FC2ブログ

■ずら~りウンチ ならべてみると・・・

ずら~りウンチ



こんばんは、フサBです。先日のどんどこももんちゃんに続き、玉太郎が愛した絵本第二弾はずら~りウンチ「ずら~りウンチ ならべてみると・・・」です。



すみません。ウンチです。まあ、ウンチと言えば、子どもの心をひきつける驚異のパワーを持ったキーワードであることは、原始の時代からの常識であることは周知の事実な訳ですが。



ていうか、なんで子どもってあんなにウンチが好きなんだろうね・・・。

ウンチ

って言葉を言うだけで、ほぼ100%の確立で、男子女子問わず、ある一定の年齢までは、子どもを楽しい気持ちにさせてくれます。

恐るべし、ウンチのパワー。



かく言うオレさまも、かなりの年齢になるまでウンチが、マイフェイバリットワードのかなり上位に食いこんでましたね。

まあ、そんなことはどうでもいいです。



で、この本、数あるウンチ関係の本の中でも、ぬきんでて玉太郎のハートをがっちりとキャッチしていた、言わば「キングオブウンチブック」でございます。

購入当時、3歳だった玉太郎の心をつかんだその内容は・・・。



■玉太郎お気に入りポイント【その壱】

動物および人間の、ほのぼの系な絵。
これが、リアルタッチだったら、ひいてます・・・。


■玉太郎お気に入りポイント【その弐】


口から入った食べ物が、オシリの穴から出てくるまでの体内での移動ルート(=消化器官)が、迷路チック。

3~4歳ごろの玉太郎は、迷路にハマってました。
口からオシリの穴までを、真剣な面持ちで、迷路気分で指でたどってましたね。


■玉太郎お気に入りポイント【その参】

各動物のリアルウンコ写真掲載。

これは賛否両論わかれるところでしょう。特にオトナは「ウッ!!」と思う部分。

中学に入ってもウンチウンチ言ってた
オレさまでさえも、一瞬「ウッ!!」とたじろぎました。

まあ、まさかリアルウンコ写真が載ってるとは思ってませんでしたので、不意打ちを喰らったという部分も多分にございます。(よく見れば表紙にもリアルウンチ画像掲載されているんですが。)

ちょっと理系な雰囲気の玉太郎、各動物の消化のしくみと、それによってもたらされるウンチの形状の違いがリアルにわかるところに、かなりひきつけられたもようでございました。



■この本の良い点

小さな子どもにもわかりやすく、食べ物~ウンチまでの仕組みが表現されている、かなり学習効果の高い本と言えましょう。

玉太郎などは、いまだに

「口から食べたものが、おなかのなかでぐるぐる~~ってなってウンチになるねんよ。」
(おなかの中でぐるぐる移動するジェスチャーしつつ。)

と、ゼッタイこの本で学んだことに違いない、というようなことを突然口走ります。


■この本の欠点

この本のまずい点は、身近な本棚にリアルウンチ画像、しかも子どものお気に入りのために、かなり頻繁にリアルウンチ画像を見せられる(読んでとせがまれるため)という点にあります。

日頃リアルウンチを見慣れていない、つまらないオトナになっちまったオレさまには、ちょっと刺激が強いかな・・・。



ずら~りウンチ

というわけで、玉太郎と親子ともどもお勧めな「ずら~りウンチ ならべてみると・・・」



ぜひ、あなたのおうちの本棚にも、リアルウンチを!!


(お勧めポイントがチガウ)
関連記事
About this site
我が子玉太郎とたまこの成長記録だったけど、すっかり子猫の里親募集ブログ化してしまいました。今年も子猫がやってきたよ☆石川県・富山県・福井県で里親募集中!当ブログ掲載の写真や記事は著作権がございます。無断転載はおやめください。
About me
★登場人物紹介★

私:フサB。自宅敷地内TNR活動中。ちょいちょい子猫を保護して里親探しをしている。猫をテーマにした趣味の手仕事で癒されたりしている。

夫:普通の夫。
息子「玉太郎」:2000年ベビーも既に高校生。
娘「たまこ」:2006年生まれ・将来の夢はいろいろ。
犬:クロ、年齢不詳、猫の運子が好物。
猫:リーダー茶々朗、オバハン瑠璃(2012年お盆に死去)、不死身の銀朗(2017年1月25日死去)、ともに2007年生まれ。元祖たぬき猫シェイミ:2008年9月生まれ(2011年4月に死去)、2代目シェイミ2011年9月生まれ、ぴーちゃん2012年11月生まれ。
人間4名、犬1名、猫3名の8名家族です。

タヌキネコアイコンは、愛してやまない元祖シェイミがモデル。