FC2ブログ

■どんどこどんどこ・・・ももんちゃんはいそいでいます

どんどこ ももんちゃん




どんどこどんどこ どんどこどんどこ ももんちゃんはいそいでいます




リズミカルなこのフレーズが耳に残る、「どんどこももんちゃん」。



私が小さい頃、おもちゃはほとんど買ってくれなかった親ですが、絵本はいっぱいありました。

そのおかげか、私は国語が得意教科で、本をいっぱい読んでてよかったなあ、って思ったものです。

本好きにしてくれた親に、感謝。

今じゃ全然本なんか読まないんだけどね。



まあ、そういう環境もあって、玉太郎にもおもちゃは買ってやらんけど、本だけは惜しみなく買ってやろうということだけは、私の中の決め事になっているわけです。

そして、そんな私が玉太郎のためにと初めて選んだ本が、「どんどこももんちゃん」。

玉太郎、1歳の誕生日あたりに買ったんだっけ。



どんどこどんどこ どんどこどんどこ



って読み上げると、玉太郎もにこにこしながら絵本に見入り、

自分でページをめくってくれます。



そして、



どんどこどんどこ どんどこどんどこ

どんどこ ど・・・どどどど




どち



下り坂でももんちゃん、あたまから地面につっこんでしまいます。


すると、


玉太郎も・・・



アイテテテ・・・



涙がちょろっと出ているももんちゃんを見ながら、自分の頭を押さえてイテテの顔をしています。


そんな玉太郎のしぐさがかわいくておもしろくって、ほんとに何度も何度も読んだ本でした。


本のラスト、ももんちゃんが急いでいた先には、ももんちゃんのおかあさんの姿。


おかあさんの胸に飛び込むももんちゃんの絵を見ながら、玉太郎をムギュー。


 ・
 ・
 ・


玉太郎も大きくなり、いつの間にか赤ちゃん向けの本は読まなくなってしまったけれど、5年の時を隔てて妹のたまこが誕生し、彼女にもそろそろ絵本を読んであげよう・・・と思った時にふと思い出した「どんどこももんちゃん」。



ももんちゃん、ももんちゃん


と思いながら、玉太郎の本棚を探しましたが、見当たりません。


あんなにお気に入りの本だったのに、どこに行っちゃったんでしょうか。
関連記事
About this site
我が子玉太郎とたまこの成長記録だったけど、すっかり子猫の里親募集ブログ化してしまいました。今年も子猫がやってきたよ☆石川県・富山県・福井県で里親募集中!当ブログ掲載の写真や記事は著作権がございます。無断転載はおやめください。
About me
★登場人物紹介★

私:フサB。自宅敷地内TNR活動中。ちょいちょい子猫を保護して里親探しをしている。猫をテーマにした趣味の手仕事で癒されたりしている。

夫:普通の夫。
息子「玉太郎」:2000年ベビーも既に高校生。
娘「たまこ」:2006年生まれ・将来の夢はいろいろ。
犬:クロ、年齢不詳、猫の運子が好物。
猫:リーダー茶々朗、オバハン瑠璃(2012年お盆に死去)、不死身の銀朗(2017年1月25日死去)、ともに2007年生まれ。元祖たぬき猫シェイミ:2008年9月生まれ(2011年4月に死去)、2代目シェイミ2011年9月生まれ、ぴーちゃん2012年11月生まれ。
人間4名、犬1名、猫3名の8名家族です。

タヌキネコアイコンは、愛してやまない元祖シェイミがモデル。