■リーダー茶々朗、入院したんだぜい。

ワイルドなんだぜい~

みたいなタイトルですけど、心配でたまらないフサBです。


うちのリーダーと小便番長(元)、夏に瑠璃ねえさんが亡くなった辺りから元気ないんですけど、リーダーの方が年末にいよいよおかしくなってねえ・・・

突然「シャー!!!」と怒り狂って走り出したり。

「水道開けろ」って言わなくなって、水も飲んでない。

ごはんもつまむ程度。

あきらかに体重も軽くなってる。


時々、強制給水や強制給餌をするけど、アプアプしてとっても嫌がるし、憐れでねえ・・・


年末帰省の電車の2時間前に、「やっぱり心配だー!!」と近所の動物病院に午前の診療受付ぎりぎりで駆け込むチキンな私。

だって、明らかに様子のおかしいリーダーを夫に託して帰省して、また帰省中になにかあったら・・・ぞわ~・・・


リーダーと来たら、病院でもお口を見せるの断固拒否!!

寄るな触るなはじけて飛ぶさ!とばかりに抵抗して、先生の腕にひっかき傷を作り・・・

「ちらっと見えただけなんだけど・・・歯はなんともなさそうなんだけど、口の奥の方で炎症を起こしてる。歯が当たって傷つけているようだ。」

との見解。

「根治するにはその歯を抜くしかないけれど、抜くには全身麻酔しての大掛かりな手術になるからどうかなあ~」

みたいなことを言われました。

つまり、そこまでしなくても・・・ってことか・・・



とりあえず、この年末年始期間だけでもなんとか炎症を抑えてもらえませんか、と懇願し、プレドロゾニン注射ぶすり、抗生剤10日分処方、となりました。

これも、あくまでも応急処置で、薬が切れれば元通り・・・

はい、先生、わかってます!でもとにかく当面なんとかお願いしますうう~~~


てなやり取りをし、リーダーは夫と部下たちと一緒におうちでお留守番、私と子どもたちは静岡へ・・・



ところがこれがなかなか良く効いて、私の留守の間、リーダー茶々朗は飯をガツガツ食い、水道水を要求し、ここ長らくチャレンジしていなかった冷蔵庫へのジャンプも敢行したそうな。

良かった良かった・・・喜ぶ我々夫婦。

このまま治まってくれれば、と一抹の期待を抱いたものです。



だがしかし。

私が金沢に戻った1/6あたりから、リーダーの雲行きが怪しくなり・・・

すっかり元通り。

元通り?いや、もっと悪くなってる感じ・・・

一時とっても元気になった反動か・・・



元気なく、まるでふて寝してるようなリーダーの姿に、これはもう、小手先の応急処置でごまかしていくよりも、たとえ何万かかろうとも諸悪の根源の歯を引っこ抜いて、痛みから解放、快適な猫ライフを取り戻してもらおう!!とあっさり決意。

瑠璃亡き後、オッサンふたりはペット保険に入ったが、上手くできているもので、歯と歯茎に起因する症状は保険対象外。無駄な買い物だったぜえ。1年契約したけど、たぶん更新はしないだろう。



まあそんなペット保険の哀愁はさておき、水曜日、いつもの病院でぴーちゃんのワクチン接種のついでに、「実はカクカク云々で・・・」とお話しし、診察しないことにゃなんとも言えないけど、エイズ起因の口内炎か、歯が原因の歯肉炎・・・エイズじゃなければ抜歯で9割がた良くなるよ~ってことで、木曜日、リーダー診察。

年末の近所のお医者さんの時以上の暴れっぷりで、先生も若干引き気味・・・やっぱりちらっとしか口の中は見れなくて、

「ちゃんと見るためには、鎮静させてからじゃないとな~」

とうことで、

「はいっ、かる~く麻酔入れてじっくり見てやってください!」

とお願いし、たかだか口の中を診察するためだけに麻酔かけて6000円かかる。が、覚悟の上だ。



診察の結果、エイズ白血病は(-)で一安心。

お口の中は・・・もらった画像添付しようと思ったが、とりあえずやめとこう。結構あれだ。

少し口角をめくった辺りまではきれいなリーダーのお口だけど、全開にすると奥の方がえらい惨事に・・・

ただれまくってる~・・・こりゃ痛いわ・・・


診断名は「難治性歯周口内炎」


当初の予想通り、奥歯3本セット×2(上の両側)引っこ抜く大手術です・・・

引っこ抜くと言っても、小さく分割して抜いて、抜いた痕をなだらかに削って、抗生物質のカプセル(だったかな)を埋め込んで、健康な歯肉を縫い合わせて閉じる、という手間のかかる手術です。


昨日帰宅してからも、おいしいあったかご飯をおすすめしても、臭いをかいで「や~めた」・・・おいしいお水を用意しても見向きもせず・・・ほとんど飲まず食わずで過ごしたリーダー。

夜は私の布団にもぐりこみ、たまこと私の真ん中で川の字の一番短い線担当。

今日も飲まず食わずでこたつでひたすら寝てたリーダー。

夕方、入院しました。

130110164825
130110164825 posted by (C)Sou Kobayashi

玉太郎の腕に抱かれ、しばしの別れをせつなく惜しむ・・・。



明日、手術して、明後日お迎えに行きます。

手術後の回復にどれだけの時間がかかるのかが気がかりだけど、元気で気さくで面倒見の良いリーダーに戻ってくれることを願ってます!!

ぴーちゃんの教育係は、君しかいないんだ!!!



※具体的な写真による病状説明は以下↓『続きを読む』にて・・・
以下、先生からもらったリーダーの口内写真。ややグロにつき閲覧注意。

























130111085506

130111085506 posted by (C)Sou Kobayashi

130111085444
130111085444 posted by (C)Sou Kobayashi

130111085417
130111085417 posted by (C)Sou Kobayashi

なるほど、これは痛そうだ・・・・・・・

めくらせてくれる範囲内では、ぜんっぜんわからないんだけど。

130111085616
130111085616 posted by (C)Sou Kobayashi

このように、上あごの奥3本に菌が入り込んでると。

130111085520
130111085520 posted by (C)Sou Kobayashi


この3本のうち真ん中の歯は、根っこが三つに分かれてるので、3分割カットして引っこ抜くと。

そういうことです。
関連記事

Comments 0

Leave a reply

About this site
我が子玉太郎とたまこの成長記録だったけど、すっかり子猫の里親募集ブログ化してしまいました。今年も子猫がやってきたよ☆石川県・富山県・福井県で里親募集中!当ブログ掲載の写真や記事は著作権がございます。無断転載はおやめください。
About me
★登場人物紹介★

私:フサB。自宅敷地内TNR活動中。ちょいちょい子猫を保護して里親探しをしている。猫をテーマにした趣味の手仕事で癒されたりしている。

夫:普通の夫。
息子「玉太郎」:2000年ベビーも既に高校生。
娘「たまこ」:2006年生まれ・将来の夢はいろいろ。
犬:クロ、年齢不詳、猫の運子が好物。
猫:リーダー茶々朗、オバハン瑠璃(2012年お盆に死去)、不死身の銀朗(2017年1月25日死去)、ともに2007年生まれ。元祖たぬき猫シェイミ:2008年9月生まれ(2011年4月に死去)、2代目シェイミ2011年9月生まれ、ぴーちゃん2012年11月生まれ。
人間4名、犬1名、猫3名の8名家族です。

タヌキネコアイコンは、愛してやまない元祖シェイミがモデル。