■瑠璃オバハン、ピンチ

今朝、もう昼近くになった時ですが・・・

夫から電話あり、「瑠璃がなんかおかしい」と。

エアコンのきいたリビングから脱走し、あっつい私の部屋におったそうなので、熱中症とか脱水症状を疑い、ブドウ糖液の強制給液してもらいましたが、すぐに吐いてしまったとのこと。

何せ自分ではどんな状態なのか確認することもできない距離ですが、水分も受け付けないのでは結構まずいなと言うことはわかる。

これは夫に任すよりも出費を覚悟の上で病院に見てもらった方が良いと判断。


しかし・・・

もう世間はお盆休み。動物病院も例外なく、ピンチの時だけ診てもらっているYOUくんも不在。

申し訳ないと思いつつ、いつも保護仔猫を診てもらっている先生が今日まで診療していたので連れて行ってもらったら・・・

かなり状態が悪く、点滴入院になってしまいました。

腎臓の数値が振り切れるほど悪く、低体温。「おかしいな」と思ってから数時間で、呼びかけにも反応せずかなり厳しい状態に。

先生は、かなり厳しい状態なので、覚悟した方がいいくらいの事を言うんですよ。(電話でね)



頼みますよ、猫神よお・・・

うちね、その辺の人に比べたらだけどね、結構猫のために頑張ってる方だと思うんですよ、自分で言うと興ざめだけど。

それなのに、こういう仕打ちをするんですか。最低だよ猫神。

まだ瑠璃オバハンは連れて行かんといて下さい。

できれば、腎臓数値奇跡の回復、あれなんやったん、くらいのとこまで引っ張り上げて下さい。

ただでさえ、すでに心折れ気味の私が、もう猫活動できないようにとどめを刺したいのでしょうか?

それってアンタにとって何のメリットがあるんよ??

言っとくけどね、うちの庭にはもう猫のお墓なんか作るスペースないんですからね。
冗談じゃなく、本気で言ってんですからね。


だからね、ほんとこういうの、やめて下さい。くそったれの猫神さんよお






ほんとにもう、くやしくてしょうがない。









こういう記事書くと、とかく批判めいたコメントを書いて下さる方がいらっしゃるので、コメント閉じます。
今回も、だいたい「こんな感じで批判されるだろう」というのが浮かぶので。
すみません、私もう、がんばれません。ガックリって言葉は、こういう時に使うんだろうと言う位ガックリしてます。
関連記事
About this site
我が子玉太郎とたまこの成長記録だったけど、すっかり子猫の里親募集ブログ化してしまいました。今年も子猫がやってきたよ☆石川県・富山県・福井県で里親募集中!当ブログ掲載の写真や記事は著作権がございます。無断転載はおやめください。
About me
★登場人物紹介★

私:フサB。自宅敷地内TNR活動中。ちょいちょい子猫を保護して里親探しをしている。猫をテーマにした趣味の手仕事で癒されたりしている。

夫:普通の夫。
息子「玉太郎」:2000年ベビーも既に高校生。
娘「たまこ」:2006年生まれ・将来の夢はいろいろ。
犬:クロ、年齢不詳、猫の運子が好物。
猫:リーダー茶々朗、オバハン瑠璃(2012年お盆に死去)、不死身の銀朗(2017年1月25日死去)、ともに2007年生まれ。元祖たぬき猫シェイミ:2008年9月生まれ(2011年4月に死去)、2代目シェイミ2011年9月生まれ、ぴーちゃん2012年11月生まれ。
人間4名、犬1名、猫3名の9名家族です。

タヌキネコアイコンは、愛してやまない元祖シェイミがモデル。