玉たまファミリークラブ&びーにゃんくらぶ

我が子玉太郎とたまこの成長記録だったけど、すっかり子猫の里親募集ブログ化してしまいました。今年も子猫がやってきたよ☆石川県・富山県・福井県で里親募集中!当ブログ掲載の写真や記事は著作権がございます。無断転載はおやめください。
2012年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年10月
ARCHIVE ≫ 2012年10月
      

≪ 前月 |  2012年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

★迷子猫『小ちび』くん保護しています。富山市上冨居

☆小ちびくんのご家族が見つかりました!
良かったよかった!!



猫仲間で、心の手作り師匠のとらねこさんのブログから、そのまんま転載します。
 保護された迷子猫さんの家族を探しています。

PA250048.JPG PA250046.JPG PA250049.JPG

小ちびくん

オス

去勢手術済み

薄いクリーム色系の茶トラ

体重4~5キロほど

人懐こい

富山市上冨居で保護

ブルーのチェックの首輪に「小ちび」とだけ書いてあります。



お心当たりの方は

catnip@road.ocn.ne.jp


または

電話 0120-36-2850 fu-ga nature`s

にご連絡下さいませ。



毛並みが良く、可愛がられていた様子・・・

子供さんらしい字で『小ちび』と書いてあります。

どんなに心配されていることでしょう・・・



保健所、警察にはまだ届けが無いようですが、

早くご家族の元へ返してあげたいです。





迷子札にはまず、

電話番号を書き込むのが良いですね。

余裕があれば苗字住所、それから猫さんの名前です。

スポンサーサイト
野良猫・庭猫・実家猫・とにかく猫 | Comments(-) | Trackbacks(-)

■里親さんと猫トモさんに緊急のご連絡

薄手の長そでって一体いつ着たらいいねんろ・・・と毎年悩むフサBです。
めっきり寒くなりましたね!


さて、本日は、これまでの猫の里親様および猫トモさんにご連絡です。

今まで「ふくちゃんのお手伝いのフサB。」としてメールやり取りする際には「fuku.fuku.g@gmail.com」を使用していましたが、現在は使えませんので、というか、送信はもちろん受信もできませんので、今後は私のメールアドレスに直接ご連絡いただけますとありがたいです。

私のメールアドレスを知らない方は「私の本名@gmail。com」でお願いします。

それでも「???」という場合には、このブログの横っちょにしばらくのあいだメールフォームを設置しておきますので、そちらからメールしてください。

折り返しメール差し上げます(*^_^*)


実は、しばらくは猫福メールも受け取って、何か困ったことがあった時に聞かれたら対応しようと思ってたんですけど(そんな風なことも伝えてあったんだけど)私がいなくてもぜーんぜん大丈夫みたいで・・・いやあ、よかった~(^_^;)

今となってみれば、私がお手伝い辞めて大丈夫かなんて、全てが杞憂でした~(笑・・う所かここは)




てな感じで、とりあえずメールアドレスの変更よろしくお願いいたします~
駄文でGO★ | Comments(-) | Trackbacks(-)

■玉太郎、11歳~12歳の東京一人旅。

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
我が子★玉太郎とたまこ | Comments(-) | Trackbacks(-)

■ちょっぴん正式譲渡!!!

このところめっきり涼しくなりましたね~
風が冷たいぜのフサBです。


久々の嬉しいニュースです!

本日、ちょっぴんの正式譲渡の儀を執り行いました!!

私と夫、たまこの3人で行ったのですが・・・

玄関入った時に

「誰?」

って、ちょこんと顔を出したちょっぴん

わーい、ちょっぴんがお出迎えだああ!!

と喜んだのも一瞬、しゅーーーーーっと2階に逃げてしまいました~~~(^_^;)


その後、パパとママで変わりばんこにちょっぴんを説得、断固拒否だった彼女もやっと1階に降りてきてくれました(^_^;)(^_^;)

しばらくはぷるぷる震えていたちょっぴんも、時間がたつとともに落ち着き、触ることができましたよ~

最終的には抱っこもできました!!



おうちでのちょっぴんは、甘えるのはママ、パパの事は・・・人間と思っていない!!(衝撃発言)だそうで。

パパに甘えることはせず、頭からあごひげまで、丁寧にきれ~きれ~にグルーミングしてくれるんだそうです。

「パパじゃなくて「先住猫」と思ってるんです。」

だそうで。つまり、パパはパパじゃなくて「猫兄貴」というポジション・・・・・・・


ママにはトイレの前に「ニャー」用足しを見ててくれと「ニャー」終わったよと「ニャー」と声を出して呼んでくれるけど・・・

パパには「----」顔見て口開けて超音波で話すんだそうです・・・


「で、何言ってるかわかりますか?」

と問えば

「わかりますよ」

とパパ。


・・・なるほど~・・・猫同士として気持ちが通じあっちゃってるんですね・・・

っていうか、グルーミングされてる里親さん・・・初めてかも・・・里親さんをグルーミングする子猫が初めてというか・・・



さて。ちょっぴんは、「猫夢」ちゃんという素敵な名前になりました。

何て読むかって?

それは、里親さんに「ブログに書いてもいいか」聞くの忘れちゃったから、また今度!



写真が得意な猫兄貴さんのカメラの中には、猫夢ちゃんのステキな写真がいっぱい!
ブロマイドにできる写真のオンパレード♪

本物見ても、とっても美人さんで♪
目鼻立ちのしっかりしたお顔、バランスよく伸びた肢体、すらりと長くてまっすぐな尻尾・・・
我が家にいた時の「ちんちくりんのちょっぴん」は完全に卒業です。
ご夫妻もべた褒めの美猫っぷり!!

ちょっぴんブロマイド
猫兄貴さん撮影、窓辺の美女的猫夢さん。


今日も猫兄貴さんはたくさんの猫夢ちゃんの写真を撮って、たまこも一緒に撮ってくれました。

IMG_2120_R.jpg 
猫兄貴さん撮影、猫夢ちゃん抱っこにトライするたまこ。

IMG_2122_R.jpg
猫兄貴さん撮影、猫夢ちゃんに逃げられ抱っこ失敗、テヘペロたまこ。

IMG_2128_R.jpg
猫兄貴さん撮影、猫夢ちゃん抱っこ成功のたまこ。

IMG_2131_R.jpg
猫兄貴さん撮影、ご満悦のたまこと、「なんとかして」と言っている猫夢ちゃん。



・・・今回私は、不覚にもデジ一忘れてしまったので、猫兄貴さんの写真を貸していただきました!

もうとにかく、ご夫婦で猫夢ちゃんを溺愛している様子が伺えて、私も幸せいっぱい夢いっぱいです


帰宅したら写真とともに届いていたメールに、

本日はお忙しい中お越しいただきましてありがとうございます。
これからも、猫夢を大切にしていきます。


とあり、感無量の我々夫婦・・・。



今までたくさんたくさんの子猫たちを保護したり預かったりしました。

健康状態に一喜一憂しながら育てたちびっこたち。

我が家の子ども達にもみくちゃにされながらたくましく育ち、みんなみんな新しいおうちで幸せになりました。


5年間に保護した子猫
パル・ディア、美姫・雪之丞・影丸・ひかり、ラッキー・ピクシィ、しろたん・くろたん・くまたん・れんげ・すみれ・なずな・ゆり・ひまわり・ひなぎく・たんぽぽ、愛・幸、大輔・あき・まお・くろみ・みくろ、みっちぃ・リュウツー・お嬢セシル・茶次郎・潮・もっちぃ・ちょっぴん

5年間に預かった子猫(一部デカ猫)
リオル、シェイミ、しろすけ、キジ太、飛鳥、らぶ、沙羅、すず、りま・みゆ、ほうか・うらら、ルイ、ミィ・ケィ、翔太郎・来人・響・奏・祈里・せつな、竜、総司・新・ひより、れいあ・るうく・まいん・こなん、ニノ、サトシ、隼大・綾人 、クロム

亡くなった子もいましたが、これだけの数がいれば、それは自然界の法則の中に組み込まれた数だったのかもしれないなって・・・少し思います。後悔は消えないけど。

でも、ほとんどの子が、今も「本当の家族」のもと、幸せに暮らしています。

個人的にお付き合いの続いている里親さんもいらっしゃいます。

嫁に来た北陸の地で、ほぼ友人のいない私にはありがたいことです。

時々いただく近況報告にどれだけ心救われているかわかりません。


最後に、女の子なのに鼻髭があって、良い里親さんを見つけてあげられるか心配していたちょっぴんも、見事幸せをつかみました。

本当に、心から、頑張ったかいがあったなあと、辛いこと苦しいこといっぱいあったけど、ハッピーエンドでよかったなあと、ほっとしています。


本日をもって、私は、複合的事情により、ふくちゃんの支援を抜けることになりました。
それに伴い、とてもとてもとても残念だけど、にゃんぷくりんも10/20をめどに閉店することになりました。

ふくちゃんおよび支援仲間のみなさん、今まで仲間でいてくれてありがとう。

2007年10月から気づけば丸5年。

私の精いっぱいをつぎ込んだ5年間でしたが、至らぬ点たくさんありました。ごめんね。

5年の歳月の流れは、1歳のよちよち歩きの赤ちゃんだったたまこを、小学生に成長させました。

玉太郎は命のはかなさを何度も見て、獣医さんの夢に希望を見いだせずにあきらめてしまいました。
それでも、いつかまた、同じ夢を抱く日が来るかもしれません。


私は・・・この地に嫁に来て14年、SOHOから始まり、相手の事を真剣に思うほどに、がんばればがんばるほどに、尽くせば尽くすほどに、報われず疎まれ、むなしさしか残らない生き方に、すっかり燃え尽きて灰になってしまいました。

今思うに、真面目すぎてしまったんだな。もっと緩くてきとーに生きればよかったのだ。その方がみんな幸せだったのだ、自分も含めて。


これからは、自分が出逢った猫さんに、誰に頼らずとも自分に無理を課すことなく、自然に暖かい気持ちで助けの手を差し伸べられるような、優しい行いをしていきたいと思っています。

そして何より、家族に向き合い、実家の親の事も考えていかなくちゃ。

あんまり真面目になりすぎず、ゆるゆると生きなければ。

なかなか難しいけど、ニコニコ優しいお母さんになれたらいいなと、笑う練習をするのであります。

■たまこ、七五三撮影をするの巻。

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
我が子★玉太郎とたまこ | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。