■シェイミたん避妊手術完了~

昨日、とうとうシェイミたんの避妊手術を敢行しましたフサBです。

もちろん執刀は獣医さんですけど。


かれこれ2月からサカり始めた早熟なシェイミたん。

サカリが収まったら手術~と思うものの、一向に収まらないまま2ヶ月・・・

2~3日収まってヤレヤレと思うと、またすぐにエロエロしだすんだよね・・・


で、これじゃラチがあかないので、不妊手術することになったってわけです。

獣医のYOUくん曰く、

「一度サカリが始まったら、排卵するまで収まらないよ。」

ですってさあ。


「それって、一度サカったら、ヤるまで永遠にサカリ続けるってこと?」
※猫は交尾刺激で排卵する。つまりヤッたらほぼ100%妊娠する大変無駄のないシステムを採用。無駄に月イチ排卵してる人間も、このシステムを採用して欲しいものだ。

と問い返したら

「うん、そうだね」

さらりと・・・



・・・それは初耳でございました・・・。

じゃあ、避妊手術否定派の方が

「サカリの時は男女別部屋にして対応」

って言いますけど、それって

「永遠に男女別部屋」

ってことなのね。


だって、女子がサカッたら、それに当てられて男子がサカるわけでしょ。
※猫は女子のエロ刺激により男子がムラムラするのであり、男子が率先して股間を熱くすることはない。無駄に性欲の強い人間男子達も、このシステムを以下略。

その時点で、男女別々にしても、女子はヤるまでサカリ続けるってことだから、つまり、永遠にサカリ続ける女子を男子と一緒にすることはできない、要するに、永遠に男女別部屋にするってことなのねん。


・・・まあ、男女間で過ちが起きないようにがんばって下さい・・・(遠い目)




まあそれは前置きとして。

とにかくシェイミたんはようやく避妊手術して、ようやくサカリから解放です。

もう、あんなにエロいシェイミを見ることはないかと思うと、少しくらい動画に記録してやればよかったなあと思ったり。(猫AV)





めっちゃオマケに、シェイミをお迎えに行く途中で、デカい黒猫を拾っちまった・・・

最初ひろさんにすりすりしてきたのに、最終的にヤツが選んだのはワタシだった・・・何故・・・

関連記事

Comments 0

Leave a reply

About this site
我が子玉太郎とたまこの成長記録だったけど、すっかり子猫の里親募集ブログ化してしまいました。今年も子猫がやってきたよ☆石川県・富山県・福井県で里親募集中!当ブログ掲載の写真や記事は著作権がございます。無断転載はおやめください。
About me
★登場人物紹介★

私:フサB。自宅敷地内TNR活動中。ちょいちょい子猫を保護して里親探しをしている。猫をテーマにした趣味の手仕事で癒されたりしている。

夫:普通の夫。
息子「玉太郎」:2000年ベビーも既に高校生。
娘「たまこ」:2006年生まれ・将来の夢はいろいろ。
犬:クロ、年齢不詳、猫の運子が好物。
猫:リーダー茶々朗、オバハン瑠璃(2012年お盆に死去)、不死身の銀朗(2017年1月25日死去)、ともに2007年生まれ。元祖たぬき猫シェイミ:2008年9月生まれ(2011年4月に死去)、2代目シェイミ2011年9月生まれ、ぴーちゃん2012年11月生まれ。
人間4名、犬1名、猫3名の9名家族です。

タヌキネコアイコンは、愛してやまない元祖シェイミがモデル。