猫の譲渡誓約書

私が猫の里親様と取り交わしている「譲渡誓約」の内容を、以下に記します。
カッコ)は、誓約書本文内容の解説としてご案内しています。
当ブログ内で里親募集をしている猫については、正式譲渡の際に、里親様宅にお邪魔し、必ずこの誓約書を交わしております。





譲渡誓約書


この度、当該の猫を譲り受けるにあたり、下記の項目を遵守することを誓います



  1. 猫を家族の一員として、食事、健康に気を配り、終生愛情と責任を持って愛育します。

  2. 猫の飼養について、「動物の愛護及び管理に関する法律」を遵守し、関係機関の指導に従います。

    (関係機関とは、行政、保健所/動物愛護センター、警察など。)

    2-1 猫の習性を正しく理解し、適切な飼い方をして健康・安全に気を配り、途中放棄することなく、その寿命を終えるまで責任をもって飼います。

    (猫は「しつけ」の難しい動物ですので、人間側の想像力と配慮が重要です。「やらかしそう」な物・場所は物理的に遮断してください。)

    (質の良い食事は健康で丈夫な体を作ります。また、猫も人間同様、病気になったり老いて介護が必要にもなりますが、そのような未来への覚悟をお持ちください。)

    2-2 完全室内飼いを行い、脱走防止の配慮を怠りません。

    (例⇒「100均グッズで作る猫の窓脱走対策」

    2-3 人に危害を加えたり、糞尿や毛・鳴き声等で近隣に迷惑をかける事のないようにします。

    (放し飼いや出入り自由での飼育をしない。管理できる範囲の頭数を維持する。)

    2-4 むやみに繁殖させる事のないよう、適正な時期に不妊手術を行います。また、譲渡者に不妊手術完了の連絡をします。

    (不妊手術は生後半年まで、体重2kg以上が目安。獣医と適正な時期を相談する。メスは生後4カ月でも妊娠可能になる場合もある。)

    2-5 人と動物の共通感染症について正しい知識を持ち、自分や他の人への感染を防ぎます。

    (「猫 ズーノーシス」で検索してください。検索結果例「allabout 猫から人にうつる病気

    2-6 盗難や迷子を防ぐ為、所有者を明らかにします。マイクロチップあるいは名札などの装着を徹底します。

    (絶対に外れることがないマイクロチップを推奨。獣医にて5000円ほどで装着できます。猫の体への負担もありません。)

    (首輪は、猫用安全首輪を選ぶ。外れない首輪は、首つり事故死の原因になるので絶対に着けない。)

  3. 年1回のワクチン接種(初年度は2回)、病気・怪我の治療等、必要な医療処置を受けさせます。

    (完全室内飼いで脱走対策をしていれば、三種混合ワクチンで十分です。)

    (ノミダニシラミ体内寄生虫予防薬の「フロントラインプラス」「レボリューション」も定期的につけると安心です。)

    (猫の医療費は保険診療3割負担の人間の3倍以上と考えて下さい。猫用積立金・動物保険への加入など、医療費対策を立てて下さい。)

  4. 万が一、猫が脱走し戻らない場合、譲渡者および関係機関に即刻連絡し、捜索します。

    ※連絡すべき機関:最寄りの交番・警察署、管轄の保健所、小動物管理センター

    (通常、飼い猫であれば家のそばに潜んでいると言われますが、脱走後時間がたつほど、付近の野良猫などに追い立てられ、離れて行ってしまいます。)

    (「猫 脱走」で、検索し、万が一脱走した時の心構えを持っておきましょう。検索結果例
    「allabout 迷子猫、脱走猫の探し方と防ぎ方」

  5. 万が一、当該猫を原因として第三者、ならびに自分と家族の身体、財産に対して危害損害が生じた場合、猫に責任を負わすことなく、譲受者の責任において処理します。

    (自分や他人の体や持ち物に傷をつけたり粗相をした場合も、猫を手放す・処分するなどするのではなく、飼い主として、自分が責任を負う。)

  6. 万が一、やむを得ない事情で飼育困難になった場合、遺棄や保健所に持ち込むことなく、速やかに譲渡者に連絡した上で対処します。また、譲渡者に無断で第三者に猫を譲渡しません。

    (のっぴきならない事情があり、どうしても飼育継続できない場合には、猫を譲ったり捨てたり処分したりせず、早めに譲渡者に連絡して下さい。譲渡者も保護した者として猫の一生に責任を負っています。)

  7. 譲渡者が飼育不適切と判断した場合、その指導に従います。改善できない場合は、猫の所有権を譲渡者に返還し、速やかに猫を譲渡者に返還します。

    (何らかの事情で前述「2」の内容を守った飼育ができない場合には、猫と、猫の所有権を、譲渡者にお返しください。譲渡者が責任をもって猫を飼育・または新たな飼い主を探します。)

  8. 猫を譲り受けた後、随時(少なくとも半年~1年に1度程度)近況を報告します。

    (直接の連絡でなくても、LINE、Facebook、ブログなどでの公開、という形でも構いません。)

  9. 住所・電話番号など連絡先変更があった場合、必ず譲渡者に連絡します。

    (万が一の時にも連絡を取り合えるように、お互いに、連絡先変更を忘れずにします。)

  10. 譲渡日から半年以内に猫が死亡した場合、譲渡者に連絡し、かかりつけの獣医による死亡診断書を提出します。明らかに譲受者に責任がある死因(虐待など飼養者としてふさわしくない行為が原因による死亡)の場合、譲渡者から求められる対応に素直に応じます。

    (全国的に多発している「里親詐欺・虐待」防止のため、このような項目を設けております。どうかご理解ください。)

  11. 譲り受けた猫を業者などへの転売、動物虐待目的、繁殖目的など本譲渡誓約書の主旨に反する行為が若干でも認められた場合、または譲渡者にその疑いを抱かせるような行為や態度が認められた場合は、譲渡者の要求に従い直ちに譲渡動物を返還します。また、責任を問われ法的措置をとられることに異存はありません。

    (全国的に多発している「里親詐欺・虐待」防止のため、このような項目を設けております。どうかご理解ください。)

  12. 本譲渡誓約書は2通作成し、譲受者、譲渡者それぞれが1通を大切に保管するものとします。



譲渡誓約書全文




なお、譲渡誓約書の内容は、法改正や社会状況に応じて適宜修正致します。
関連記事
About this site
我が子玉太郎とたまこの成長記録だったけど、すっかり子猫の里親募集ブログ化してしまいました。今年も子猫がやってきたよ☆石川県・富山県・福井県で里親募集中!当ブログ掲載の写真や記事は著作権がございます。無断転載はおやめください。
About me
★登場人物紹介★

私:フサB。自宅敷地内TNR活動中。ちょいちょい子猫を保護して里親探しをしている。猫をテーマにした趣味の手仕事で癒されたりしている。

夫:普通の夫。
息子「玉太郎」:2000年ベビーも既に高校生。
娘「たまこ」:2006年生まれ・将来の夢はいろいろ。
犬:クロ、年齢不詳、猫の運子が好物。
猫:リーダー茶々朗、オバハン瑠璃(2012年お盆に死去)、不死身の銀朗(2017年1月25日死去)、ともに2007年生まれ。元祖たぬき猫シェイミ:2008年9月生まれ(2011年4月に死去)、2代目シェイミ2011年9月生まれ、ぴーちゃん2012年11月生まれ。
人間4名、犬1名、猫3名の8名家族です。

タヌキネコアイコンは、愛してやまない元祖シェイミがモデル。