■それでもあなたは飼うのか!?猫を飼うことのデメリット…大変な事いっぱいあるよ

以前から、まとめたいと思っていた「猫を飼うことのデメリット」
「ねこちゃん可愛い!」と猫とのハッピーライフを夢見てウキウキのファミリーに覚悟を決めて頂きたい・・・

エリカと一緒


とりあえず、思いつくまま箇条書きしてみる。
この全てが我が家の猫たちに当てはまるものではなく、過去の保護猫の行動だったり、猫友さんやこれまでの里親さんから聞いた「猫あるある話」も含みます。


・家具がボロボロになる(爪をとがれる)
・壁がボロボロになる(爪をとがれる)
・ふすまがボロボロになる(娯楽)
・障子もボロボロになる(娯楽)
・床にゲロは日常茶飯事
・高いところからゲロシャワー
・床に落ちてる服や靴下を拾い上げてみると、その下にゲロが隠されている。
・学校からのプリントも、拾い上げてみると、その下にゲロが隠されている。
・息子部屋のカオスの一部と化した、カピカピになった挙句カビ果てたゲロ。
・猫トイレの中に、息子のパンツが引き込まれている。UNKOツイテル(猫の)
・ちなみにトイレ結構くさい
・不妊手術してもマーキングする自己主張の激しいやつがいる
・マーキングはとんでもない地獄臭がする。鼻の利く人には生き地獄。鬱になるレベル(私はなった)
・身元証明の為の首輪を、脱走して落としてくる(つけた初日に)
・首輪は基本消耗品。ひとつ700円のをいくつ買うのかと思ったら、マイクロチップ5000円の方が絶対安い。
・脱走すると心配で心配でハゲる(飼い主が)
・引き戸だろうがドアだろうが、扉を開ける器用な奴がわりといる
・そして開けたら閉めない。しりふかず(閉めろよ!)
・未来永劫黒い服が着られない(毛が目立つ)
・子供の制服が、リアルファー付きすぎてオシャンティすぎる。(いじめの原因になりそうで戦々恐々)
・換毛期は家中あちこち毛が舞う
・ご飯に毛がトッピングされる
・もう気にせず食うようになる。それでいいのか人間
・人間のご飯を盗むやつがたまにいる
・食いもんならまだしも、毛布とかタオルケットとかビニールとかを食う奴がたまにいる。当然やばいことになる。(異物誤飲扱い)
・雑貨イベントなどで購入したかわいらしい「羊毛フェルト人形」は、無残な姿に成り果てる。
・大事な物もそうでない物も、高い場所に避難させたものを上手に落とす。
・切り花も鉢植えも、室内に飾れない。もっしゃもっしゃ食うから。植物がかわいそうと言うより、結構猫の体に毒だったりするケースがあって「ヒイイイイイ」ってなる。
・アロマもハーブも使えない。猫の体に毒だから。
・長期間家をあけられない。家族旅行ができません。お猫様にお留守番なんてさせられない。いろんな意味で。
・布団を占領される
・枕を占領される
・寝ていても身動き取れない。体がカチカチになる。
・顔や胸の上で寝られると、死(飼い主の)を意識することがある。
・夜中や明け方の大運動会で、顔や腹を踏まれる。
・意外と衝撃ハンパない。ぐえっ!!!となる。時にはギャッ!!!となる。あべしっ!!!ひでぶっっ!!!となることさえある。
・口を開けて寝るタイプの飼い主は、口の中に生足ツッコまれる。(ミクロのうんこ付き)
・あらぬところを「トイレ認定」する奴がたまにいる。
・例:座布団、布団、洗濯物の山、綺麗に畳んでかごに詰めた洗濯物、洗面台、椅子の下、テレビの後ろなど
・一度トイレ認定されると、二度と認定が解かれない。廃棄できるものは廃棄するしかない。
・手足が名誉の負傷でいっぱいになる。リストカットではないんです。猫です、猫なんです。
・医療費が高い。単純計算で「3割負担」の飼い主の3倍以上かかる
・良い餌をあげとかないと、後々後悔する。(腎臓をはじめ、様々な病気を発症する)
・と、わかってよい餌をあげているのに、ジャンキーな安物ご飯を欲しがる・・・
・長時間にわたって膝の上に居座られるいわゆる「猫抱きの刑」に処せられる。
・トイレに行きたくても、足がしびれても、終わらない「猫抱きの刑」。
・もう仕事に行かなきゃならないギリギリまで終わらない「猫抱きの刑」。

・猫をしつけよう、指導しようなどおこがましい!猫様が人間ごときの言うことなどに従うはずもなく、人間側が猫様の執事兼奴隷になるしかない。
・よって、生活がすべて猫様中心となる。


こんなまとめもありました。↓
猫ブームだからって安易に飼うべからず→ネコと暮らすということはこういうことである、というお話


それでも、猫と暮らしたいと思いますか?
私は思います。猫のいない生活なんてありえない!!
さあ、「猫ドM」と呼ぶが良い!!!




猫ドM上等!と思えたあなたからのご連絡をお待ちしております・・・

・・・また思いついたら追記します。
関連記事
About this site
我が子玉太郎とたまこの成長記録だったけど、すっかり子猫の里親募集ブログ化してしまいました。今年も子猫がやってきたよ☆石川県・富山県・福井県で里親募集中!当ブログ掲載の写真や記事は著作権がございます。無断転載はおやめください。
About me
★登場人物紹介★

私:フサB。自宅敷地内TNR活動中。ちょいちょい子猫を保護して里親探しをしている。猫をテーマにした趣味の手仕事で癒されたりしている。

夫:普通の夫。
息子「玉太郎」:2000年ベビーも既に高校生。
娘「たまこ」:2006年生まれ・将来の夢はいろいろ。
犬:クロ、年齢不詳、猫の運子が好物。
猫:リーダー茶々朗、オバハン瑠璃(2012年お盆に死去)、不死身の銀朗(2017年1月25日死去)、ともに2007年生まれ。元祖たぬき猫シェイミ:2008年9月生まれ(2011年4月に死去)、2代目シェイミ2011年9月生まれ、ぴーちゃん2012年11月生まれ。
人間4名、犬1名、猫3名の8名家族です。

タヌキネコアイコンは、愛してやまない元祖シェイミがモデル。