FC2ブログ

■ビビリ猫にゃーにゃのビビリな理由

実家のにゃーにゃは、ものすごくびびり…。

2001年の夏、玉太郎がまだハイハイしていた頃、たまたま私が帰省していたときに実家の庭に迷い込んできた小さな子猫。

渋る父を

必ず里親を見つけるから

と、やはり帰省中の妹のイモと一緒に説得し、無理矢理保護。

1ヶ月の約束で、実家に置いてもらうことに。

私も妹も、当時は賃貸暮らしで引き取れなかったのです。

あまりにも不細工で、里親探しは絶望的だったけれど、見捨てることはできなかった…。

案の定、里親探し掲示板に載せてもらっても、泣かず飛ばずのデビュー戦。

約束の1ヶ月が近づき、内心どうしようかと困っていたところに、

うちで飼うから里親探しはもういいよ。

と言う父からの電話。

こうして、身の安泰をGETしたにゃーにゃ。

面倒見の良い父の庇護のもと、平和にすくすく育ちました。


ところが…


まだ中猫の頃、家出をしてしまいました。

心配で食事も喉を通らない父のもとに、にゃーにゃが再び戻って来たのは3日後。

外で恐怖体験をしたらしく、帰ったときには異常に人間の男の子が嫌いになってしまったそうな。

以来、ビビリ度は増すばかり。ビビリ対象も拡がるばかり。




で、7歳の現在…。

命の恩人かつ知らん人のオレさまとその娘たまこを迎え、そーっと部屋に入って来ては、びくびくしながらごはんを食べ、何かの気配にビクッとしては慌てて逃げて行く…

落ち着かんやっちゃな…

と思って見ていたんだが、ふと気づいた。



にゃーにゃ…

私の動きに合わせてびくびくしとるんやないけー!



何もせんっちゅーねん!

がっくりくるわ…(^_^;)

誰のおかげで、ここでのほほんと暮らせてるんやっちゅう話や<(`⌒´)>
関連記事

Comments 0

Leave a reply

About this site
我が子玉太郎とたまこの成長記録だったけど、すっかり子猫の里親募集ブログ化してしまいました。今年も子猫がやってきたよ☆石川県・富山県・福井県で里親募集中!当ブログ掲載の写真や記事は著作権がございます。無断転載はおやめください。
About me
★登場人物紹介★

私:フサB。自宅敷地内TNR活動中。ちょいちょい子猫を保護して里親探しをしている。猫をテーマにした趣味の手仕事で癒されたりしている。

夫:普通の夫。
息子「玉太郎」:2000年ベビーも既に高校生。
娘「たまこ」:2006年生まれ・将来の夢はいろいろ。
犬:クロ、年齢不詳、猫の運子が好物。
猫:リーダー茶々朗、オバハン瑠璃(2012年お盆に死去)、不死身の銀朗(2017年1月25日死去)、ともに2007年生まれ。元祖たぬき猫シェイミ:2008年9月生まれ(2011年4月に死去)、2代目シェイミ2011年9月生まれ、ぴーちゃん2012年11月生まれ。
人間4名、犬1名、猫3名の8名家族です。

タヌキネコアイコンは、愛してやまない元祖シェイミがモデル。