■幸せってなんぞや?と考える。

こんにちは、フサBです。
明日がレウスくんの手術の日という大切な時ですが、瑠璃の死ですっかり落ち込んで寝込んだり泣いたり、銀朗と茶々朗の治療をしたり、家事したり、子どもの勉強みたり庭のトマトの世話したり、にゃんぷくりんの管理をしたり・・・「何にも出来ねえ、体が動かねえ」と思いつつも、書いてみると意外といろいろやってるな。

そんなオレさまですが、今朝いただきましたありがたいコメントにはまたしてもヤラレタ感でいっぱいです。
うーん、どうせ日常的にコメントの入るブログじゃないんだから、最初から閉じとけばよかったわ。

以下、頂いたありがたいコメント。


☆その1

貴女はいつもいいわけばかりですね。シェィミちゃんの時と同じです。
猫を保護することもいいことだと思いますが、少しはご自宅の猫のことをもう少しちゃんとお世話をしてください。
そうしないと、また不幸な猫が増えてしまいます。
2012/08/21(火) 08:48:43 | URL | 猫飼いさん #6facQlv. [Edit]

☆その2

承認制とは考えましたね。
どうせ削除されると思いますが、一度字言いたかったので、書かせてもらいました。
2012/08/21(火) 08:50:19 | URL | 猫飼いさん #6facQlv. [Edit]



この方は、楽天ブログの時のシェイミが死んだときにも素敵なコメントを入れてくれた方だったんですね。
っていうか、アンチなんだったら、わざわざFC2まで追いかけてきてくれなくていいものを・・・
アンチのパワーでしょうか。ワタシにはまねできませんし理解できません。

最初はこの方の言葉にざっくりやられた私ですが、時間がたつとともに腹が立ってきました。

・・・言い訳ってどこが?言い訳じゃなくて事実です。事実しか書いてません。
この方にとってはなにもかも、事実や事情を書けば「言い訳」にしか見えないんでしょう。

普段もそうなん?

悲しい結果になった「事情」や「事実」を話す人に「そんなのいいわけでしょ」って言うんですかね。
どんなに人が悲しんでいようがおかまいなしですか。

「少しはご自宅の猫のことをもう少しちゃんとお世話をしてください。」

だと?

ふざけんなよ!!
ちゃんと世話しとるわ!!!!

毎日毎日、水をあげて、ご飯は豪華にPhコントロールあげて、脱水が怖いからウェットフードを水増しして、トイレ掃除して、ウンコチェックして、おしっこチェックして、子ども達も夫も私も膝に乗せてかわいがってたわい!!!

少なくとも、その辺で放し飼いにしてボロボロの体で徘徊してる飼い猫よりもずっとずっとずっとマシや!!
1頭の猫だけを毎日全身全霊で猫の体の隅々まで観察し、毎日ウンコを隅々までチェックし、毎日遊んであげて体の動きを見、毎日ブラッシングして毛づやの状態を隅々まで観察し、毎日体重チェックしてエクセルで管理して、毎日100g1000円とかの超高級手作りプレミアムフードをあげるようなお世話はできねえけどな!!!!

アンタはうちん中に監視カメラでも設置して、24時間どんなお世話してるか見てたんか???
ああ??見てたんかい!!!!!

「そうしないと、また不幸な猫が増えてしまいます。」

はあ?誰が不幸な猫増やしてるって??そんで、誰が不幸な猫だって???
瑠璃が不幸だとでも言いたげですけど、瑠璃は不幸じゃないです。
シェイミの事も含めて言ってるんでしょうけど、シェイミだって家族に愛されて不幸だったはずがない!

死んでしまったのは悲しいことだけど、不幸なんじゃなくて、不運だったんです。
こんなそれこそ言い訳みたいな言葉言いたくもないけど、不運なんです。

どんなにホッタラカシにされてて、外も行き放題で、野良猫と喧嘩してすごいケガして帰って来ようと、車にはねられ生死の境をさまよおうと、15年も20年も生きる猫は実際にいるし、私は知っている。

そういう一般的に言われる注意事項を守ってたって、どんなに大切に愛されてたって、不運にも死ぬ子はいっぱいいる。

不条理に、不運は努力してる人ピンポイントターゲットにして、さらにとどめを刺そうと同じ場所めがけてやってくるんじゃないかと今は思う。我が家は猫のこと以外もわりと不運だ。不運な家に迎えられた猫たちも不運だ。

瑠璃が入院したと夫から聞いて、腎臓の病気についてネットで調べまくりました。
どれもおんなじようなことしかわからなかったけど、はっきりしたのは「症状が出た時には病気はもう取り返しがつかないほど進行している」ということ。

とりあえず「猫 腎臓」で検索して一番最初に出てくるページから

どうやって私の猫は慢性腎不全と判るのですか?その症状は?

この病気の最も難しいところは、なかなか症状がつかみにくいことです、というのもなかなか明らかな症状が表れないからです、唯一の症状といわれるものは、体重の減少と、長期間の経過で少しずつ食欲が減少するということ及びときたま多飲多尿の症状があるぐらいでしよう。しかし一般的に大体の猫が、高齢になると体重が減少したり、食欲が落ちる、と思われがちなので、病気との鑑別が難しくなります。ゆえに高齢の猫には、毎月の体重の測定をお奨めします。以下の症状が猫の慢性の腎不全の症状ですが、飼い主が判ると思われる症状には●の印をつけています。

・食欲不振(数ヶ月にもわたる?)●
・多飲多尿(よく水をのみよく尿をする)●

・非再生性貧血(腎臓のエリスロポエチンが低下するため)
・骨の脱灰(X線検査にて判定できる)
・腎臓の大きさが両方ともに正常か小さい
・消化器の出血
・全身性高血圧
・傷が治りにくい(皮膚の栄養の低下のため)
・嘔吐をする(尿毒症のため)●
・被毛の劣化(栄養の低下のため)●

・浮腫(水分を排泄できないため)
・よく眠るようになる(栄養の低下により疲れやすくなる)●
・ふらふら歩く(多尿のため低カリウム血症となる)●
・便が出にくくなる?●


もし尿毒症が存在すれば?
      ・嘔吐●
      ・口内潰瘍
      ・食欲不振●
      ・元気消失●
      ・嗜眠●
      ・沈鬱●
      ・下痢●


ある報告によると、猫の慢性の腎不全の臨床症状は以下の通りであるとのことです。

・脱水 67%
・食欲不振  64%
・嗜眠/抑鬱 52%
・体重減少  47%
・多尿/多飲 32%
・嘔吐  30%
・腎腫大 25%
・萎縮腎 19%
・粘膜蒼白 7%
・口腔潰瘍形成 5%
・下痢 4%
・網膜剥離 4%

このなかで多飲と多尿に関しては注意して観察すると、わかるものですが。しかし、これも少しづつ増えますので、(数年前の水の飲み方と比較してとのこと)わかりにくいことがあります。しかし猫は尿を濃縮する作用があるので、犬ほどこの症状の特徴がでません。またこの水の飲み方も、年齢とともに徐々に増してくる他の病気との合併症で、やはりわかりにくいことが多いのです。



上記の中から「飼い主が判ると思われる症状」とされる項目について思い返してみる。

・食欲不振(数ヶ月にもわたる?)●
⇒もりもり食べていました。

・多飲多尿(よく水をのみよく尿をする)●
⇒良く飲み良く出していました。しかしPhコントロールには利尿作用があるので、良く飲み良く出してくれないとなれば逆に健康不安があります。

・嘔吐をする(尿毒症のため)●
⇒しませんでした。したのはぐったりしてるのを見つけた夫がブドウ糖水を与えた時だけ。

・被毛の劣化(栄養の低下のため)●
⇒ふわふわで柔らかくつやつやでした。

・よく眠るようになる(栄養の低下により疲れやすくなる)●
⇒もともとよく眠っていたし、特別他の猫よりも異常なほど寝てたわけではありません。
むしろ、他の5歳組よりも活発に子猫運動会に参加していたほど夜は起きてました。

・ふらふら歩く(多尿のため低カリウム血症となる)●
⇒フラフラしてませんでした。しゃきしゃきでした。

・便が出にくくなる?●
⇒いや別に。


こうして項目をつぶしていくと、残念ながら瑠璃が倒れるまで彼女が腎臓をやられているとは気づけなかったことがわかります。

それから「体重減少」については、不思議なんですが、帰省する前に全頭爪切りした時にはいつも通りの重さの瑠璃だったのに、夫が目の前で倒れた瑠璃を抱き上げた時に「軽!!」と思ったそうです。その間ほんの4~5日程度だと思うのですが。
あんまりにも異常に軽くて、「これはヤバい」と直感し、すぐ私に連絡したと言っていました。

私自身、彼女が弱っていることになぜ気づけなかったのか、ずいぶん自分を責めましたが、結局素人目には気づけない病気だったということがわかってしまえば、瑠璃にも私たち家族にとっても「不運」であったとしか言えません。

瑠璃は・・・もしかしたら心配かけたくなくて平気なふりをしていたのかもしれません。

猫は自分の身を守るため、弱った姿を見せないという習性があると読んだことがあります。それだったのかもしれません。

とにかく、瑠璃は本当に倒れるまで異常を見せることがありませんでした。

私のお世話がいたらず、彼女のサインを見落としていたのなら、どこがダメだったのか、教えて下さい。


承認制とは考えましたね。
どうせ削除されると思いますが、一度字言いたかったので、書かせてもらいました。


承認制にしてあるのはこのブログを設置した時からで、しょうもない営業コメやエロコメを読者たるお友達の目に触れさせる必要がなくなるからです。

べつにアンタを防御したわけじゃない。つーか、忘れてたくらいです。

ひとんちの事情も知らずに批難コメント入れて、悦に入りたい方がいることも存じております。
そういうコメントは削除してスルーするのが常ですが、あなたのおかげで私は「瑠璃は不幸じゃなかった、シェイミも不幸じゃなかった。亡くなったことは不幸じゃなく不運だったんだ。家族みんなに愛されて、ご近所にもファンがいて、お友達にも人気があって、亡くなった時にはみんな心から悲しんで涙で見送って、それで不幸だったなんて言ったら彼女たちに申し訳ない。」と思うことができました。

今まで、シェイミの事も自分を責めるばかりで、どうして亡くなってしまったのかということを正面から考えることができませんでした。

瑠璃のことも同じです。

でも、今回はシェイミの時と同じ親切なコメンテーターの方にご指導いただいたおかげで、「この人の言うことは私が自分を責めている文言まさにそのものだけど、本当にそうなのか?うちのことを知りもしない全くの他人に言われることが真実なの?」と思い直すことができました。

だから、ありがとうと言っておきます。

そして、もうこういうしんどいコメントをいただくのもこりごりなので、このブログのコメント欄は未来永劫閉じておきます。

何かご連絡のある方は、ぜひ個人メールにおねがいします。
個人的な用件の場合、ツイッター・フェイスブックでの@メッセージもやめてください。誰が見てるかそれこそわかりません。
横から割り込んできたわけわからん人の相手もしんどいです。


まあ、そういう感じで、昨日まで泣いて暮らしていたのもおしまいにします。
とにかく、今は「おれしんどい」アピールをしっかりしてくれてる5歳男どもの治療をがんばります。
目やにと目の腫れがひどくて、留守中は夫が抗菌目薬を入れてくれてたけど効果イマイチ。
病院にも連れて行ってくれてたけど、特に治療らしい治療もなく「脱水気味だから水を飲ませて」とだけ・・・

私が帰ってからは、抗菌殺菌作用のあるサプリをしっかり飲ませ、目もそれで拭いてるんだけど、ずいぶん良くなりました。
昨日まではなかなか水も飲んでくれなくて強制給水してたけど、今日は自分で飲んでくれてたよ!
今は夫も私も戦々恐々・・・やはり、瑠璃のようになってしまったらと思ってしまうからね。


結婚して以来いろいろ辛いことが重なり、「自分は不幸だなあ」という気持ちでしたが、「不幸」じゃなくて「不運」なんでしょう。
人から見たら「あなた幸せだよ」っていうこともいっぱいあるんだと思います。自分にその実感がないだけで。

ぼちぼちと・・・幸せ探しでもしてみます。
長文失礼しやした。
なにげにアクセス解析見て笑ってもーた。

アンチオレさまの猫飼いさんは石川県の方、プロバイダはぷらら、お仲間じゃーん。

顔見知り程度には知ってる方かもしれませんね~

もしかしたら昔は猫友でそれなりに仲良くしてたとかかも~

いや~ん、まさかね~

あー、くわばらくわばら。
関連記事
About this site
我が子玉太郎とたまこの成長記録だったけど、すっかり子猫の里親募集ブログ化してしまいました。今年も子猫がやってきたよ☆石川県・富山県・福井県で里親募集中!当ブログ掲載の写真や記事は著作権がございます。無断転載はおやめください。
About me
★登場人物紹介★

私:フサB。自宅敷地内TNR活動中。ちょいちょい子猫を保護して里親探しをしている。猫をテーマにした趣味の手仕事で癒されたりしている。

夫:普通の夫。
息子「玉太郎」:2000年ベビーも既に高校生。
娘「たまこ」:2006年生まれ・将来の夢はいろいろ。
犬:クロ、年齢不詳、猫の運子が好物。
猫:リーダー茶々朗、オバハン瑠璃(2012年お盆に死去)、不死身の銀朗(2017年1月25日死去)、ともに2007年生まれ。元祖たぬき猫シェイミ:2008年9月生まれ(2011年4月に死去)、2代目シェイミ2011年9月生まれ、ぴーちゃん2012年11月生まれ。
人間4名、犬1名、猫3名の8名家族です。

タヌキネコアイコンは、愛してやまない元祖シェイミがモデル。