19歳と2歳の秋

ミュウ、推定9月末生まれ、2歳になりました。

チャッピー、夏生まれ、19歳になりました。

乳飲み子で保護され、a/d缶をチュウチュウ吸って、一度は死にかけながらも生き延びたミュウは、立派な筋肉ムキムキの暴れん坊に育ちました。

17歳にして初めての子育て、小さなミュウを暖めて育ててくれたチャッピーは、ミュウの力強さに反比例するように弱っていき、この夏はほとんど寝たきりに…

目もほとん見えていないようだし、耳も聞こえないようで、あんなに怖がって怯えていた雷にも花火にも無反応。
私たちが遊びに行くと、車のエンジン音でわかるのか、飛び出して来て大歓迎してくれたチャッピー…
それも昔話になりました。
鼻は利くようで、ご飯だけは一生懸命食べています。
家の中で粗相を繰り返すようになってしまったチャッピーを、夫の両親、特にチャッピーを溺愛していた母は、甲斐甲斐しく介護しています。

その様子を見ていると、果たして私にも、命尽きるその瞬間最期まで、老いた犬猫にこのような愛を持ってお世話ができるのだろうかと考えてしまいます。

大した病気もせず、寿命を全うできることは幸せなことですが、老いたペットが元気なままある日ポックリ逝くということはないでしょう…
少なくとも犬猫は、老いたら介護が待っていると考えなければなりません。

そのことを、若く力に溢れたミュウと、残りわずかな命を生きるチャッピーの姿との対比に、改めてリアルな現実の姿として考えさせられます。

老いたからと、保健所に連れて行かれ家族の愛とはかけ離れた場所で命を絶たれる犬猫も多い中、チャッピーは間違いなく幸せな子です。
関連記事

Comments 0

Leave a reply

About this site
我が子玉太郎とたまこの成長記録だったけど、すっかり子猫の里親募集ブログ化してしまいました。今年も子猫がやってきたよ☆石川県・富山県・福井県で里親募集中!当ブログ掲載の写真や記事は著作権がございます。無断転載はおやめください。
About me
★登場人物紹介★

私:フサB。自宅敷地内TNR活動中。ちょいちょい子猫を保護して里親探しをしている。猫をテーマにした趣味の手仕事で癒されたりしている。

夫:普通の夫。
息子「玉太郎」:2000年ベビーも既に高校生。
娘「たまこ」:2006年生まれ・将来の夢はいろいろ。
犬:クロ、年齢不詳、猫の運子が好物。
猫:リーダー茶々朗、オバハン瑠璃(2012年お盆に死去)、不死身の銀朗(2017年1月25日死去)、ともに2007年生まれ。元祖たぬき猫シェイミ:2008年9月生まれ(2011年4月に死去)、2代目シェイミ2011年9月生まれ、ぴーちゃん2012年11月生まれ。
人間4名、犬1名、猫3名の8名家族です。

タヌキネコアイコンは、愛してやまない元祖シェイミがモデル。