって文章書いてるオレさまです。
えらい!えらいぞ、オレ!



ところで、表題の通り、たまこさんは実は布オムツ派。
いや、別に彼女の意思で布オムツな訳ではないんですが。

思い返せば6年前。玉太郎生誕のときにも布オムツで頑張ろうとしてたオレさま。
しかし、玉太郎は皮膚のか弱い男子であった・・・。

自らのおしっこで、真っ赤にただれるケツ・・・。
弱え・・・弱すぎだよ・・・・・・。

結局3ヶ月で布オムツリタイア。

なんてヘタレな皮膚なんだ・・・と思ったが、まさか、キャラまでヘタレになるとは当時は思わなかったヨ。



そして、6年の時を経てたまこさん誕生。

今回こそは、布オムツでがんばりたいなあ・・の祈り通じてか、たまこは案外と皮膚の強い女子でありました。

生後しばらくはオシリのトラブルなく順調に布オムツライフをエンジョイ。

オシッコが出ると、

あ・あーん!!あ・あーん!!

と、「オシッコが出た時だけの泣き方」でちゃんと知らせてくれるという賢さまで見せ付けてくれたものです。



しかし・・・

うんちの回数が増えてきたところで、黄門様がただれ、皮膚が破けて悲惨なことに・・・。

オシッコには頑強なたまこさんの皮膚も、ウンコ様のアルカリ攻撃に撃沈された模様。

小児科でステロイド剤を処方され、

布オムツもこれまでか・・・。


と思ったものです。



だが、布オムツの神は、我々親子を見捨ててはいませんでした。

その後、たまこさんの腸が成長したと見え、ウンコ様の回数も徐々に減り、それとともに黄門様も復活。

再び布オムツライフに戻ったたまこさん。



そして、今、2度目の危機が、たまこに訪れました。

凄まじい食欲で、順調に離乳食を進めて行くうちに、ウンコ様の様子が激変。
一日1回あるかないかだったウンコ様が、1日に3回もお目見えするように・・・。
そして、ウンコ様の形状も、柔らかウンコ様から固形気味のオトナチックなバナナウンコ様に変化。

そう。

ウンコ様の回数が増えたと言うことは、たまこさんの黄門様の危機なのです。

案の定、1日に3回もウンコ様をお迎えした日にゃあ、たまこさんの黄門様~お股様は赤くなり、なんかヒリヒリしてそうな雰囲気に・・・。

オシリを拭いてても、やっぱ痛いんでしょうなあ。
「うあーん!!あ”あ”ーーーー!!!!」
と泣いて逃げようとする・・・逃げられないけど・・・。



さあ、どうする!?



そこでまた、油の登場。

アブラ好きだな、オレ。

いや、別にそうでもないけど。



要はこういうことだ。

ウンコ様のアルカリ攻撃が、直接お股に張り付くから皮膚が負けるんです。

ということは、皮膚にウンコ様が付かないようにすればよい。

何か、皮膚とウンコ様を隔てるものはないか・・・。



そこで登場するのが、



オリブ油でございます。

薬局で400~500円くらいで売ってる、オリーブ油です。

こいつをコットン5滴くらい落として、お股様~黄門様までぺたぺたと塗ってあげるわけです。

するとですね、期待どおりの効果が!!

ウンコ様3回の日でも、お股様の荒れがひどくないのですよ!!!

まあ、ちょっとは赤っぽくなりますが、「うわあ、痛そう・・・」って感じではない。ぜんっぜん平気そうなんです。

たまたまか~??と思ったけど、これ、塗ってあるのとないのとで、明らかにオケツ状態がチガウ・・・。

と言うわけで、お風呂あがりやウンコ後には、必ずオリーブ油をケツに塗り塗り。

応用編で、垢とか汗とか食べこぼしとかを挟み込んで、痛々しく赤くなってしまいがちな「首の肉と肉の間」にも塗り塗り。

なんと言っても、薬局で400~500円で売ってるものですから、かなりお手軽。
薬に頼るほどひどくなる前に予防としてお勧めでございますよ!




たまこさん生まれたてのころ、おしゃれ授乳服ミル・フェルムで送料無料の金額あわせに買った青森ひば油スキンケアベビーオイルでもいい感じです。



たまこ、まだしばらく布オムツで行けそうな気配・・・。
子育てお役立ち情報&お勧め絵本 | Comments(-) | Trackbacks(-)

■ずら~りウンチ ならべてみると・・・

ずら~りウンチ



こんばんは、フサBです。先日のどんどこももんちゃんに続き、玉太郎が愛した絵本第二弾はずら~りウンチ「ずら~りウンチ ならべてみると・・・」です。



すみません。ウンチです。まあ、ウンチと言えば、子どもの心をひきつける驚異のパワーを持ったキーワードであることは、原始の時代からの常識であることは周知の事実な訳ですが。



ていうか、なんで子どもってあんなにウンチが好きなんだろうね・・・。

ウンチ

って言葉を言うだけで、ほぼ100%の確立で、男子女子問わず、ある一定の年齢までは、子どもを楽しい気持ちにさせてくれます。

恐るべし、ウンチのパワー。



かく言うオレさまも、かなりの年齢になるまでウンチが、マイフェイバリットワードのかなり上位に食いこんでましたね。

まあ、そんなことはどうでもいいです。



で、この本、数あるウンチ関係の本の中でも、ぬきんでて玉太郎のハートをがっちりとキャッチしていた、言わば「キングオブウンチブック」でございます。

購入当時、3歳だった玉太郎の心をつかんだその内容は・・・。



■玉太郎お気に入りポイント【その壱】

動物および人間の、ほのぼの系な絵。
これが、リアルタッチだったら、ひいてます・・・。


■玉太郎お気に入りポイント【その弐】


口から入った食べ物が、オシリの穴から出てくるまでの体内での移動ルート(=消化器官)が、迷路チック。

3~4歳ごろの玉太郎は、迷路にハマってました。
口からオシリの穴までを、真剣な面持ちで、迷路気分で指でたどってましたね。


■玉太郎お気に入りポイント【その参】

各動物のリアルウンコ写真掲載。

これは賛否両論わかれるところでしょう。特にオトナは「ウッ!!」と思う部分。

中学に入ってもウンチウンチ言ってた
オレさまでさえも、一瞬「ウッ!!」とたじろぎました。

まあ、まさかリアルウンコ写真が載ってるとは思ってませんでしたので、不意打ちを喰らったという部分も多分にございます。(よく見れば表紙にもリアルウンチ画像掲載されているんですが。)

ちょっと理系な雰囲気の玉太郎、各動物の消化のしくみと、それによってもたらされるウンチの形状の違いがリアルにわかるところに、かなりひきつけられたもようでございました。



■この本の良い点

小さな子どもにもわかりやすく、食べ物~ウンチまでの仕組みが表現されている、かなり学習効果の高い本と言えましょう。

玉太郎などは、いまだに

「口から食べたものが、おなかのなかでぐるぐる~~ってなってウンチになるねんよ。」
(おなかの中でぐるぐる移動するジェスチャーしつつ。)

と、ゼッタイこの本で学んだことに違いない、というようなことを突然口走ります。


■この本の欠点

この本のまずい点は、身近な本棚にリアルウンチ画像、しかも子どものお気に入りのために、かなり頻繁にリアルウンチ画像を見せられる(読んでとせがまれるため)という点にあります。

日頃リアルウンチを見慣れていない、つまらないオトナになっちまったオレさまには、ちょっと刺激が強いかな・・・。



ずら~りウンチ

というわけで、玉太郎と親子ともどもお勧めな「ずら~りウンチ ならべてみると・・・」



ぜひ、あなたのおうちの本棚にも、リアルウンチを!!


(お勧めポイントがチガウ)
子育てお役立ち情報&お勧め絵本 | Comments(-) | Trackbacks(-)

■どんどこどんどこ・・・ももんちゃんはいそいでいます

どんどこ ももんちゃん




どんどこどんどこ どんどこどんどこ ももんちゃんはいそいでいます




リズミカルなこのフレーズが耳に残る、「どんどこももんちゃん」。



私が小さい頃、おもちゃはほとんど買ってくれなかった親ですが、絵本はいっぱいありました。

そのおかげか、私は国語が得意教科で、本をいっぱい読んでてよかったなあ、って思ったものです。

本好きにしてくれた親に、感謝。

今じゃ全然本なんか読まないんだけどね。



まあ、そういう環境もあって、玉太郎にもおもちゃは買ってやらんけど、本だけは惜しみなく買ってやろうということだけは、私の中の決め事になっているわけです。

そして、そんな私が玉太郎のためにと初めて選んだ本が、「どんどこももんちゃん」。

玉太郎、1歳の誕生日あたりに買ったんだっけ。



どんどこどんどこ どんどこどんどこ



って読み上げると、玉太郎もにこにこしながら絵本に見入り、

自分でページをめくってくれます。



そして、



どんどこどんどこ どんどこどんどこ

どんどこ ど・・・どどどど




どち



下り坂でももんちゃん、あたまから地面につっこんでしまいます。


すると、


玉太郎も・・・



アイテテテ・・・



涙がちょろっと出ているももんちゃんを見ながら、自分の頭を押さえてイテテの顔をしています。


そんな玉太郎のしぐさがかわいくておもしろくって、ほんとに何度も何度も読んだ本でした。


本のラスト、ももんちゃんが急いでいた先には、ももんちゃんのおかあさんの姿。


おかあさんの胸に飛び込むももんちゃんの絵を見ながら、玉太郎をムギュー。


 ・
 ・
 ・


玉太郎も大きくなり、いつの間にか赤ちゃん向けの本は読まなくなってしまったけれど、5年の時を隔てて妹のたまこが誕生し、彼女にもそろそろ絵本を読んであげよう・・・と思った時にふと思い出した「どんどこももんちゃん」。



ももんちゃん、ももんちゃん


と思いながら、玉太郎の本棚を探しましたが、見当たりません。


あんなにお気に入りの本だったのに、どこに行っちゃったんでしょうか。
子育てお役立ち情報&お勧め絵本 | Comments(-) | Trackbacks(-)

■後頭部に毛玉、しかもハゲ。

こんばんは。フサBです。

寒い・・寒いっすよ!


さて、先日力説したツバキ油 【口コミランキング1位】 大島椿(ツバキ油)60mlの件ですが、うっかり肝心なことを書き忘れていました。


我が家の明日で9ヶ月を迎える娘なのですが、細くて柔らかい髪の毛のため、あろうことか後頭部に毛玉ができるんですよ。


人毛で、毛玉。


しかも、例によってありがちなことに、後頭部、ハゲ気味。


ハゲで、毛玉。


立派に、二重苦です。

ただでさえハゲ気味で大切にしている大事な大事な髪の毛が、毛玉になってゆくのです。

毛玉と化した髪の毛は、もう切り取るしか手立てがございません。

なんと哀しいことでしょう・・・。




しかし、オレはようやく気が付いた。


ちょっとからまっててこのままでは毛玉化しそう・・・って言う時に、ツバキ油 【口コミランキング1位】 大島椿(ツバキ油)60mlを指先にちょっとつけて、絡まってる髪の毛をもみもみすれば、普通じゃもう解けない状態になってても結構復帰可能だと言うことに!!






なんで・・・

なんで今まで気付かなかったんだ・・・

娘の、娘の大切な髪の毛を何度毛玉にしてしまったのだろう。

一体何本の髪の毛を犠牲にして、この答えにたどり着いたのだろう。

この哀しみを繰りかえさないためにも、今、楽天ブログでオレは叫びたい。



赤子の後頭部の髪の毛ががっちり絡まったら、ツバキ油 【口コミランキング1位】 大島椿(ツバキ油)60mlで揉んでおけ。と。
子育てお役立ち情報&お勧め絵本 | Comments(-) | Trackbacks(-)

■アクエリアスは乳児に禁忌

って、行きつけの小児科の掲示板に貼ってあった。

え!そうなん!!

なんか、たまこさんが3ヶ月くらいの時にあげたような気がするよ!

おはようございます、フサBです。


なんでアクエリアスが乳児に禁忌キッズ(←意味は特にないです)かと言うと、
成分にハチミツが含まれているからだそうです。

え、そうなん。

たまたま我が家の食卓に、ほんとにたまたまなんですけど、お熱で食欲のない玉太郎のために買ってきたアクエリアス様が鎮座しておいでましたので、見てみました・・・。



2番目に書いてありました。

成分表示と言うのは、含有率の高い順に書いてあるそうな。

で、ハチミツさんは2番目です。



ハチミツを1歳未満の乳児に与えてはいけないと言うのは常識っぽいですが、アクエリアス・・・気づかんて。

「1歳未満の乳児には与えないでください。」

って書いとけや。

なお、乳児がハチミツを食べてはいけないのは、乳児ボツリヌス症という病気を引き起こすことがあるからなそうな。

1歳未満の乳児がハチミツを食べてはいけない理由
子育てお役立ち情報&お勧め絵本 | Comments(-) | Trackbacks(-)

■すげえよ!麺がこっぱみじんに!(やや興奮気味)

こんばんは。フサBです。

朝夕めっきり寒くなってきましたね。

玉太郎はもう1週間ばかり風邪で40度の熱が出たり出なかったり。

たまこは鼻水大魔王と化し、オレさまはのどが痛いです・・チクショウ。


えー。それとは全然関係ないのですが、先日、玉太郎のお友達(小6)のお母さんから

「これこれ!これもってって!!」

と渡されたのが、これ↓
フードタイムマッシュカット


「ヌードルカッター。」


「外食の時、持ってくとスッゴイ便利だよ~」


へえ~、そうなんだ。センパイママ(子ども12歳、7歳、3歳)の言うことは聞いておかなくっちゃね!

素直に受け取る、コウハイオレ(子ども6歳、0歳)。



というわけで、早速、本日、スパゲティをこいつフードタイムマッシュカットでわしづかみにしてみました。








す、すげえ!!!

あっという間に、麺が木っ端微塵になってゆく!!!!









おおお!!!


隣で見ていただんなとともに感嘆の声。

今まで、スプーンで一本一本ちまちまと2センチ間隔に刻んでいた苦労って一体!?

こんな便利なものが世の中にあったとは!!


っていうか、ほんと、何で今までこいつフードタイムマッシュカットの存在に気付かなかったんだ、オレ!




オレの貴重な時間よ・・・カムバ~ック!!








というわけで、隣で見ていただんなとともに大絶賛のヌードルカッター。

1,000円もしないでこんな便利なものがゲットできるなんて、すげえな、日本。
子育てお役立ち情報&お勧め絵本 | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。