■沙羅ちゃんの容態

おつかれさまです・・・
本日はちっともなんにも手につかなかったフサBです。

不測の事態に備えて(?)白山市の里親さんち2件回って、お貸ししてたキャリーバックの回収と、トイレの不用品をいただいてきました。

沙羅ちゃんの急変でへこみまくっていたのですが、元気なにゃんこたちの姿を見て元気を分けてもらってきましたよ。


そんなこんなで帰宅したら18時近かった・・・

玉太郎と夫に

「沙羅ちゃん、朝、あの後急に悪くなってしまって、入院になっちゃったの」

と伝えたら、ふたりともガックシ・・・


玉太郎はもちろんだけど、いつも猫に関しては割とクールな夫までしょんぼりしていたのが意外。

沙羅ちゃんは、夫にもなついていたからね・・・

先日の日曜日はふたりきりですごした時間もあり、なついてくれた沙羅ちゃんは、やっぱりかわいいんだって。


夕方18:30に病院に電話して沙羅ちゃんの容態を聞いたところ、酸素室でブドウ糖の点滴を入れて強制的に栄養を取らせていて、体温も上がってきて白かった舌も良い色になって安定しているとのこと。

もちろん、酸素室で温度管理しているから良い状態になっているということもあるので、予断は許さないのですが。


去年、保護して入院したラッキー・・・
酸素室にいる間は安定していたのに、出したらダメでした・・・


今回、沙羅ちゃんは、絶対的に大丈夫になるまで酸素室に入れておいてもらおうと思っています。


お金の話をすると、引くかもしれませんが・・・

去年のラッキーのときは、二日目で亡くなってしまい、2日間の費用は約4万円でした。
酸素室での入院一泊5000円、ブドウ糖点滴1回5000円、と聞いています。
1日に1回以上点滴して、そのほか、投薬やら検便やらなんやらかんやらありますと、2日間で4万円は高くはないのでしょう。

今回、沙羅ちゃんの入院にどれくらいのお金がかかるのか、少なくとも10万円超えは覚悟しているのですが・・・

沙羅ちゃんの保護主のふくちゃんが「お金の心配はしないで」と言ってくれていますが、心配しないでいられるものではありません。

なんとかしてかき集めるよ!

ふくちゃん、すでに現段階で大変な状況だからね、せめてお金の心配くらいはこっちでさせてもらわなきゃ~ですよ。

がんばって方法を考えてみますね。
関連記事

Comments 1

のんのん7  
えっ

唐突な入院。あれほど元気に見えたのに。。。
がんばれ~!!!これから幸せにならなくちゃ!!!
応援しているからね。

2010/07/14 (Wed) 10:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
我が子玉太郎とたまこの成長記録だったけど、すっかり子猫の里親募集ブログ化してしまいました。今年も子猫がやってきたよ☆石川県・富山県・福井県で里親募集中!当ブログ掲載の写真や記事は著作権がございます。無断転載はおやめください。
About me
★登場人物紹介★

私:フサB。自宅敷地内TNR活動中。ちょいちょい子猫を保護して里親探しをしている。猫をテーマにした趣味の手仕事で癒されたりしている。

夫:普通の夫。
息子「玉太郎」:2000年ベビーも既に高校生。
娘「たまこ」:2006年生まれ・将来の夢はいろいろ。
犬:クロ、年齢不詳、猫の運子が好物。
猫:リーダー茶々朗、オバハン瑠璃(2012年お盆に死去)、不死身の銀朗(2017年1月25日死去)、ともに2007年生まれ。元祖たぬき猫シェイミ:2008年9月生まれ(2011年4月に死去)、2代目シェイミ2011年9月生まれ、ぴーちゃん2012年11月生まれ。
人間4名、犬1名、猫3名の8名家族です。

タヌキネコアイコンは、愛してやまない元祖シェイミがモデル。