■なゆた&モコ 正式譲渡!!!

7/12、予定の2週間のお試し生活が満了した、なゆた君とモコ君の兄弟。

アレルギー体質のお嬢さんの猫アレルギー検査結果待ちも含めての2週間だったのですが・・・

とうとう、正式譲渡となりました!


お嬢さんのアレルギー反応は「5段階の2」。ちょっと反応あるのですが・・・

猫アレルギーであっても軽度であれば、掃除をまめにしたり、猫の爪切りをまめにして肌を傷つけないようにしてあげれば、苦痛を伴わずに猫と一緒に生活できます。


というわけで、みなさんの大歓迎の中、ふたりは正式にM家のファミリーの一員となりました!

おめでとう!おめでとう!!



恐怖の一時保護宅帰宅から、マイホームに戻り、やっとホッとしたなゆた。

130712210935のコピー_R

ふたりでひそひそ話とかしてました。


130712211343のコピー_R

ふたり連れだって・・・


130712211342のコピー_R

おやつコーナーへ。

積極的におやつを求めるなゆたに対し、一歩引いたところでおすわりしてるモコ。
やっぱり、なゆたは内弁慶。


130712211403のコピー_R

「文句あるかだじょ!ここはボクんちだじょ!!」

特等席で、なんだかえらそうななゆた・・・。


130712212619のコピー_R

「皆様、ぼく達は幸せになるもん・・応援ありがとうだもん・・・」

Mちゃんに抱っこされて、皆様にごあいさつするモコ君でした。




2007年から子猫の保護&里親探しをしてきましたが、自分の子どもの友人のおうちに譲渡したのは、これが初めてです。

今年は一大決心をして、小学校の図書ボランティアも始めたし、娘方面でのお付き合いが広がりつつある感じです。

そんな折、猫を通じて子どものお友達の保護者の方と親しくお話できるようになるなんて、偶然とは思えず・・・
今後、娘友人方面でのご縁が広がりそうな予感がします。
そっち方面に流れが行ってるのなら、私自身もしっかり乗っていかなくちゃね!

ここ7年ほどは、猫方面でのみの繋がりしかなかったといっても過言ではないので、この状況はかなり新鮮です。



余談ですが、子猫の里親探しって、「友人・知人」に声をかけても、「欲しい」って人は予想以上にいないものです。
突然子猫を保護して、貰い手がなくて戸惑い、焦る方々はきっと多い事と思います。

私の場合、これまでほとんど、ネットでのアピールで譲渡先が見つかってきました。病院・ペットショップでの貼り紙経由は、ほんの数件だったと記憶しています。

ネットの力ってすごいですねえ・・・
ネットのなかった時代には繋がらなかったご縁が、つながっていく。
ご縁がつながるということは、命がつながるということ。すごいなあ。


ツイッターや里親掲示板も、里親探しする犬猫の掲載が年々増えてるようです。今季は一層そう感じます。
それだけネットが、みなさんの生活に密着しているのでしょうね。スマホも普及したしね。

せっかく助ける事ができた命ですから、幸せになれるように、相手を選んで譲渡してほしいなあ・・・
譲渡先で放し飼いにして事故で亡くなったり、繁殖してしまったり、虐待されたり・・・実際に起こっていることです。

動物の命が、幸せが、飼う人間に左右されるのが現実で、動物が飼主を選べないのならば、里親探しをする人間がしっかり相手を見極めなくてはならない。
責任持って愛情持って、一生大切にして下さる人を探さなければならない。

責任重大です。私もがんばろう。
関連記事

Comments 0

Leave a reply

About this site
我が子玉太郎とたまこの成長記録だったけど、すっかり子猫の里親募集ブログ化してしまいました。今年も子猫がやってきたよ☆石川県・富山県・福井県で里親募集中!当ブログ掲載の写真や記事は著作権がございます。無断転載はおやめください。
About me
★登場人物紹介★

私:フサB。自宅敷地内TNR活動中。ちょいちょい子猫を保護して里親探しをしている。猫をテーマにした趣味の手仕事で癒されたりしている。

夫:普通の夫。
息子「玉太郎」:2000年ベビーも既に高校生。
娘「たまこ」:2006年生まれ・将来の夢はいろいろ。
犬:クロ、年齢不詳、猫の運子が好物。
猫:リーダー茶々朗、オバハン瑠璃(2012年お盆に死去)、不死身の銀朗(2017年1月25日死去)、ともに2007年生まれ。元祖たぬき猫シェイミ:2008年9月生まれ(2011年4月に死去)、2代目シェイミ2011年9月生まれ、ぴーちゃん2012年11月生まれ。
人間4名、犬1名、猫3名の9名家族です。

タヌキネコアイコンは、愛してやまない元祖シェイミがモデル。